今注目のニュース
張本氏「剣道五段は傘一本で5、6人倒せる」発言が物議 「喧嘩のための競技ではない」と批判も
森田県知事の“私的視察”、舛添氏が千葉県庁の主張を問題視「知事の所在不明はあり得ない」
「子どもが泣くやつ」 ダイソーで買ったかわいい和風の取っ手 → 扉につけた途端に怖すぎるビジュアルに

占守型海防艦単語

シムシュガタカイボウカン

  • 4
  • 0
掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

占守型海防艦とは大日本帝国海軍(以下、帝国海軍)の計画・建造した軍艦のひとつである。
尚、艦名は当時日本領であった千島列島の北東端の占守島に由来する。

概要

  昭和初期、当時千島列島及び南樺太日本領であったこともあり、オホーツクにおける北方漁業が盛んであったが、ソ連との間で諍いも絶えなかった。その為軍が駆逐艦を繰り出して警備に当たっていたが、もともと北方での運用をあまり考えられている船でもないため、特に期における運用に難があった。またロンドン軍縮条約の締結により駆逐艦数に制限を掛かられたため、漁業警備にあたる余裕がなくなってしまうことから新たに北方漁業用の軍艦を建造することになった。これが後の占守型海防艦である。

 一方で、軍艦政本部としては本艦を上護衛用のテストベッドとしての性格も盛り込み、将来に備えることも論んでいたようだ。

 こうして建造されることとなった新艦だが、当初昭和六年度の第一次補充計画(計画)において排水量1,200t、高4門、その他各種対潜兵装・測兵装を備えた護衛艦として要されたが認められず、続く昭和九年度の第二次補充計画(計画)においても要は通らず、ようやく昭和十二年度の第三次軍軍備補充計画(計画)において建造されることになった。も予算の都合から計画は縮小され排水量900t兵装も高4門が3門(しかも退役する旧式駆逐艦の物を流用)測兵装も後日装備となってしまった。どうしてこうなった・・・

 なにはともあれ今度こそ実際に建造されることとなった占守型海防艦だが、実際の設計・建造は多忙を極めていた軍(何せ計画は大和戦艦翔鶴航空母艦の建造をはじめとする大建艦計画だった)から委託を受けた民間企業三菱重工)が設計を担当する事となった。

 このように紆余曲折を経て建造された占守型海防艦だが、船舶としての性は非常に優秀であったとされている。なぜなら、もともと荒れたで運用をすることを前提とした軍艦の為、対波性・波性に優れ、復原性も良好、船体も少々の流氷程度耐えられるよう頑丈で、兵装こそ控えめだが航続距離は長く居住性も較的良かったからだ。一方で、北方警備用の軍艦上護衛用の護衛艦という全く違うコンセプトの船を一つで建造したことにはやはり理があったようで、上記の対・対潜兵装の貧弱さとは別に、対寒装備の為に著しく量産性が低下し、数をえることに意味のある護衛艦としては最大の欠点を抱えることとなってしまった。もっとも量産性の低下は単純に異なるコンセプトの船を一つで作ろうとしたからのみではなく、第四艦隊事件や友事件で軍艦の設計に過敏になっていた時期の設計であったり、何と言っても初めての艦種であった事なども考慮する必要はあるだろう。あと、軍の委託を受けた三菱の技師り切りまくってオリジナリティ追究したから、という話もあるが・・・w

 こうして建造成った占守型海防艦は昭和15年から16年にかけて順次4隻が就役した(占守後・石垣・八丈)[1]。就役の時期を見ても分かると思うが、時期的にすでに北方漁業がどう、という時期ではなく、実際直後には太平洋戦争が勃発したため、漁業警備にはほとんど駆り出されることなく、陸軍の徴用船や商船の護衛に開戦直後から就いていた。帝国海軍では特にこの種の護衛艦が不足していたから戦争の全期間ひっぱりだこで、多くの護衛船団に組み込まれることとなった。確かに上記の対潜・対兵装の不足は問題であったが戦争中の装によりある程度の向上を見ている(元が北方用のためいかんせん南方での運用は暑かったそうだが)。また、同種の艦艇の多くが戦没する中、同艦の中で戦没した船は3番艦の石垣のみと奇跡的な残存率である。このように、占守型海防艦は地味であるが殊勲艦の一つといってもよいだろう。なお、占守戦後ソ連に賠償艦として引き渡され、ソ連軍で警備艦として用いられた後、1959年にスクラップになっている。

 占守型海防艦はあまりられることのない地味な船である。たまに触れられる機会があったとしても、それは帝国海軍上護衛に関する関心の低さ、定見のなさの一つエピソードとしてられることが多い。確かにそれは一面で真実ではあると思う。一方で占守型海防艦の存在は戦前より将来の商船護衛も見据え、少ないリソースの中、対応を模索していた左でもある。もちろん、占守型海防艦は問題も多い船であったが、後の択捉から丁型海防艦に至る海防艦ファミリーベースとして、なくてはならない船でもあった。帝国海軍占守・丁に至るまでに構造の簡易化と電気溶接やブロック工法の導入などを推し進め、大量生産をしたが(これは同時期に建造された松型駆逐艦にも言える)、これは当時の日本が抱えていた「職人技を駆使した一品物では欧し得る優秀な物も作れるが、大量生産の工業品ではてんでダメ」という状況に抗うものであった。結局のところ戦争には負けたのでこれらの努が実ることはなかったが、しかし、その結果は戦後の造船王日本の礎となったのは疑いようがない。そういう意味では占守型海防艦も、帝国海軍に振り回された地味軍艦ではなく、歴史の中で大きな役割を担った軍艦、と言えるのではないだろうか。

諸元

基準排水量 860
全長 77.72m
線長 76.2m
全幅 9.1m
3.05m
機関 22号10ディーゼルエンジン2基2軸 4,050
燃料 重油
19.7kt
航続距離 8000nm/16kt
兵装※ 三年式45口径12cm単装3門
25mm連装機2基
九四式爆投射機1基
投下台6基 爆18個

※兵装は戦争装あり

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *軍による公式分類では択捉以降も占守に分類されているため18隻となるが、搭載爆数の増加、艦首などの簡易化といった良がおこなわれているため、現在では択捉海防艦とされている。

掲示板

  • 14ピクルに右足喰われて入院していたひろポン

    2019/05/20(月) 14:07:16 ID: 9uAsfkRejE

    (多分どちらか一方だけかも知れんが)石垣と八丈、次はお前らの番だ

  • 15ななしのよっしん

    2019/05/20(月) 20:05:56 ID: dCjozeoJY+

    両方実装、片方はクリア報酬でもう片方はドロップってところまで告知されてるぞ

  • 16ななしのよっしん

    2019/08/06(火) 17:00:46 ID: YD6dA3X1SJ

    >>12
    艦豚」なんていう言葉を使っている時点で注意じゃなくて煽りにしかなっていないぞ。
    というかすみわけしなかったらどんな弊が出るというんだろうか?

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/12(火) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/12(火) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP