小学館問題単語

ショウガクカンモンダイ

1.6千文字の記事
掲示板をみる(172)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

小学館問題とは、小学館に関連する一連の事件である。

事の始まり

この項の詳しい経緯はWikipediaexitに書かれているので簡潔に説明する。

雷句誠先生週刊少年サンデーで『金色のガッシュ!!』を書いていた当時、もう構想自体は終了していたにもかかわらず引き延ばしされたことや、担当のアイデア押し付けなどで句の怒りが頂点に達し、仕事場で暴れ、右手折し執筆不能状態に陥る。

当然、長期休載になるが、皮にもこれがガッシュ終了の確約を取り付けるきっかけの一つとなる。

これに伴い句は2007年の暮れに原稿の一括返済を受けるもののいくつか欠けていたために、その後も何度か返却要請をしたが、カラー原稿5枚の紛失が確定。

その後句は小学館を提訴する。

これが第一の小学館問題である。

第二の問題(とされたもの)

上記の雷句誠先生による小学館提訴はニュースなるほどの事件になり、当たり前のようにVIPでこの事件に関するスレが立てられる。

当然のごとくサンデーかれる中、次のようなレスが書き込まれる。

384名無しさんの次レスにご期待下さい[sage]:2008/06/09() 02:33:13 ID:FVlqLGKw0

ども、元丸々作家ですが、少し書き込ませてもらいます。
日曜編集部がめちゃくちゃかれてるが、正直丸々や挨拶の編集部の方が酷いよ。

その30後、次のようなレスが書き込まれる。

391 :名無しさんの次レスにご期待下さい[sage]:2008/06/09() 02:33:47 ID:FVlqLGKw0

>>384
丸々はオリジナル外した人間メディアミックスに持って行こうとするね。
いい例がM先生。別冊の方でやってた連載が振るわなくて、メディアミックス作品で成功を収めてる。
自分もオリジナルこけてしまってね。
メディアミックスもやったんだが、それもこけて今は別出版社のある雑誌でファンタジー物を書かせて
もらってる。
メディアミックスが不調な時に「貴様の人物のが悪い」とかピンポイントで駄出しされたのも
いい思い出。
丸々の編集はあれだけど、漫画家は基本いい人が多いね。
Hはブログでどうのこうの言ってるが、は丸々時代から学監側のだと有名。
K下先生とかK本先生には色々お世話になったなぁ。
メディアミックス作品でもオリジナルでも両方大成功を収めてるのはこの人たちくらいかな。

そして、この次にこの第二の問題が発覚するきっかけとなったレスが書き込まれる。

396名無しさんの次レスにご期待下さい[sage]:2008/06/09() 02:34:27 ID:FVlqLGKw0

丸々編集の悪行で一番許せないのはH先生かな。
あるメディアミックス作品を連載してた人。
人格者で、ファンレターの返事もまめに出す先生だった。
漫画も初期の頃は結構成功してたんだけどね、後期は落ち込んでた。
その後期……というか、打ち切るか打ち切られるかの瀬戸際で相当言われたらしく、
「ガキごときの心も騙せないお前みたいなクソ漫画家なんぞが
続ける事自体、漫画神様許さんわ」って怒鳴られたりしてた。
元々交のあったんだけど、H先生泣いてたよ。
でもそのH先生病気で今は見るもない姿になっちゃったけどね。昨日お見舞い行ってきたけどさ。

この垂れ込みにより問題が表面化。

これが第二の小学館問題である。どちらかといえば後者す事が多い。

…が

2017年にH先生ことひかわ博一氏の実言により上記の垂れ込みが悪質なデマと判明。
詳細はひかわ博一氏の記事に譲るが、コロコロ編集部と任天堂は非常に好意的であったことをひかわ氏の名誉のため記述しておく。

同氏はその後コロコロアニキにて活動再開。この第二の事件に関してはもはや過去の話になった。

関連動画

削除しました

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 170ななしのよっしん

    2021/10/19(火) 13:22:57 ID: zKUu1uMmrZ

    ひかわ先生のやつ信じたやつが後の連載はもちろん既に連載されてたカービィ漫画ディスりまくってたのに、蓋明けたらひかわ先生に問題があったのにひかわ先生賛美するの本当に胸くそ悪い

  • 171ななしのよっしん

    2021/10/19(火) 17:19:09 ID: jpmDpJdGTD

    >>161
    小学館に限らず漫画原稿てどうやって保管してるんだろ?
    警察の事件ファイルみたいにああいう保管室的な所で保管してるのだろうか?
    生原稿じゃ時代と共にとかトーンの劣化は免れさそうだけど。腐らないように巨大冷凍庫に保存してるわけでもいだろうし。
    デジタルデジタルデータ飛んだら一にしてパーだから、ある意味アナログより保存は困難を極めそう。

  • 172ななしのよっしん

    2021/10/28(木) 13:08:02 ID: DbFdhxpQGK

    >>171
    集英社小学館はどうか知らんが講談社(というかマガジン編集部)はアナログ原稿だった頃は返却してた(そっちで捨てといてくれ、という先生もかなりいたが)
    普通はある程度溜まったら返却か破棄、が近いかどうかで変わることが多い
    見開きやカラー広告や展示に使うことがあるから編集部の方で保管してたけど当然全部じゃない
    今は大手出版社なら社内で保管していた分の原稿の大半はデジタルアーカイブ化してるでしょ多分
    あ、もちろんこういうレス偽は自分で判断してください

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/07(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/07(火) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP