編集  

お家騒動単語

オイエソウドウ

お家騒動(おいえそうどう)とは、

  1. 江戸時代の大名における内紛。
  2. 1.に由来する、企業家族などの間で起きる内部抗争。

本項では1.について記述する。

概要

古来より、君とその一族、臣など、立場のある人物の勢抗争はしくなかった。
督を継ぎ、いよいよが世のが来たとはっちゃける無能な君無能な君を排斥して新たな君を立てを正そうとする忠臣、逆に君を傀儡化して実権を握しようとする佞臣、便乗してうまい汁を味わおうとする輩、障りな有者を排除して自らの権を強化せんとする君など、バリエーションは様々。
論それぞれの立場から騒動を見ると、また違ったものが見えてくる場合がある。これらは時代設定や登場人物の名前を変え、歌舞伎や講談の題材として取り上げられ、人口に膾している。

江戸時代以前でも、督争いや内紛は多かった。しかし往々にして血で血を洗う実行使によって解決が図られており、著名な所では足利氏の「観応の擾乱」、大友氏の「二階崩れの変」あたりが知られる。
しかし元和偃武により戦国の世が終わると、大名江戸幕府が定めた武諸法度に基づき、問題を解決せざるを得なくなったのである。仕方ないね

最もよく知られるのは以下の3つである。これを「三大お家騒動」と呼ぶことも。
......4つあるけど詳細は後述。

加賀騒動

加賀現在石川県加賀において勃発した騒動。

享保8年(1723年)、第五代前田綱紀の隠居に伴い、息子前田吉徳が第六代となる。
吉徳は自身の権を強化せんと考え、かねて気に入りの臣・大槻伝蔵を取り立てて重用、財政革に取り組んだ。しかし財政革は思うように効果を上げなかった。
にも関わらず、吉徳による大槻の厚遇は深まるばかり。これに不満を覚えた門閥保守臣の不満が募り、遂に吉徳の長男前田に対し、大槻を非難する弾劾状を差し出すまでに至った。

延享2年(1745年)、吉徳の死去を受けて宗が第七代となる。後ろを失った大槻は宗から居を命ぜられ、3年後には私財没収の上で越中五箇山に流刑となった。
しかし宗は病に倒れ、前田重煕が第八代となる。ところが延享5年(1748年)、・重煕および養浄珠院殺未遂事件が発生した。調の結果、女中の浅尾による犯行と判明し、厳しい詮議の結果、犯は吉徳の側室・如院である事が明らかとなる。更に如院の部屋を捜索すると、なんと大槻との不義密通を示す手紙が発見された。

寛延元年(1748年)9月、騒動を知った大槻居先で自害。翌年には禁固刑にあった浅尾と如院も誅殺され、その後も粛清が吹き荒れた。
ただし一説には加賀騒動は存在せず、大槻を佞臣に仕立て上げる為の陰謀だったという説もある。

後にこれを題材とした歌舞伎『加々見山廓写本』かがみやまくるわのききがき)人形浄瑠璃『加々見山旧錦絵』かがみやまこきょうのにしきえ)などが発表された。

伊達騒動

陸奥現在宮城県仙台において勃発した騒動。

仙台第三代伊達綱宗・政宗譲りの楽者として知られ、その遊は留まる所を知らなかった。叔父である一関伊達宗勝による諫言も聞き入れられず、遂に万治3年(1660年)、21歳の若さで強制的に隠居させられる。第四代には当時わずか2歳の嫡男・伊達綱村が就任する事となった。

……というのが前提で、別にこの辺りは騒動でも何でもない。
俗説では綱宗は吉原三浦屋の高尾太夫を身請けしようとして断られた為、縛り上げてるしりにしたという話もあるが、あくまでもそれは俗説とされている。多分。

かくしてとなった綱村だが、幼い事を理由とし、大伯父・宗勝や、奉行・奥山らが実権を握していた。これに便乗する形で台頭した奉行・原田原田甲斐は、自らに諫言してきた里見重勝嗣断絶に追い込むなど、専横を行った。
これに対し、宗勝と対立する伊達一門の伊達宗重は「自らの所領紛争において不利な裁定を下された」とし、宗勝の専横を幕府に上訴することとなった。

一方で寛文6(1666)年には当時8歳の綱村に対する殺未遂が発覚するなど、不穏な動きも記録されている。

寛文11年(1671年)、江戸表の老中・板倉重矩邸にて、伊達宗重、柴田(反宗勝)、原田(宗勝)らが審問を受ける事となる。一度は何事もなく終わり、二度の審議は大老・酒井忠清邸に場を移して行われた。
ところが柴田が審問を受けている最中、控え室で原田はやおら宗重を。戻ってきた柴田り合いとなり、互いに負傷。両者ともに混乱した酒井臣らに討ち取られるという、前代未聞の流血沙汰となってしまった。

関係者の死を受け、綱村は幼少の為お構いなしとされるが、事もあろうに大老の邸宅で傷に及んだ原田は断絶、一族の男子は皆殺しとなった。更に騒動の大元となった宗勝や後見人らも咎めは免れ得ず厳しい処罰を受け、一関易という極めて重い処分が下される事となった。

後にこれを題材とした歌舞伎伽羅先代萩』(めいぼくせんだいはぎ)や、小説『樅ノ木は残った』などが発表された。後者悪人とされてきた原田主人公で、幕府による取り潰しを阻止する為に命を賭けた忠臣として描いている。

黒田騒動

筑前現在福岡県福岡にて勃発した騒動。

福岡第二代黒田忠之は、「今世の張良」と称された祖黒田孝高黒田官兵衛)や、関ヶ原の戦いで第一功となった黒田長政とは異なり、狭量で粗暴な性格だった。長政は世継ぎとして相応しくないと考え、三男・長督を譲ろうとする。
この時忠之に送られた書状は「百姓になるか、関西で商人になるか、僧侶になるか」を迫る、大変厳しいものだった。しかし忠之の後見役・栗山栗山利章)は長政に対し、臣の子を集めて血判状を送ってまで忠之を擁護。この嘆願が受け入れられ、長政は栗山を後見役に頼むと、督を忠之に譲り死去した。

ところが忠之は就任々、譜代の臣団との間に轢を生じさせる。栗山は諫言をしたためた書を忠之に送るが、「深をしないように」など子供に向けたような内容であった為に忠之は激怒
忠之は栗山とも距離を置き、自らにおもねる臣のみを重用、更に太の世に逆行するかのように軍拡を行うなどの暴挙に出始めた。々にこれらの不行跡は幕府の知る所となり、咎めを受けるに至っている。

ここに至り栗山をくくり、寛永9年(1632年)に「忠之が幕府転覆を企てている」と幕府に上訴し、大騒ぎとなった。翌年、第三代将軍・が直々に双方のを聞いた上で裁きを下す。

まず忠之に対しては領地召し上げとし、直後に「祖の功により」福岡を安堵。この裏には徳川家康関ヶ原の戦いの後に長政に与えた「子々孫々まで罪を免除するお付き」の存在も大きく影している。
一方で「大は狂人である」とした黒田の言い分が通り、騒動の責を追って栗山陸奥預かりとなったが、同時に忠之が取り立てた側近・十太夫高野山に追放された。
この時栗山祖・黒田如水所用の兜を持参しており、これは現在でも盛岡市に所蔵されている。

他の二つのお家騒動とは異なり、幸い死者は出ていない。しかし大大名の治めるが危うくお取り潰しになる可性、最終的に将軍自らの裁定だった事などから、衝撃が大きい事件であった。

黒田騒動に関して、森鴎外小説栗山大膳』を発表。他にも滝沢小説滅ぶべし』、歌舞伎御伽譚博多新織』(おとぎばなしはかたのいまおり)など、この事件を題材とした作品が存在する。

仙石騒動

案外地味黒田騒動に代わり、三代お家騒動に数えられる事もあるため記述する。
現在兵庫県出石にて勃発した騒動。

第六代仙石政美の代、逼迫したの財政を立て直すべく革が始まる。筆頭家老仙石左(久寿)は人件費の削減、産業の振を掲げる一方、勝手方頭取家老仙石造(久恒)は質素倹約令を打ち出す。
政美は左を支持して権限を強化。これをかさに左は御用商人からの租税の値上げ、御用商人以外の締め出し、更には士の俸(給料)の一部を強制的に借り上げるなどの強硬策に打って出た。ところが成果が上がらず、更に士や商人から反発のが多数上がった為、左の政策は失敗と見なされて停止。代わって造が復権して、政を執る事となる。

しかし文政7年(1824年)、政美は参勤交代の途上で急病に倒れ、28歳の若さで病死。子がいなかった事から、隠居していた先代仙石久会議を開き、これに参加する為に左がまず江戸に赴いた。この時左が実子・仙石小太郎を同伴させた事で、後継として推すのではないかと考えた造は実酒匂兵衛江戸に遣わし、会議を監視させる。だが会議の結果、第七代は政美の幼い仙石久利に決まり、杞憂に終わった。

その後造の実権を握し、左は一転して疎んじられる事となった。だが臣の重用の偏りから諍いが起き、造と清兵衛が隠居を余儀なくされると、左はこれに乗じ一気に返り咲き。再びの財政の革に入り、更に小太郎に幕府筆頭老中・康任の姪を迎えた事で、盤石の体制となる。

の重臣は先々代・久に諫言するが聞き入れられず、かえって居・追放を命じられた。
追放された河野兵衛江戸に赴き、保4年(1833年)、久夫人・に上書を提出する。左の財政策によって江戸表で困窮した生活を送っていた彼女はこれを信じ、夫に訴えた為に瀬兵衛の上訴が発覚。領(幕府直轄地)に逃げた瀬兵衛は、左の追手に捕らえられた。本来領での捕縛には幕府の許諾が必要だったが、かねて左が懇意の康任によってもみ消され、更に瀬兵衛の協者・神谷危機感を覚えて出していた所を、のつてによって南町奉行所に捕縛される。

ところが、これがとんでもない悪手だった。

というのも神谷が身を寄せていた寺・普化宗一月は寺社奉行に対して「僧侶は寺社奉行の管轄下にあり、町奉行に捕縛の権限はなく違法である」と訴えたのである。かねてより幕府の護下にあり、普化宗の触頭(宗門のトップ)にして「関東本山」を称する古刹からの抗議には、視できない重みがあった。

訴えを聞いた寺社奉行・坂安董は、当時と権を争っていた老中・水野忠邦に事の成り行きを報告。水野を失脚させる為、両者は「が仙石を乗っ取ろうとしている」として第十一代将軍・に言上したのである。
更に常院は実家姫路邸に赴き、酒井忠学の妻にして斉の喜代にも事の次第を話していた。を経由して騒動の次第を知った斉は、騒動を裁定する為に評定所を開き、責任者に坂を任命する。1年後の保6年(1835年)、調取り調べの末に裁定が下された。

仙石左乗っ取りを企てたとして打ち首門となり、刑場に首をされた。左の子・小太郎は八丈へ流罪となり、途上で病死。その他多数の重臣が重罰を受け、左は壊滅した。
幼少を理由に、・久利に対する直接のお咎めはなかったが、これが原因で出石は5万8千石から3万石に減封という厳しい処分が下る。
老中・康任は失脚、隠居を余儀なくされ、神谷捕縛に加担した南町奉行・勘定奉行も不行跡を咎められて失脚。これにより水野忠邦が台頭、老中首座として保の革へと乗り出すが、それは別の話となる。
その後も出石には両の遺恨が残り、文久2年(1862年)に・久利による親政開始まで泥沼の政争が続いた。

現代のお家騒動

有名なところでは

などが挙げられる。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%8A%E5%AE%B6%E9%A8%92%E5%8B%95
ページ番号: 5535553 リビジョン番号: 2615070
読み:オイエソウドウ
初版作成日: 18/07/14 17:22 ◆ 最終更新日: 18/08/11 14:20
編集内容についての説明/コメント: 伊達騒動に毒殺未遂について加筆 文章を推敲
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

お家騒動について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2018/07/14(土) 18:18:27 ID: faaoKHeDwO
現代のお家騒動と言えば、記事に乗ってるの以外にもエニックスお家騒動とかもあるね。
2 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 06:02:13 ID: gRyqv2GtO4
角川お家騒動やらかしてるな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829