今注目のニュース
「犯罪をした人は悪い。だけど同じ人間」 元受刑者が「社会を明るくする運動」で理解訴え
「仕事を選べるなら再び中学教員に」日本が他国より少ない理由 教師の仕事が「外れる子を出さない品質管理」になっているため?
加藤浩次「僕は会社を辞める」発言でネット「かっこよすぎる」と話題に

役人(ガールズ&パンツァー)単語

モンカショウノメガネ

掲示板をみる(518)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

役人(ガールズ&パンツァー)とは、アニメガールズ&パンツァー」の登場人物である。CV大輔

名称についてだが、クレジットTV版、劇場版共に「役人」とされている。
スピンオフの「もっとらぶらぶ作戦です!」によれば、本名は「廉太」(辻政信牟田口廉也木村太郎?がモデルか)。
また劇中の情報から、彼の役職名は「文部科学省学園艦教育局長」と考えられている。

概要

中学以上の教育施設が洋上の学園艦に存在する今作の世界観において、日本における学園艦の元締めともいえる「文部科学省学園艦教育局」に所属する男性
七三分けの髪型セルフレームメガネスーツで固めている典的な「お役人」である。
公式ツイッターによると、「淡々といやな感じがにじみ出るように、と難しい演技を要された」とのこと。
ほとんどのシーンで、のっぺりとした低めので喋り、彼の要件のみを相手に一方的に告げていく。

しかし、実は彼こそがガールズ&パンツァー全ての元凶黒幕であり、大洗女子学園にとってのラスボスなのである!!

・・・ある意味では。

TVシリーズでの出番

第9話「絶対絶命です!」の冒頭で登場。この場面では、前話「プラウダ戦です!」のラストにおいて河嶋桃の口から暴露された、「戦車道大会で優勝しなければ、大洗女子学園校になる」という話の末が描かれている。

主人公西住みほ大洗女子学園に転校するより前、文部科学省学園艦教育局の薄暗いオフィス
角谷杏以下大洗生徒会メンバー三名は、役人より「大洗女子学園の今年度一杯での校」を告げられる。
文科省は維持費のかかる学園艦の統合を進める計画を立てており、大洗女子学園は「学校としての活動実績に乏しく、生徒数も減少傾向にある」ため、白羽の矢が立てられたのだ。
だが、役人が「昔は戦車道が盛んだったようですが・・・」と口にしたところで、角谷杏が反撃に出る。彼女は間入れず大洗女子学園戦車道復活を提案し、「まさか優勝校を校にはしないよね?」と「戦車道大会で優勝したら校を撤回する」という約束を役人に取り付けたのだ。

TVシリーズでの役人の出番はこれだけなのだが、言ってみれば彼はストーリーの発端を担ったキャラであり、その言動についてはあれこれ考察がなされた。

  • 校撤回の約束は口約束に過ぎない(そもそもアニメでは約束が果たされたのか明確に描写されていない)。大洗は大会で優勝したけど、実は校の危機は去っていないのでは?(校不可避説)
  • 角谷杏たちに昔戦車道が盛んだったのを伝えたのは「戦車道で実績を作れ」という意味で、大洗女子学園校にさせないための役人からの助言だったのではないか?(役人良い人説)

とはいえTVシリーズ終了後は特に音沙汰もなく、役人の心情については視聴者の想像に任された、ともが思っていたのだが・・・。

劇場版での出番

端役だったTVシリーズから一転、彼は劇場版にて役人としての本領を発揮。冒頭のエキシビジョンマッチ終了後、封鎖された大洗女子学園の校門前で当惑する戦車道履修者達の前に姿を表し、「もう君たちは生徒ではない」と告げ、角谷杏に事態の説明を任せて去っていく。役人は以下の事柄を既に決定していたのだ。

  • 校撤回の約束はあくまで「検討する」のみであり、検討したけれどやっぱり大洗女子学園校。
  • 校は年度末の3月の予定だったが、検討の結果それでは遅すぎるので8月一杯で校。
  • もしも生徒たちが抵抗した場合、学園艦の一般の住民たちの再就職は保しない、と圧をかける。

もう何が何でも大洗女子学園校にしてやるといわんばかりである。良い人説とは何だったのか、彼は端から大洗女子学園校しか頭にかったようだ。
その後、文科省に赴いた角谷杏抗議に対しても、「口約束にすぎない」「こちら(文科省)としても可な限り善処した」と過去の裁判所の判例や民法の条文を持ち出して「口約束でも約束は有効である」と食い下がっても顔色ひとつ変えなかった。「『校撤回の確約した』ではなく、『校撤回を検討する』という約束だった」とはぐらかしている点とあわせ、良くも悪くも「役人」としての手腕は確かであるようだ。

しかし後日、角谷杏は再度文科省を訪れる。しかも以下の面子を伴ってである。

西住しほ校問題で大洗女子学園側についたことは、役人にとって想定外であったようだ。文科省は劇中時間で今年度中に予定されている戦車道プロリーグ設立、ひいては二年後の戦車道世界大会誘致に躍起になっている。そして上記の通りプロリーグ委員長には西住流元が就くことになっており、もし彼女のご機嫌を損ねればプロリーグ設立→世界大会誘致の流れに大きな支障が出るのだ。

役人との話し合いが始まると、西住しほは開口一番「若手の育成なくして、プロ選手の育成は成しえません」と発言。
大会優勝校である大洗女子学園校撤回を要望し、受け入れられない場合プロリーグ委員長に就任しないことを示唆してくる。

詰め寄られた役人は返答に窮し、うっかり大洗女子学園を「まぐれで優勝した学校」と呼んでしまう。
もしも優勝校である大洗女子学園、準優勝校である黒森峰女学園、その両方の隊長西住しほであることを思い出していたなら、彼はそんな言葉は絶対に口に出さなかっただろう。西住しほ逆鱗に触れてしまった彼は追い詰められ、とうとう「大洗女子学園大学選抜チームに勝てば、校は撤回する」という誓約書にサインさせられてしまう。

角谷杏は誓約書を持って大洗女子学園(仮)に凱旋する。 (BGM希望は絶対に消えません!)
TVシリーズの時とは違い、今度は書類もある。試合に勝てば校撤回は間違いない。
しかし、相手は社会人をも破る大学選抜チーム。こちらの練度も上がっているとはいえ、果たして勝つことができるのか…。

期待と不安が入り交じる中、大洗女子学園にとって悪い報せが入る。

そう、役人は大洗女子学園校を全く諦めていなかった!

以上のように彼は大学選抜チーム勝利をお立てし、大洗女子学園校を確実な物にしようと論んだ。
文科省の方針なのか私情でやっているのか分からないほど念入りである。
実際これで失敗したら彼の立場が危ないのだが。

だが万全の準備を整え、いざ迎えた試合の結果は・・・、

「まったー!」 (BGM学園十色です!

「トゥータ!」(BGM:Säkkijärven polkka

「私からの勲章よ」(BGM:ヴォイテク!)

戦い終わって日が暮れて、試合の当事者達が得難い武名と新しい友人を得て帰路へと就く中、
残されたのはざめた役人の姿だけだったという・・・。

ガールズ&パンツァー戦争でないスポーツとしての戦車戦、戦車道を描いたアニメであり、登場人物たちは総じて「良い」であった。
ライバル校の面々は時に悪辣なやり方を取ったが、最後は西住みほと手をとりあい、友達になった。

そんなガルパン世界一、彼女達と相容れず、悪人の立場を貫き通したのが役人である。
主人公たち女子高生女の子学生)に対して、文科省の役人(男の大人でお役所の人間)である彼は、その立場にぴったりな人間だったのではないだろうか。

もっとも、そんな彼も追い詰められると動揺の余りメガネが顔からずり落ちるなど、コミカルな側面を覗かせることもある。なんだかんだ、彼もガルパン世界の一員であることは間違いない。

代表的な台詞

  • 「今納得していただかなくても、今年度中に納得していただければ、こちらとしては結構です」
  • 「口約束約束ではないでしょう」
  • 「考え方次第ですよ・・・」

余談

関連動画

関連項目

掲示板

  • 516ななしのよっしん

    2019/07/08(月) 23:58:46 ID: TF+BXbbS7p

    最終章でも大洗校させようとしたら逆に褒めてやる

  • 517ななしのよっしん

    2019/07/13(土) 22:29:47 ID: jzFdRGOLBh

    >>515
    2回戦観客席(右上のほう、冷泉久子さんの近く)にいましたね。
    またしつこく絡んでくるのか、それともアイアンリーガー悪役みたいに次第に入れあげて来るのかは不明ですが
    まだまだ出番はありそうですね(汗)

  • 518ななしのよっしん

    2019/07/16(火) 11:22:45 ID: 1ijneyGp8D

    劇場版はホントにおもしろかった。が、物語の発端として「やっぱり校にします」は正直脚本それでダイジョブなの?ってなった。
    悪役は必要だろうけど、大人の男が未成年の女生徒を精的に追い詰めるっていう構図は少し苦手

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP