今注目のニュース
不機嫌でもゲームの話で笑顔に ゲーム好きな妻とのほのぼのとした日常を描いた漫画に「理想的な夫婦」「癒やされる」
“武闘派ヤクザ”高山若頭の支配力――山口組が大きく揺れ始めた「2007年のある殺人事件」とは?
コロチキ・ナダル、メイク姿がヤバすぎる 美人YouTuberに変身狙うも…

No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー単語

ナンバーズサンジュウハチキボウカイリュウタイタニックギャラクシー

  • 0
  • 0
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

が記憶に眠る二つの希望!その希望を隔てし闇の大河を貫き今そのが一つとなる!
エクシーズ召喚!!!
現れろNo.38!!希望タイタニックギャラクシー!!!

No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシーとは、漫画遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。

概要

ナンバーズの1枚。ランク8の攻撃3000、守備2500で、おおむね以下のような効果を持つ(正確なテキストは記されていないため不明)。

  1. 相手の魔法カードの効果が発動した時、その魔法カードを対として発動できる。その効果を効にし、その魔法カードとこのカードを除外する。
  2. (1)の効果で除外したこのカードフィールドに戻った時に発動できる。除外されている相手の魔法カードをこのカードエクシーズ素材にする。
  3. 相手モンスターの攻撃宣言時にこのカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その攻撃対をこのカードに移し替える。
  4. 自分フィールドのXモンスターが破壊された時に発動する。このカードの攻撃はそのモンスターの元々の攻撃アップする。
  5. このカードの(4)の効果を発動したターンにこのカードが破壊された場合、自分フィールドのXモンスター1体を対として発動する。そのモンスターの攻撃は、破壊される直前のこのカードの攻撃アップする。

このカードは元々「No.28 タイタニック・モス」だった。No.28は八雲白紙の状態でハルトに渡した(貸し与えた)ものと思われ、ハルトカイトデュエルした際に開眼していた。しかし、八雲(e・ラー)と遊馬牙・カイトデュエルの最中、だったころに戻りたいと願った八雲によって白紙に戻ってカイトの手に渡り、それがカイトの下でめて開眼してこのカードとなった。

カイトは「希望啓」によって、「銀河眼の光子竜」を墓地へ送るのと引き換えにこのカードエクシーズ召喚した。その特殊召喚をトリガーにしてe・ラーが永続魔法輪廻」の効果を発動した際に1つの効果でこのカード共々除外した。直後に「銀河航行」の効果で除外状態のこのカードが特殊召喚され、「輪廻」をオーバーレイユニット化した。

このカードで「ストレインフィラメント」を戦闘破壊し、それによって永続魔法「常闇の」の効果が発動した際に再度このカードの効果を発動し、それを効化してこのカードと共に除外し、「銀河航行」で特殊召喚してオーバーレイユニット化した。バトルフェイズ中の特殊召喚なので再度攻撃権を得て「ストレイン・ヒュージ」を戦闘破壊し、さらに「シリアルグロウ」で連続攻撃を可にして「ホープ・ザ・ライトニング・e・ラー」を戦闘破壊した。
続く「SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング」の攻撃と合わせて、永続魔法「とどまらぬ大地」(自分のライフを自分のモンスターの攻撃の合計と同じ数値にするカード)を利用していたe・ラーを倒そうとしたが、ぎりぎりで防がれた。

e・ラーは「絶望神アンチホープ」を特殊召喚した。アンチホープホープ・ザ・ライトニングへ攻撃するが、カイトはこのカードの3つの効果で攻撃対をこのカードに替え、カイト遊馬希望を託して散った。

その後、「No.37 希望織竜スパイダー・シャーク」の効果で遊馬の手によって復活し、破壊されたNo.37の攻撃をこのカードが吸収した。アンチホープへの攻撃は「アンチ・ザ・スカイ」で破壊されたためわなかったが、その攻撃をさらにホープ・ザ・ライトニングへ託した。

それでもしぶとく復活するアンチホープだったが、ZEXALによって創造された「」の効果で、このカードカード名をSNo.扱いとし、さらにランク9として「SNo.0 ホープ・ゼアル」のオーバーレイユニットとなった。


効果名は「消滅のスケイルズ・ストーム」、攻撃名は「破滅のタイタニックバースト」。

カイトは発動ターン中に除外されたモンスターをその都度特殊召喚する「銀河航行」を利用することでこのカードの1つの効果を活用していたが、「銀河眼の光子竜」などと異なり、除外した自身をフィールドに戻す効果の存在は作中では確認できない。

2つの効果で素材化する魔法カードについて、「このカードの効果で除外した」などの説明はないが、除外された魔法カードならば何でも素材にできるのかは不明。素材化できる枚数についても具体的には説明されていない(いずれの状況でもこのカードの効果で除外した1枚しか存在しなかったため、どう解釈しても矛盾はない)。

攻撃・守備は「銀河眼の光子竜」と一致している。

カイトハルトを貸してほしいと望み、それにハルトが応える形で生まれたモンスター。その姿は「銀河眼の光子竜」の特徴を受け継ぎつつも、下半身や背中羽根などに元々のNo.28の面影を見てとれる。

OCG版

PREMIUM PACK 18」(ジャンプフェスタ2016で先行販売)でOCGに登場した。

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/属性/ドラゴン族/ATK 3000/DEF 2500
レベル8モンスター×2
(1):1ターンに1度、魔法カードの効果がフィールド上で発動した時に発動できる。
その効果を効にし、そのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
攻撃対をこのカードに移し替えてダメージ計算を行う。
(3):自分フィールドのXモンスター戦闘・効果で破壊された場合、
自分フィールドのXモンスター1体を対として発動できる。
モンスターの攻撃は、破壊されたそのモンスター1体の元々の攻撃アップする。

魔法を除去する効果は、除外する処理をき、すぐにエクシーズ素材にするようになった。
攻撃を受け継ぐ効果は、1体のみが破壊された場合に限定されたが、自身以外を対にすることも可となった。
自身が破壊された際にさらに攻撃を受け継がせる効果は削除された。攻撃誘導効果は全に再現されている。

(1)の効果は魔法カードの吸収。
永続魔法フィールド魔法に効果を発揮するのはもちろんだが、ペンデュラム効果にも対処可なのが大きい。破壊せずに素材化するので、相手の再利用を阻できる。素材を取り除いた後もエクストラデッキではなく墓地へ送られるので、そのモンスターペンデュラム召喚される危険も少ない。

なお、「効果の発動」にはカードの発動」も含まれる(※1)
通常魔法・速攻魔法はもちろんのこと、「攻撃アップする効果」しか持たない永続魔法フィールド魔法すら効化できる。当然だが、P効果を持たないPモンスターをPゾーンに発動した時も同様。

(2)の効果は攻撃誘導。
攻撃3000と高いので、ほかのモンスターを守るのに役立つ。ただし、メインフェイズ1に効果破壊される危険性があることや、戦闘時の効果の発動を封じる「SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング」との相性が悪い点には注意が必要。

(3)の効果は攻撃吸収。
相手ターンで発動する場合、攻撃を上げて攻撃を抑止するのがな使い方となる。自分から破壊して効果を使うことも可であり、攻撃を終えたモンスターを破壊することでバトルフェイズ中の追撃に利用できる。


このカードで最も特徴的なのは(1)の効果。
ランク8としては高めの攻撃も持っているので、相手によるが十分使えるカード

専らPモンスターを除去するのがメインだろうが、墓地で発動する効果を持つ魔法カードエクシーズ素材として抱え続ける事で、相手のプレイを阻することもできる。もっとも、そのカードフィールドで発動せずに手札コストにされる場合もあるが。

※1:■『その効果を効にし、そのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする』効果は対を取る効果ではありません。魔法カードカードの発動・フィールドにて発動した魔法カードの効果の発動のいずれかに直接チェーンして発動します。公式DBよりexit

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/26(日) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/26(日) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP