今注目のニュース
Gカップグラドル・安位薫、服着用の姿披露 表情に心配の声も
投票しても無効になる白票の行方
いじめが辛すぎて? 10代少年が多くの友人らの目の前で…

ACIDMAN単語

アシッドマン

掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ACIDMAN(アシッドマン)とは、日本ロックバンドである。
EMIミュージック・ジャパン所属。たまに「アシ」「アシッド」と略して呼ばれることがある(後者は同名のバンドが存在するので、少し伝わりづらいかもしれない)。

概要

1997年埼玉県にて、高校フォークソング部(という名の軽音部)のメンバーで結成。結成時は4人組で、当時の大木ギターを担当し、大木とは別のボーカルが在籍していた。1999年に当時のボーカルが脱退し、大木ボーカルギターに転向、現在スリーピースの編成となる。
2002年、プレデビューシングルとして『造が笑う』『アレグロ』『赤橙』をリリース後、アルバム『創』でメジャーデビュー2007年にはツアー『ACIDMAN LIVE TOUR "green chord"』の最終演において、ワンマンとして初の日本武道館演を果たした。

作詞はほぼ大木が担当(インディーズ作品に山の作詞曲有)。作曲もだいたいは大木が行うが、昨今は佐藤山のアイデア大木が広げて完成させるパターンも見られる。
宇宙』や『生命』をテーマにした、一言でいえば大分ケールがデカい歌詞が特徴。恋愛テーマにしたラブソングは今まで発表していない(大木いわく「ラブソングはどうしても哲学的な方向にまで思考が及んでしまうから書けない」とのこと)。
彼の世界観に心を打たれた・感銘を受けたファンは数多く、このニコ百にも歌詞に使われる単ピックアップしてランキング形式でまとめる者がいるくらいである。→ACIDMANの歌詞によく使われる単語

音楽める感動は映画める感動に似ている」という発想から、cinemaと呼ばれるイベントを何回か催している。メンバー、特に大木佐藤は大の映画好き。
この嗜好に関連してか映像にもかなりこだわっていて、ワンマンツアーライブではスクリーンオリジナル映像(CG)が流される。その完成度はかなり高い。ライブのチケットが高いのは多分それでお金かかってるから。
2008年幕張メッセライブを行った時は、なんと内最大級の全長60メートルに及ぶステルスを使用した。
プロモーションビデオにおいては、2004年に発表したフルCGショートフィルム「彩-sai-~廻る、巡る、その核へ」の評価が特に高く、数々の受賞歴がある。

メンバー

元メンバー

ACIDMANはこんなバンド

幾度もの解散の危機と和解
制作の場の中心にいるのはいつも大木だが、彼はバンドメンバー3人が3人共、同じくらいのを約33%ずつ発揮して制作していく体制をずっと理想としていて、ワンマンバンドにはなりたくないと思っていた。しかし現実では曲を作るのはほぼ自分ひとり。佐藤山は大木に付いていくのが精一杯で、同じような曲作りは出来なかった。ここでメンバー間に裂が生じ、大木は「自分ばかりが苦労している、このふたりに食わせる為にバンドをやってる訳じゃない」と苛々を溜め込んでしまう。
「and world」の制作が終了した時には遂に大木限界が訪れ、バンド空気は最悪となり解散読みにまで追い込まれる。そこで彼にを入れたのが、東京スカパラダイスオーケストラ加藤谷中。飲みの席で、「お前のやっていることはただの荷物の押し付けに過ぎない」「詞も曲も書いているが一番前に行くのは当たり前のことで、そうでなきゃ成り立たない」と摘され、これをきっかけに大木は意識をめる。その後、メンバーを呼び出して、解散の話だと思って顔をにして来たふたりに「今まで悪かった、これからは自分が頑るからついて来てくれ」という話をし、3人で泣きながらを飲んだそうだ。
現在では、「ワンマンバンド」であることを受け入れた大木佐藤山が全サポートする形になり、例えぶつかり合うようなことがあっても、今は決して解散の話に持ち込まれることはいという。
ウラヤマイチゴとゆかいな仲間たち
曲を作ったりライブをする時はストイックに理想を追いめ、クオリティの高い演奏でこちらを楽しませてくれるACIDMANだが、ふざけていい時はとにかく全でふざけている。アルバムを発表するたびにPV集もあわせて制作し、「and world」以降はレコ発ツアーDVDも販売しているが、毎回収録されるドキュメント映像を見てみると全にどっかのバラエティ番組状態字幕の入れ方やその場のノリ水曜どうでしょうに似ているらしい。ちなみにだいたいの犯人大木で、彼はどうの大ファンである。
ドラムの一悟をしつこくイジったりドッキリを仕掛けている内容が多く、しかもその一悟はかなり天然なのでほぼ100%引っかかってしまう。その例がこちら。
 【①】ツアー中、インフルエンザ対策で配られた手消毒アルコールジェルを、一悟のものだけ中身をローションに入れ替える→ネタばらしするまで気付かず、「かないなぁ」と言いながらいつも手をぬるぬるさせていた。
 【②】飲み会の途中、お金が全く入っていなかった一悟の財布に不意に5000円札を仕込む→嬉々としてコンビニパフェを購入し、札を仕込んだ本人である大木に「の方に5000円入ってたんだよ!」と自慢。
ライブ中のMCでも1度一悟が長く喋るターンがあるが、毎回サトマに「話が長い」とバッサリ切り返されたり、大木問答用で「口が臭い」と言われたり、受難の連続。だがそこがいい。
メンバー名表記がカタカナな理由
デビュー時は名前がカタカナ表記だったが、「equal」の時期から漢字表記に変わった。その時の理由は不明。
それから数年後、「a beautiful greed制作中に姓名判断サイトで「浦山一悟」という名前を入れたらことごとく悪い結果になることが判明。すぐさま名しようという話になったのだが、挙がった名前補が「山テンピュール」「パープルサンガ」「シュールレアリスム」と一悟にとっては散々なものばっかりだった。
姓名判断士に協を仰いだ末、新しい名前をツアーの観客にアンケートで決めてもらうことに決定。このバンド、実にフリーダム。結局メンバー全員カタカナ表記に戻すということで落ち着いたが、テンピュールと最後までデッドヒートを繰り広げていた。ちなみに現在は、いつの間にかまた漢字になってるっぽい。

関連動画

二次創作など

アレンジ

演奏してみた

MAD

書いてみた

YouTube(公式)exit

関連商品

シングル

  1. 赤橙(インディーズ)exit_nicoichiba
  2. 造花が笑うexit_nicoichiba
  3. アレグロexit_nicoichiba
  4. 赤橙exit_nicoichiba
  5. Slow Viewexit_nicoichiba
  6. リピートexit_nicoichiba
  7. 水写exit_nicoichiba
  8. equal e.p.exit_nicoichiba
  9. ある証明exit_nicoichiba
  10. 季節の灯exit_nicoichiba
  11. world symphonyexit_nicoichiba
  12. スロウレインexit_nicoichiba
  13. プリズムの夜exit_nicoichiba
  14. REMINDexit_nicoichiba
  15. UNFOLDexit_nicoichiba
  16. 式日exit_nicoichiba
  17. I stand freeexit_nicoichiba
  18. CARVE WITH THE SENSEexit_nicoichiba
  19. Under the rainexit_nicoichiba
  20. DEAR FREEDOMexit_nicoichiba
  21. ALMAexit_nicoichiba
  22. アルケミストexit_nicoichiba
  23. 新世界exit_nicoichiba

アルバム

DVD

関連生放送

関連コミュニティ

関連ニュース

関連タグ

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP