今注目のニュース
「休日に会社の同僚と遭遇しないための動き方」を物理シミュレーションとゲーマーの英知で解き明かす
マクドナルドを何て略してる? やはり「マクド」は3割と少数派
レゴで手動式コーヒーミルを電動化した! ロマンを体現したゴツイ装置と“レゴ愛”に「マジすげぇ(尊敬)」「もうレゴ飲め」と称賛の声

松型駆逐艦単語

マツガタクチクカン

掲示板をみる(81)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

第二次世界大戦末期に運用された大日本帝国海軍の一等駆逐艦。艦隊駆逐艦としてははじめて戦時量産を強く意識した艦形である。なお、本である「」についても本項で少し触れる。

開発の経緯

昭和17年は後に太平洋戦争の山場として扱われる年となるのだが、この年に日本が直面したのはミッドウェーとガダルカナル、2つのを巡る戦いにおいて発生した膨大な艦艇の損失であった。ミッドウェーにおいて正規空母4隻を、ガダルカナルにおいて大量の駆逐艦を。そもそも開戦時の正面戦ですらよく言って四分六分、そして生産までを加味した潜在的な戦は一対十とも一対二十とも言われる日。仮に傷で勝ちづづけても勝利はおぼつかないこの戦争において、開戦1年ではやくも日本海軍は決定的な損失を被ってしまったのである。

とはいえ、この状況は実のところある程度までは想定されており、空母に関しては建造時から装を想定されていた水上機母艦千歳」「千代田」の空母装の決定、そして既に建造計画が動き出していた戦時急増空母雲龍」の建造数増加等の手が打たれている。

では、駆逐艦はどうかというと、これが惨憺たる状況としか言いようがない状態であった。 次世代駆逐艦として設計された「島風駆逐艦」はタービン回りの製造が極度に困難であることや戦局の変化により増産どころか「島風」一隻で建造計画が中止。現行生産タイプ戦用駆逐艦夕雲型駆逐艦」も一隻の建造に一年弱かかる複雑な構造。艦隊防を向けた新機軸艦「秋月型駆逐艦」に至っては一隻二年弱、できる限り簡素化しても一年はどうしてもかかるのである。

駆逐艦がかつての「艦隊決戦におけるオンリーの艦種」ならこの程度の生産性でも良かったのかもしれないが、いまや駆逐艦はあらゆるタイプ戦において戦場を支える軍のワークホースである(皮にも、駆逐艦がそうした役割を担うきっかけとなったのはとうの日本海軍の「特型駆逐艦」なのだが……)。その駆逐艦を大量に喪失し、補充しようにも一隻一年ペースでしか建造できない複雑な駆逐艦しか手元にないため建造ペースも上げられない。日本海軍駆逐艦の整備・維持計画は破綻の危機に直面していたのであった。

そこで「戦時量産に向いた新規設計の駆逐艦を建造しよう」という決定がくだされたのである。なんか悪いもんでも食ったのかと化したくなるくらいにまともな決定であるが、それだけヤバい事態だと軍の中の人たちも痛感していたである。「歩のない将棋は負け将棋」の格言もあることだし。

特徴

基準排水量は「夕雲型」の2000トン強、「秋月型」の2700トン強から大きく低下して1300トン前後。さながらかつての一等駆逐艦と二等駆逐艦大正時代くらいまで、日本駆逐艦は大の一等駆逐艦とより簡素で小な二等駆逐艦ハイ・ローミックス配備が行われていた)を想起させる立ち位置であり、実際本の命名基準は二等駆逐艦に傚った木名である。故に別名が「雑木」。 しかし、このぞんざいなアダ名に反して設計は様々な新機軸と合理性に貫かれたものになっている。

  • 軽量化のために多用されていた特殊鋼の使用を取りやめ、入手性に優れた高鋼・普通鋼を素材に採用。
  • 高速性のために用いられていた曲面構造を止し、工数の少ない直線構造の採用。
  • 工数削減のために「第四艦隊事件」以後は使用を控えられていた溶接工法の採用。
  • 機関部の集中配置を止し、分散配置で被弾に強くなる「シフト配置」を初の本格採用。  

ボイラー・タービン・減速機からなる機関部の集中配置は、軽量化・建造工数の削減・艦形の縮小による高速化等のメリットがあるためにこれまで日本艦艇の標準的な手法だった。しかし実戦において一発の被弾で浸→航行不能となるケースが相次いだため、ボイラー・タービン・減速機を2系統に分け、一撃で航行不能になるケースをなくす「シフト配置」を採用した。

工数削減・生産性の確保とそれに反する内容が入り交じっていることにお気づきだろうか? 本は単なる安物というわけではなく「戦局に対応するために」必要なところにしっかりリソースをつぎ込み、削れるところは削る、という設計者の意志がはっきり読み取れる設計なのである。 あえていうなら、日露戦争日本海戦がもたらした「個艦優越義」「漸減戦略」の2つの呪縛から日本海軍がようやく覚め、概念上の戦ではなく現実に繰り広げられている戦闘にようやく正面から向きあおうとしたことのなのかもしれない。まあ既存の戦に長けた駆逐艦イメージを強く意識してた将校らに言わせると「駆逐艦のようなもの」だったのだが。
は性を抑えて数をえることを優先していたため、艦隊駆逐艦として航続距離などの性が不足していると判断されることもあった。一説にはの数がそろって戦局が落ち着いてからは、より高性駆逐艦の建造を行う計画もあったとされる。

19番艦以降はさらに設計の合理化を図った「」に移行。ソロモン戦以後、潜水艦の跳梁によって駆逐艦の戦没が続きさらなる建造速度の増加がめられたため、「」の建造においては海防艦の建造で培われた量産技術がさらに底的に取り入れられ、建造期間の標はの6ヶから3ヶとされた。 良点は大雑把にいうと以下の通り。

  • さらなる直線構造の採用。「」で残っていた艦首まわりの曲線、艦尾まわりの成形も全て直線基調にめた(ら、抵抗を小さくするためにと取り入れられていた曲線構造にあまり差がなかったことが判明したり……。18ノットの速を想定した模型実験では直線構造を採用した若干抵抗が大きかったが、曲線構造の従来の駆逐艦とあまり性に差がなかったという結果もある。陽炎型などの駆逐艦は外洋で30ノット以上の速戦を行うことを想定していることなども考慮する必要があるとの意見もある。)
  • 二重底を止し単殻構造化。
  • 全面的に溶接とブロック工法化を採用。またそれにあわせて高鋼の使用も取りやめ普通鋼のみの使用となる。溶接の難易度もこれによって低下した。
  • タービン構造の簡素化。機関部の効率は下がるがそれ以上に生産のボトルネック解消が優先された。
  • 九三式探信儀から三式探信儀へ、九三式聴音機から四式聴音機へ変更。ドイツからの技術移入により大きく善された測機器を採用。

建造は当初計画としては「」「」あわせて74隻が予定されていたが、戦況の変化による計画の見直し、そして1945年4月以降のどん詰まり戦局において水上戦闘艦艇の建造が駄とされたことによる建造打ち切り等で、完成したのは「」18隻、「」14隻にとどまった。

戦歴

 「」は昭和19年より戦化が行われはじめるが、いきなり19年8月ネームシップである「」が戦没の憂きにあう。小笠原諸島の防衛準備を進めるための輸送船団の護衛についていた「」だが、側も小笠原近辺での艦艇襲撃・基地爆撃作戦を展開しており、その攻撃標になってしまったのである。「」は船団の生き残りである輸送船と海防艦が逃げるための時間を稼ぐべく、軽巡3・駆逐艦12という圧倒的な艦隊に単艦で立ち向かうという壮絶な最期を遂げた(輸送船は結局逃げきれなかったが、海防艦「第四号海防艦」はなんとか逃げ延びることに成功した)。

 1944年フィリピン戦においては「」も参戦。特にレイオルモック湾への強襲輸送作戦「多号作戦」にはたびたび投入されている。その中でも名高いのは第七次作戦の第三梯団に参加した「」「桑」の奮闘である。高速重武装の新鋭駆逐艦アレン・M・サムナー級3隻と魚雷艇からなる迎撃艦隊は警にあたっていた「桑」を沈めるが、「桑」からの連絡で迎撃態勢を整えた「」により側は駆逐艦1沈・駆逐艦1損傷の損を被って撤退、輸送作戦遂させた。なおこの際に駆逐艦撃によって「」は機械室に被弾・浸したがシフト配置が功を奏して航行を保ち、事にマニラ港に戻ることができた。ちなみにこの戦いが日本駆逐艦の最後の魚雷による撃沈スコアとなっている。 また、12月のミンドロ上陸部隊への水上奇襲作戦「礼号作戦」にも「榧」、「」、「樫」の3隻が参加、作戦成功に寄与している。

フィリピン戦の後は日本海軍は組織的な戦闘を失い、「」、そして昭和20年から次々と完成した「」も日本沿部での戦闘・護衛に従事。また小発を「回天」発射装備に換装し機を増設するなどの装も受けている。しかし大戦末期には日本沿側艦船が遊する危険な域となっており、襲・触等で戦没する艦も多く、8月15日時点で残存していたのは「」11隻、「」12隻であった。 その後航行可な艦は復員艦として運用され、その後連合へ賠償艦として引き渡される、解体される等のをたどり、1960年代までにはその全てがスクラップもしくは標的艦として最期を遂げた。

 

……のだが、この32隻の姉妹たちのうち、1隻だけ極めて数奇な運命をたどった艦が存在する。 10番艦「」である。1945年7月28日山口県瀬戸内米軍機により撃沈された「」だが、1954年スクラップとして払い下げをうけた民間業者によって引き揚げられたところ、状態が予想外に良好であり、修理すれば再度使用可であるという判定を受けたのである。海上自衛隊によって再度買い上げられた「」は入念なレストアと艦部の作り変えをうけ、1956年に警備艦「わかば」、後に「DE-261 わかば」としてふたたび日本を守る艦船としての生命を得ることになったのだった。同艦はむろん存在しないため実験艦として新装備のテストベッドに使われ、また1962年三宅島噴火の際には民の救助に貢献。そして1971年に除籍・解体され、その数奇な生涯を終えた。

松型駆逐艦の名の多くは、アメリカ海軍からの貸与艦である「タコマ級フリゲート」にして海上自衛隊創設組でもある「くす護衛艦」に引き継がれた。

性能諸元

排水量 基準:1260t 試:1530t
全長 100.0m
全幅 9.35m
3.3m
機関 ロ号艦本式缶2基 艦本式タービン2基2軸 19000
27.8kt
航続距離  18ktで3500
燃料 重油:370t
乗員 211
兵装 八九式 12.7cm40口径)高単装1基&連装1基 九六式 25mm機 3連装 4基、単装 8基 九三式 61cm4連装魚雷発射管 1基4門 二式爆36発

排水量 基準:1350t 試:1640t
全長 100.0m
全幅 9.35m
3.41m
機関 ロ号艦本式缶2基 艦本式タービン2基2軸 19000
27.3kt
航続距離  18ktで3500
燃料 重油:370t
乗員 211
兵装 八九式 12.7cm40口径)高単装1基&連装1基 九六式 25mm機 3連装 4基、単装 12基 九三式 61cm4連装魚雷発射管 1基4門 二式爆36発

 関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

大日本帝国海軍 一等駆逐艦 艦級一覧
戦間期 海風 - 浦風 - 磯風 - 江風
- 神風型[II] - 睦月型 - 吹雪型(特型) - 初春型 - 白露型 - 朝潮型 - 陽炎型(甲)
戦中 夕雲型(甲) - 秋月型() - 島風() - 松型(丁)

掲示板

  • 79ななしのよっしん

    2018/01/14(日) 23:34:14 ID: YG9gsoXXFx

    正面戦しかえられなかったから…
    戦争仕掛けたのが間違いだってのはその通りだな。

    >>77
    三州の突撃かな?

  • 80ななしのよっしん

    2018/07/27(金) 05:50:38 ID: wb7SgEIrEA

    ほんとすき

  • 81ななしのよっしん

    2019/10/11(金) 18:18:57 ID: HM0SVzZzcG

    正直、松型駆逐艦の評価は過大なんじゃない?とは思う

    遅い、航続距離短い、武装は微妙の三拍子ってるけど、生産性は良い(細かいところはく)ってのは、負けに負けを重ねた時期だからこそ評価されてるのでは

    上の人も書いてるが、こんな艦でアメリカ駆逐艦の相手なんかしたくもないし、船団護衛に関しても、南方行くなら航続距離ギリギリすぎない?

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP