今注目のニュース
砕氷艦「しらせ」南極へ 搭載する極地仕様の乗りものとは ヘリや雪上車…犬ぞりは?
松屋、豆腐メニュー「売れすぎ」で販売休止、豆腐キムチチゲ・牛鍋膳・豚汁・冷奴・湯豆腐など
ニッチェ江上、電車内で乗客と気まずくなった理由 「早く着いてくれ!」

DisplayPort単語

ディスプレイポート

  • 2
  • 0
掲示板をみる(24)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

DisplayPort(ディスプレイポート)とは、パソコンなどの機器をディスプレイに接続するための規格。パソコンなどのディスプレイまわりの業界標準化団体VESAが策定した。

概要

従来パソコンディスプレイの接続規格として利用されてきたDVIや、DVIでは全に置き換えられなかったアナログ接続のVGA端子を置き換える規格として策定された。DVIよりもディスプレイの高解像度化、広色域化、高いリフレッシュレートに対応し、映像に加えて音などの同時転送への対応、従来複数のディスプレイを接続する際はディスプレイの数だけ出元に端子が必要だったものをデイジーチェーン接続に対応し、DVIVGA端子の置き換えにならなかった理由の一つでもあるノートPCなどにはいささか大柄だった端子の小化などもなされている。

似たような規格としてHDMIなどとべられることも多いが、HDMIがAV機器などでの用途を前提に策定されているのに対して、こちらはより用途の広いパソコンワークステーション、モノクロや低リフレッシュレートでの解像度や多アスペクト比が混在し、複数接続の需要も多い業務用のディスプレイなどでの利用のため、流せる映像や音の規格をHDMIほどカッチリと定めずデータを流すための土管に近いような規格になっている。

また、HDMIと違い標準の実装ならばロイリティなどは発生しない。コンテンツ保護のためのHDCPなどによる暗号化や、音規格のドルビーHDのようなロイリティが必要なものはオプションにされていて、それぞれ実装してロイリティを別途支払うかはメーカーの判断と選択に委ねている。

規格の詳細

コネクタ

DisplayPortには現在のところ大小2種類のコネクタが策定されている。ひとつは標準のコネクタで、DVIなどで使われていたネジ式とは違うプッシュボタン式のワンタッチ着脱の抜け止めが付いている。もうひとつはノートPCモバイル機器などの限られた間に実装するためのMini DisplayPortコネクタ。小なため抜け止めなどはないものの、ピン数は同じであり変換コネクタなどで簡単に相互接続できる。

データ転送

4つのレーンとAUXチャンネルがあり、レーンひとつあたりで1.6Gbps、2.7Gbps、5.4Gbps(Ver.1.2以降)のいずれかのモード映像と音をパケット化したデータを流すことが可で、4つのレーンを束ねた場合で最大10.8Gbps(Ver.1.2以降で21.6Gbps)の転送に対応している。

映像解像度リフレッシュレート、色数などは転送速度が追いつく範囲内で、ある程度は自由に割り振れるため、どのくらいの解像度に、何台の接続に対応しているなどといったことは一概に言えないところが面倒くさいことでもある。例えばDisplayPort1.1ならば4レーン10.8Gbpsを使用してWQXGA(2561600)解像度30ビットカラー(RGB各色10bit)でリフレッシュレート60Hzディスプレイをひとつ接続できる、DisplayPort1.2ならば4レーン21.6GbpsでQFHD(3842160)解像度30ビットカラーでリフレッシュレート60Hzディスプレイならばひとつだけ、WXGA(1280×768)解像度で24ビットカラー(各色8bit)でリフレッシュレート60Hzディスプレイならば10台を数珠つなぎにすることもできるといった具合である。

AUXチャンネルは双方向通信が可で、DisplayPort1.1aまでは最大速度1Mbps程度と機器制御が用途とされていたが、DisplayPort1.2からはUSB2.0を上回る720Mbpsに高速化され、例えばディスプレイに内蔵されることも多いUSBハブや、ディスプレイに装着することの多いWEBカメラマイクなどをディスプレイに一体化した場合など、それらとPCの接続も重畳してケーブル一本にまとめることができるようになっている。

デュアルモードDisplayPortとシングルモードDisplayPort

DisplayPortには「デュアルモード」と「シングルモード」があり、それぞれロゴが違う。+がふたつ付いているロゴのものがデュアルモードと呼ばれるものである。デュアルモードではHDMIDVIに利用されるTMDS転送の出に対応しているため、パッシブ方式の変換アダプタでそれら端子に変換することができる。シングルモードでもクロックジェネレータなどを内蔵して信号変換できるアクティブ方式の変換アダプタを使えば変換は可であるが、変換コネクタやケーブルなどは高価になる。なぜデュアルモードに一本化されていないのかというと、TMDSの採用にはロイリティが必要になるためであり、どうせロイリティを支払うならば、スペースが許す限りDisplayPortとは別にHDMI端子も設けた方が変換不要で利用者には便利などといった実情もある。

デュアルモードにはTMDSのクロック周波数が165MhzまででシングルリンクDVI相当、あるいはHDMIならばフルHDまでの「Type 1」、新たに300Mhzまで引き上げてHDMI1.3や1.4のサポートする解像度まで対応できる「Type 2」が規定されており、「Type 2」対応製品は「Type 1」と当然ながら後方互換性を持つ。なお、「Type 2」で利用する場合はパッシブ変換アダプタ自体も対応製品が必要となる。

現状の普及度

グラフィックカードマザーボードなどの出側が先行して広まっており、それを受けるディスプレイ側の対応は遅れているのが現状である。普及しているフルHDやWUXGA(1921200)程度までの解像度ディスプレイならばシングルリンクDVIHDMIで十分であり、ハイエンドを中心に増えてきた大解像度ディスプレイであってもWQHD(2561440)やWQXGA(2561600)までならばデュアルリンクDVIでも接続可であり、わざわざDisplayPortでなければならない理由が薄かったためである(それでもWQHDやWQXGAディスプレイならばDisplayPortもデュアルリンクDVIといっしょに搭載されていることが多いのだが)。

しかし、DisplayPort1.2からは全にデュアルリンクDVI規格の限界えており、WQXGAを越える4K2KディスプレイがAV機器用途と同様にPCにも波及する流れであったり、スマートフォンタブレットPCからRetinaディスプレイに代表されるような高精細ディスプレイPCにも波及する流れであったり、ゲームをなめらかに表示するため、あるいは3Dなどに利用するため120Hzなどの高リフレッシュレートで高速駆動する液晶ディスプレイなども広まる兆しがあるなど、遠からずDVIでは対応できないディスプレイPCで広く利用されることになる可性があるため、HDMIよりも高解像度などへ対応した規格化で先行しているDisplayPortの普及が期待される。

また、DisplayPortでもう一つの玉とされるデイジーチェーン接続(数珠つなぎ)でのマルチディスプレイであるが、ディスプレイ側が入側のDisplayPortを実装していても、出側を持っていないことが多かったこと、ハブ分割して複数のディスプレイへの接続にも対応するとされていたが、肝心のハブが発売されないことなどで、しばらくは絵に描いた餅となっていたのだが、DisplayPortの本来の信号の上に更に10Gbpsの双方向通信を重畳するThunderboltに対応したThunderbolt DisplayAppleが発売し、それにはThunderboltやDisplayPortをデイジーチェーン接続する出端子が備えられたため、これがDisplayPortのデイジーチェーン接続対応コンシューマ製品の一番乗りとなった。その後、DELLからもDisplayPort出付きのモニタが発売されるなどしている。また、先述のDisplayPortの分割ハブも出回り始めたようだ。

関連動画

displayportに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

displayportに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/21(木) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/21(木) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP