今注目のニュース
超有名声優のYouTube参入、なぜ反響がイマイチなのか 人気Vtuber“中の人”が語るコロナ禍の業界事情
「子供には、ほとんど免疫がある」Facebook、“トランプ大統領の投稿に誤情報”として動画削除
永久欠番のはずがなぜ? 「日本航空123便」がフライトレーダーに出現、真相をJALに訊いた

武装錬金単語

ブソウレンキン

  • 6
  • 0
掲示板をみる(292)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

武装錬金とは、週刊少年ジャンプに連載されていたSFアクション漫画である。
作者和月伸宏ストーリー黒崎ジーベック制作アニメ化もされている。

概要

本作品は2003年から連載されていたが、2005年打ち切りにて連載終了を迎える。しかしマルジャンプに2度の完結編が掲載され、その後さらにドラマCD化、アニメ化ゲーム化、ノベライズストーリー黒崎による)と、連載終了後にさまざまなメディア展開をしたしい作品である(アニメ化の報を聞いた際の作者和月伸宏コメントは「今更ァ!?」であった)。

アニメ製作時には既に連載が終了していた為、アニメ較的原作に忠実にすっきりと終了している。

ニコニコ動画においてはアニメ主題歌真赤な誓い」やライバル役「蝶人パピヨン」などが有名。秀逸なMADが数多く作られ、まだまだ熱狂的なファンがいることがうかがい知れる。

連載当初はアンケート人気などがあまり振るわず、前述の通り打ち切りとなってしまった作品であるが、わかりやすい王道少年漫画的なストーリーパピヨンキャプテンブラボーといったインパクトのあるキャラクター造形などには連載中から固定ファンを掴んでおり、インターネット上などでは(いつ打ち切られるのかと言う話題も含め)、較的話題性の強い作品だった。

BS11再放送され、DVD-BOXも発売中である。打ち切り作品ながらその人気の凄まじさが伺える。

王道的展開の元は色々な作品からのオマージュが多く、代表的なものとして第一話のストーリーは初代ウルトラマンオマージュである。

あらすじ

主人公武藤カズキは、ふとした事から人外の怪物「ホムンクルス」に心臓を貫かれて殺されてしまう。

しかしそれを不憫に思った「錬金戦士村斗貴子は、カズキ心臓の代用品として「錬金戦士」の武器である「」を埋め込み、彼を生させる。

核鉄LXXこの時、カズキに埋め込まれた核LXX。形状は突撃「サンライトハート」。

この事から武藤カズキは、核武器……武装錬金として操るを得る事になり、持ち前の優しさから自分のに潜む「ホムンクルス」達と戦う斗貴子に協する事を決意する。

ホムンクルスと戦っていく中、ライバルであるパピヨンこと蝶野攻爵や、師となるキャプテンブラボーらとの出会いを経て、一人前の「錬金戦士」として成長していくカズキ
しかし、カズキ生に用いられた核には斗貴子も知らない「ある秘密」があり……。

主な登場人物

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 290ななしのよっしん

    2020/04/02(木) 14:50:29 ID: 5EDs63fSgi

    火渡の「何かをするためにその何かと同化する」というキャラクター性は「不条理を不条理でねじ伏せる これがの戦り方だ」というセリフによく出てるね
    もっと作中で活躍が見たかった

  • 291ななしのよっしん

    2020/07/07(火) 06:41:39 ID: P5eT1QE2eZ

    2020年7月7日、『武装錬金17周年おめでとう

  • 292ななしのよっしん

    2020/07/07(火) 07:05:04 ID: 5ci/MksXdT

    主人公曇らせするには展開すぎだったかなと
    火渡の短気な性分と男と風船の嫌らしさが苦手

    ヴィクター戦からせめて一・二戦ほど
    戦団に所属してのエピソードでもあればよかったと思うけど

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/06(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/06(木) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP