今注目のニュース
海外サッカーファン小柳ルミ子のガチ「toto」予想結果が凄すぎ!? 「toto」の種類から買い方までの永久保存版レクチャーもあり!
安藤美姫、慣れない樹脂リンクに苦戦? 「ワックスとれちゃってる」
吉田沙保里、念願のハワイでサーフィン 上達の早さに「身体能力すごすぎ」「苦手なことないのかな」と驚く声

OTONA単語

オトナ

  • 8
  • 0
掲示板をみる(251)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

OTONAとは、常軌を逸したを持ちながら子供を守り導く大人である。

概要の説明を投げ出すなんて、僕のプライドが許してくれないんですよ

が作成されるに至った発端は戦姫絶唱シンフォギア風鳴弦十郎による「シンフォギアった風鳴翼による逆鱗を素手で受け止め、地面に衝撃を流す」、「ブービートラップ爆発をものともせずに発勁でかき消す」といった人ぶりがもととなっている。
こういった常軌を逸する大人は、脚本を務めた金子彰史シナリオを手がけたワイルドアームズシリーズにて既に多く登場している。 

戦姫絶唱シンフォギアシリーズにおけるOTONA

OTONAはHAKKEIでKIを操り、KODOMOを守る者達をす尊称である。

OTONAは地面を天然のTATEとし、人を抱え屋上まで跳ぶ事も日常茶飯事である。

SAKIMORIの一族KAZANARIに生まれた風鳴弦十郎映画英雄達に憧れた。

そう、OTONAたちの姿を見て、KODOMOはOTONAに憧れ、自らもOTONAとなるのだ。

OTONAになるためには高いKUNG-FUが必要である。

なお、非常に残念だがOTONAはNOIZEには負けるらしい。

OGAWA

弦十郎の右腕的存在である緒川慎次は、1期の頃から者ではない格を漂わせていた。

その後2期3話にて、なんと彼がNINJAであることが判明。

影縫いや水上歩行などのNINPOUもNINJAにとってはお手の物である。

弦十郎には及ばないものの、その身体の高さは傍から見れば十分人的。

そのため、彼のことをOTONAに倣ってOGAWAと呼ぶ者もいる。

彼もまた、KODOMOを守るOTONAの一人なのだ。

その他のOTONA

上記の弦十郎や緒といった人的な身体を持つ者以外にも、卓越した情報処理を持ち抜群の信頼を得ている藤尭朔也、オペレーターとしてだけでなく精面からも装者達を支える友里あおい武装組織フィーネ宣戦布告すら一笑に付すほどの胆な外務省事務次官・斯波田賢仁なども紛れもないOTONAである。

また、ナスターシャ教授は当初マリア達に偽りを背負わせ悪を貫くよう強いるなどOTONAとは逆の行動をとっていたが、後に偽りのままでは何も為せないと悟り自らの過ちを悔いるようになる。その後は身体を蝕む病と闘いながらも人類救済に尽し、最後は世界を救った英雄になると同時に、達を見守りその背中を後押しするOTONAとして命を散らせた。

OTON

立花響である立花洸は、ライブ会場の惨劇後周囲から浴びせられるバッシングに耐え切れず家族を捨てて逃げ出すという大人および親として失格の男であった。

数年後に偶然と再会することになるが、彼は自分から家族と向き合うことを恐がり、勇気の一歩を踏み出せずにいた。しかしと共に危機に陥った際咄嗟にを守る行動をとったことで、彼は父親であることからはどうあっても逃げることができないのだと知る。そして同時に何があっても逃げ出さなかったの姿を見て、二度との覚悟からを反らすものかと心に誓ったのであった。

そんな彼の姿を見た一部視聴者は、「OTONAになるには一歩足りないが、紛れもなく父親オトン)であった」という意味を込めて彼に「OTON」の称号を送った。

ワイルドアームズシリーズにおけるOTONA

ウェルナー・マックスウェル(WA3)

主人公ヴァージニア・マックスウェルであり、とある事故相を追うべくヴァージニアが幼いころに失踪した。
作中で再び会った際にはシリーズいち男前のアースガルズと対消滅リア対決を繰り広げたりもした。

なお、生き方は「伝えるのではなく理解して(わかって)もらう」こと。

ガウン・ブラウディア(WA4)

当該項目参照 → ガウン・ブラウディア

バーソロミュー(WA5)

路歴程<ピルグリムプログレス>号の艦長であり、ベルーニ族の中でもトップクラスの実と強体を持つ。
が、ファルガイアに拒絶されたベルーニ族であるため地上に降りることは出来ない。
その実イベントシーンで「高所から飛び降りてゴーレムが打ち出した弾を素手で弾き飛ばす」「ビームソードを白刃取りしてヘッドバットで撃退する」など度合いは歴代OTONAの中でもトップクラスである。

ラスニール・カイザ・エレシウス(WAXF)

アレクシアリム・エレシウスのにあたり、エレシウス王国王で剛王の異名を持つ。
元はエレシウスの属に生まれ育った士であり、その量を買われてエレシウス王室に入った。

作中では原因不明の病に倒れて病床の身でありながらも「一ARMに汚染された渡り鳥の集団をなぎ払う」、「徒手拳でアースガルズのバリア叩き割る」など、かつての異名に恥じない活躍を見せた。
なお、捕捉ではあるが過去シリーズにおいて林檎さんことラクウェル・アップルゲイトなどを筆頭とした恐ろしく強い病人も多くいるワイルドアームズシリーズにおいてこの王様お前のような病人がいるかにも当てはまっている。 

金子作品以外におけるOTONA

ここまで挙げた作品は全て金子彰史氏がストーリーを手掛けた作品であるが、それ以外の作品にも稀にOTONAタグが付与されていることがある。(例:「カードファイト!! ヴァンガードG」)
それらの意図するところは冒頭の通り、「強く優しく、KODOMOを導く存在」であること。このタグがつけられているということは即ち、そのKODOMO達を導くキャラクターたるOTONAが活躍していると視聴者が認めたことの標であり、賞賛のタグである。

これでも、関連動画を紹介する責任だけは果たしたいのです

シンフォギアシリーズのOTONAたち

ワイルドアームズシリーズのOTONAたち

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

OTONAの方々

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/16(月) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/16(月) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP