今注目のニュース
逮捕のマホト、人気ユーチューバーから人間性を酷評されていた 「ほんまに気持ち悪い」
6/24映画初日満足度ランキング、1位はあの名作ゲームを題材にした実写ドラマ!
【ラジオ】『ポートピア連続殺人事件』から始まる“ファミコン・アドベンチャーゲーム”愛から新作を作った人たち。『偽りの黒真珠』制作チーム登場の「電ファミラジオ(β)」6月28日に配信へ

佐々木少年単語

ササキショウネン

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

佐々木少年とは、漫画家イラストレーターである。

概要

代表作としては、TYPE-MOON同人ゲーム月姫』の漫画版「真月譚 月姫」で知られる(紛らわしいが、同名のアニメ真月譚 月姫」の漫画版ではなく、原作ゲーム漫画版である)。この作品は2003年から2010年までの7年にわたる長期連載として「コミック電撃大王」にて掲載され、完結した。ニコニコ大百科にはこの作品の記事もあるので詳細はそちらに譲るが、原作ファンからの評価も概ね高く良質な漫画化として認識されている。

その後、2012年7月7日から『月姫』のシナリオライターである奈須きのこ小説作品「月の珊瑚」の漫画化作品を出版社「星海社」のウェブページ「最前線」にてウェブ連載。

2019年1月26日発売の「月刊少年エース3月号から、『Fate/Grand Order ‐Epic of Remnant亜種特異点Ⅰ 悪性隔絶魔 新宿 新宿幻霊事件』の漫画化作品を連載開始することが発表されている[1]

趣味ロードバイク自転車ロングライドを題材とした同人誌ロングライダース」に寄稿したこともある。その同人誌から生した三宅大志による漫画作品「ろんぐらいだぁす!」が、当時佐々木が所持していた自転車写真を参考にしたこともあったとのこと[2]。さらに「ろんぐらいだぁす!ツーリングガイド」というアンソロジーにも漫画を寄稿している。

ちなみにニコニコ動画バイク車載動画を見ていたり、ゆっくり朗読SCP解説を流しているという記述をTwitter投稿したり、さらにニコニコ動画動画を紹介する投稿をしたこともある[3]ため、ニコニコ動画ユーザーでもあるようだ。

その他(アンソロジー参加などで「仕事」になっているものを除けば)、聖剣伝説2デュープリズムロックマンDASHパンツァードラグーン オルタヴァニラウェアメイドインアビス、NieA_7、異国迷路のクロワーゼFLIP-FLAP(とよ田みのる)、田中久仁、武えり、堤抄子水上悟志へかとん、森薫、かねこしんや、マツダユウスケ黒星紅白しんすけど死んでいる、ZABADAK、などの作品・クリエイター好しているらしい(この記事執筆者の記憶に頼って、かつて本人から挙げられた作品・クリエイターリストしたもの。おそらくもっと多数ある)。好する作品は作にも出るので、以上の作品のうち複数が被った方は佐々木少年作品もお勧めだ(ダイマ)。佐々木少年作品が好きな方はこれらもチェックするとよいと思うよ。

「真月譚 月姫」以前

真月譚 月姫」で評価され始めた感があり、ネット上にはそれ以前の情報はあまり流れていない。

連載デビュー前には、「ハーメルンのバイオリン弾き」等で知られる漫画家渡辺明の元でアシスタントをしていた。2000年に「月刊少年ガンガン」にて行われた「第2回新世紀マンガ大賞」に、同じく渡辺明の元でアシスタントをしていたかわせひろし川瀬浩)の協も得つつ作品「Spring8」を投稿し佳作を受賞している。しかしこれは雑誌掲載には至っていない[4][5]

始めて雑誌に掲載された漫画は恐らく、「月刊少年ガンガン」の増刊である「ガンガンパワード」の2001年季号(創刊号)に掲載された「邪封師マオ」。こちらは「原作/ほしのてつろー 作画/佐々木少年」とクレジットされていたようだが[6]、この「ほしのてつろー」は上記「かわせひろし」の別ペンネームである。

また、「月刊マガジンZ2002年8月号・9月号に「SKYGUNNER」も前後編で掲載された。これは同名のプレイステーション2ゲーム前日譚にあたる読み切り漫画作品である。こちらもかわせひろしの元に本作執筆の打診があった際に、かわせが佐々木を紹介したことがきっかけだったとのこと[7]。ただしこの「SKYGUNNER」の出来は本人として悔いが残るものであったらしく、当時の個人サイト日記では関係者やゲーム版のファンに対して慙愧の思いを述べていた。しかしこゲーム自体には着があるようで、その後もキャラクターイラストを描いたり、サウンドトラックを購入したり、ゲーム続編への期待をったこともある(ちなみに、残念ながらその後も続編は出ていない)。

また雑誌掲載と言う形式から外れたところでは、Leaf作品、Key作品、「PSO」、など様々なゲームを題材とした、宙出版からのコミックアンソロジーに多数寄稿していた。おそらく商業出版社が関わった最初の仕事は、2000年10月に発売された「トロンにコブン」のコミックアンソロジーではないかと思われる[8]

そして、その中には「月姫」のコミックアンソロジーも含まれていた。仕事以前に、「月姫」などのTYPE-MOON作品のファンだったという。元々持っていた「月姫」という作品への強い思い入れ、そしてかつて「SKYGUNNER」の時に好きな作品にも関わらず満足のいく漫画化を果たせなかった事への反の念などが、「真月譚 月姫」を上記のように原作ファンからも高い評価を受ける漫画へと導いたのかもしれない。

関連動画

関連商品

TYPE-MOON関連

その他

概要」に記載したように、宙出版から出た多数のコミックアンソロジーに寄稿していた。そのうち「Key」「Leaf」作品関連のものは特に多数にわたったため、佐々木少年個人の特集本としてまとめられ出版されている。

小説挿絵

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *少年エースさんのツイート: "【重大発表!】 「Fate/Grand Order ‐Epic of Remnant‐ 亜種特異点Ⅰ 悪性隔絶魔境 新宿 新宿幻霊事件」少年エースにてコミカライズ決定! 佐々木少年先生の手によって、2019年1月26日発売の少年エース3月号で、連載開始予定!!… https://t.co/iCRfqvi0dK"exit
  2. *佐々木少年@月の珊瑚さんのツイート: "ろんぐらいだぁす!とわたしの関係は1話の初めの方に出てきた黒い自転車がわたしの自転車を参考にしてもらっているのです。当時、三宅先生が取材にいらして写真をバシバシ取ってお帰りになったのですがまさかのアニメデビュー!感無量でございます。三宅先生、スタッフの皆様ありがとうございますー!"exit
  3. *佐々木少年@月の珊瑚さんのツイート: "けものフレンズ格闘ゲーム (1:32) https://t.co/u1GXess11s #sm30909057 だめ。期待通りのものが出て分かってても笑ってしまうw"exit
  4. *あのひとをだまそう: かってに応援団exit
  5. *スクウェア・エニックスマンガ大賞考察(3)exit
  6. *GanganSearch > 企画 > コミックレビュー > ガンガンパワード > 読切作品データexit
  7. *SKYGUNNER思い出話: かってに応援団exit
  8. *トロンにコブン ロックマンDASHシリーズ 関連書籍・関連グッズexit

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP