Enya単語

エンヤ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(33)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Enya(エンヤ)とは、アイルランド出身の女性ミュージシャンである。

概要

本名、Eithne Patricia Ní Bhraonáin(エンヤパトリシア・ニ・ブレナン)。Patriciaが洗礼名、Níが女性であることの表示となっており、「ブレナエンヤ」という意味になる。
当初はEithne名義での活動を考えていたが、英語圏ではこのつづりをエンヤと読める人が居らず、エシナまたはエイジアと呼ばれてしまうため、Enya名義で活動している。はゲールであるが、現在はほぼ英語で活動している。

1961年アイルランド西部ドニゴール県グウィドーに、9人兄弟の5番三女として生まれた。ショウバンドを率いる傍らで居酒屋を経営、は地元の学校音楽教師をしていたという。家族って音楽に親しんで育ち、11歳で修院の寄宿学校入学音楽や美術に親しんだ。

1969年父親が経営する居酒屋兄弟や親戚が演奏を始めたのをきっかけに、音楽グループクラナドClannad)」を結成した。内外で高く評価されたこのグループに、1980年、19歳でキーボードコーラスとして参加する。2年後に脱退、プロデューサーライアン夫妻と共に音楽家としてのキャリアを開始。ケルト音楽クラシック音楽教会音楽などを取り入れた独自の音楽を手掛ける事となる。

1985年映画『The Frog Prince』、1986年ドキュメンタリー番組『The Celts』に楽曲を提供。『The Celts』のサウンドトラックは評判となり、アイルランドアルバムヒットチャート2位を記録した。これをきっかけとして製作された1988年の『ウォーターマーク』も記録的なヒットとなり、シングル「オリノコ・フロウ」は世界のチャートにランキング入りした。
その後も精的にアルバムリリースし続け、2005年の『アマランタイン』以後は休止するが2012年に復帰、2015年ダークスカイアイランド』を発売している。

一度聞けばすぐ彼女の曲だと解るほど特徴があり、透明感あるサウンドと、自身のを繰り返し録音して重ねる事で生まれるエコーが有名。「visible(情が浮かぶ)」と評される曲調で、古い神話や伝承を想起させる作品が多い。
J・R・R・トールキン好しており、中つに由来する楽曲を発表している。2001年映画ロード・オブ・ザ・リング』に「メイ・イット・ビー」を提供。クウェンヤ(エルフ)を使用したこの作品は、同年のアカデミー賞歌曲賞にノミネートされている。

歌詞は基本的に英語だが、ゲールラテン語などの曲もある。また『アマランタイン』には日本語の曲「」が収録されている。

その秘性を徴するように、コンサートツアーを行った事がない。
アイルランドではU2に次いで2番に売れたアーティストで、グラミー賞を始めとした様々な栄誉にもいている。

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/18(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/18(日) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP