単語記事: 黒田官兵衛

編集

黒田官兵衛とは、日本戦国時代の人物である。諱は孝高(よしたか)。号は如で、キリスト教における洗礼名はシメオン歴史好きには、クロカンと呼ばれる事も。
小寺黒田職隆子に、福岡の初代となる黒田長政。 

リダクト用検索

ニコニコ動画 ニコニコ市場 pixiv

概要

小寺老から、羽柴秀吉の軍師にそして豊前中津一二万石の大名になっている。

清廉潔腹黒の人。
信長を裏切って籠した荒木村重を説得しようとして閉されたが決して裏切らなかった。
本能寺の変で動揺している秀吉下取りの好機と進言して秀吉に警されたとかしないとか・・・

一方で大阪城福岡等の縄りをした築名人であり、軍事も謀略も政治も出来るチート武将。

また、これぐらいの地位の武将ならいて当たり前の側室がおらず、さんが正室一人としい人物でもある。

2014年度の大河ドラマ軍師官兵衛』の主人公。なお黒田官兵衛役はV6岡田准一が務めている。

生涯

小寺家家老

文15年11月29日(1546年12月22日)、姫路生まれ。1562年に小寺政職の近習となった。このとき姓を小寺と名乗っていたが、小寺政職より名乗りを許されていたことによる。
1567年に督を受け継ぎ、小寺老と姫路城代となり、正室として(てる)を迎えた。

1564年、浦上清宗ぐが、結婚式当日に赤松政秀に襲撃され、命を落としてしまう。1569年には赤松政秀姫路城3000の兵で襲撃、これをたった300の兵で奇襲を繰り返すことで撃退、のちに政秀は浦上清宗叔父浦上宗景に攻められ降伏した。

その後播磨は西に毛利、東に織田に挟まれることとなったが、官兵衛は才のある織田信長につくことを提案、1575年に信長に謁見し、臣従することとなる。1577年には嫡男の寿丸(黒田長政)を人質として織田に出す。
その後羽柴秀吉が播磨へ進駐させられると、官兵衛姫路城を差しだし、秀吉の軍師として従うようになる。

1578年に織田臣、荒木村重が離反して毛利につくと、君の小寺政職も呼応しようとした。そのため、村重を説得するために有岡城に入るが、逆に閉され1年間を土で過ごすこととなる。
これに対して信長は、村重とともに裏切ったとして、子の長政を処刑しようとするが、竹中半兵衛(重治)の説得によって免れた。
翌年に織田軍は村重を破って有岡城を攻め落とし、そのときに官兵衛は救出された。すでに小寺織田によって討伐されたことで、姓を黒田めた。その後信長から1万石を与えられて正式な織田臣となった。

織田家家臣、軍師

1581年より、本格的な毛利攻めにおいて秀吉の軍師として帯同、鳥取へは兵糧攻めで3ヶで降伏させることに成功、翌年には備中高松攻略する際に攻めを行った。その際、舟に土嚢を積んたのちに沈めさせることで防を作りせき止めるアイデアを出した。

しかしその最中、信長京都明智光秀に討たれた(本能寺の変)ことが伝わった。秀吉orzと打ちひしがれていたが、官兵衛秀吉に対して毛利と和を結び、急いで光秀を討つべきとアドバイスを行った。秀吉はたった10日で山城に到達(中国大返し)、山崎の戦いで光秀を破った。

豊臣家家臣、軍師

1583年には、落した安土城に代わる拠点として大坂城の築に携わる。その年に信長の実質的後継者争いであった賤ヶ岳の戦いにも参戦する。
1584年には毛利を臣従させることに成功し、さらには紀州の根来衆、雑賀衆と結託した長宗我部を退けた。このころ、キリスト教に入信、洗礼を受けたとされる。
1585年には、宇喜多秀家による四国攻めに軍師として参戦、おとり作戦を見抜くなどして貢献、長宗我部の降伏に至った。翌年には大友宗麟の要請による九州征伐の軍師として参戦、毛利らの大軍勢とともに、九州の大半をらげていた島津を打倒、降伏させた。
これにより、官兵衛は豊前の大半を所領とし12万石を与えられた。その際に居として中津を築した。 

1589年、君の秀吉から下を取られる疑いをかけられるようになり、半ば失望した官兵衛督を長政に譲り、隠居した。その際に如の号を名乗るようになった。しかしその後も秀吉の軍師として務めている。
翌年の北条への小田原征伐においては、着状態の中で北条無血開城への説得にあたり、彼らを降伏させた。秀吉下統一において、如は多くの戦いなどで貢献している。

1592年、秀吉は明の制覇をし、朝鮮へと出兵し、如、長政の親子も参戦する。その際、石田三成と確執が生まれ、それに秀吉が怒ったことで、如は出した(すでにキリスト教の禁止令が出されている)。
慶長の役(1597年)においては多くの被が出たことで戦線の縮小を提案したが、好戦秀吉に進言して叱責を買ってしまった。その最中、秀吉が死去した。

関ヶ原の戦い

1600年の関ヶ原の戦いにおいては、如と長政は徳川家康(東軍)方につき、長政は前線で活躍した。
一方で中津にいた如だったが、の再めて大友義統が石田三成(西軍)方について挙兵、如はこれに対抗して石垣原の戦いで破った。
東軍の勝利が伝わると、西軍方についていた九州の大名、武将を次々と征伐し、島津へと攻め入ろうとするが、家康との和議が成立し、撤退した。

その後、長政は筑前福岡37万石へ加増転封され、福岡を任せられるようになった。如にも加増の申し入れがあったが辞退し、本格的に隠居生活を始めた。

1604年に死去。享年59歳。

逸話

彼の為人をうかがい知る事ができるこのような逸話が存在する。

-関ヶ原の合戦で活躍した実の息子、長政に対して-

長政「上、家康殿が関ヶ原での勝利は私のおかげだと手を握って感謝をしてくれました。」
お前のもう片方の手はどうしてた?」
長政「何もしてませんが?」
いた手で家康を殺していれば黒田下になっていたのに・・・」
長政「・・・」

かしこの逸話は大正5年に出版された「黒田如水伝」が出所であり、それ以前の史料には一切登場していない また同書は「夢幻物語」という江戸中期に創作された書物を参考にしており、既に故人である利休と会をともにしているなどとしており、決してみに出来る資料ではいことを明記しておく。

ゲームにおける黒田官兵衛

信長の野望シリーズにおける能力

太閤立志伝

戦国無双

戦国無双3において参戦(CV:高塚正也)。

陰気なおっちゃん・・でもショタ軍師半兵衛より二歳下らしい。

戦国BASARA

戦国BASARA3において参戦(CV:小山力也)。

快なあんちゃん。自分を拘束していた鎖を武器に大暴れ。

戦国大戦

下に今こそ知らしめん、が智、が策を!」

Ver2.00豊臣で参戦。レアリティスーパーレアCV:立花慎之介

スペックは伏兵と豊持ちで6/10の2コス足軽、とまあまあ。
計略「破凰の謀」は日輪の妨形で、ゲージを3つ使用した大爛では士気6とは思えない低下になる。効果時間もかなり長い…がVer2.00Aでは他にもっとやばい豊臣武将が多数いたのと足軽自体の性が低かったため使用率は低かった。Ver2.00Bでは足軽の性も上方され、時間も長くなったため活躍が期待される。 
大河で取り上げられたこともあり専用群雄伝と計略も上方された。が相変わらず後方の範囲はい。 

とは言え時間は長いものの範囲がかなり物足りないため、裏回りに弱過ぎるのが最大の問題。

らが進むは、新しき戦、新しき支配!」

センゴクの姿としても登場している。SRとは違い伏兵がなくなった代わりに防柵、足軽になっている。
計略は竹中半兵衛の「今孔明の軍法」をもじった「今張良の軍法」。豊臣特徴の日輪計略である。

日輪の消費量と効果を受けた部隊の数によって効果が変動するというややこしい仕様だが、日輪を消費すれば効果は士気相応になる。特に3消費だと大名采配以上の武が上がって更に移動速度まで上がる。自分は範囲に入らないがそれは二連打可ということでもあり爆発秀吉の「日輪の下人」に匹敵する。士気全部使うけど。

ver2.1にて戦数奇で1枚追加。計略「飛」は逆計の采配である。
効果そのものは破格だが逆計であるが故に自発的には撃てないのであまり見かけない。 

が知謀、全てをこの刹那に…!」

Ver3.0では黒田如水と名を変えた後の姿で登場。ちなみに種別は武断だが特技:忠は持っていない。
スペック織田竹中半兵衛と武・統率・コストが同じ。兵種はだが。特技も3つあるのは同じだが、こちらも伏兵は持っていない。攻・魅を持っているのも同じである。

計略「の軍法」も何となく半兵衛の「今孔明の軍法」と似たような仕様になっている。あちらより今孔明元ネタである諸葛亮の「八卦の法」に似ている。 計略台詞も半兵衛にそっくり。

が1部隊なら武が上がり兵が上限をえて回復、2部隊なら武と移動速度が上がり敵を倒すとその武将の忠度が上がる。3部隊以上なら武と攻速度が上がる。自分は範囲外なので2度がけ可

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%BB%92%E7%94%B0%E5%AE%98%E5%85%B5%E8%A1%9B
ページ番号: 1448994 リビジョン番号: 2211809
読み:クロダカンベエ
初版作成日: 09/02/16 18:04 ◆ 最終更新日: 15/05/29 20:38
編集内容についての説明/コメント: 軍師官兵衛放映終了なので書き換え
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


♪黒田官兵衛 苦笑い~

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

黒田官兵衛について語るスレ

122 : ななしのよっしん :2015/06/29(月) 18:54:11 ID: 2H+NUkf2ym
戦術レベルでの作戦参謀=幕僚は秀吉下にも大量にいただろうけど、近代以前の日本に戦略って果たしていたのだろうかと思うことがある
いたとしてもそれは大名本人の役割だったかも知れないね
朝鮮征伐の際に明の官吏が書いてるけど「倭人は戦も組まず大将本人が先頭になって突っ込んでくる」と驚いてる(困惑してる?)。良くも悪くも独断専行タイプ戦国大名の理想の君像だったんじゃないかな。
123 : ななしのよっしん :2015/08/16(日) 00:38:56 ID: MVtZ1ITjea
>>122
もっと時代が古い楠木正成でも孫氏をかなり忠実にやってる戦略といえると思う。
まあ地位が低いから軍事専門で国家運営というタイプではないのだが、勝ち負けの損益計算が色濃く見える辺りは現代にも通じるセンス
124 : ななしのよっしん :2015/08/31(月) 00:35:46 ID: MLAIp5h9R/
>>122
大将先頭で突っ込みたがるってまんまクロカン息子NGMS君じゃないか

あれ?そういや彼、朝鮮出兵にもしっかり従軍してたような……はは、まさかね…
125 : ななしのよっしん :2015/09/02(水) 10:23:56 ID: 2H+NUkf2ym
>>123
確かに太平記なんかに記述された正成像は、常に終始を見通した視野の大きな人だね。それでいて本人はあくまで天皇の一臣として障を終えているから、純に軍略と言えるかも

>>124
日本でも孫子形についての知識は広まっていたとは言え、数千年かけて戦=を洗練させてきたシナとはやはり戦のスタイルは違ったみたいね
と言うか官僚(文官)が戦闘の指揮官もやり武官は基本的には下っ端な文化である明(に限らずシナ)軍と、己の武功で成り上がってきた連中が揮してる戦武将たちでは、どちらが有効かはともかくそりゃ戦い方も変わるよね
126 : ななしのよっしん :2015/10/24(土) 11:18:53 ID: 4OGes6qK53
明に限らず中国歴代王の軍隊は各軍閥の将に言葉も文化も違う地域から集められた兵士たちを付けて構成されていた
当然だが統一行動は困難で士気は低く規を保つのも難しい
そこで楽器や旗や督戦隊を使って軍隊を動かす戦法が日本よりも発達した
形については、そもそもに兵を組み込まないと彼らは戦ってくれなかったので必要から生まれた
つまり日本中国では将にめられる資質が違っていた
127 : ななしのよっしん :2015/10/28(水) 11:22:33 ID: VwwcWF89gb
んーそんなに難しく考える必要もない

単に戦期の一番には相当な戦功が与えられてて
将官であっても類に漏れないという話
128 : ななしのよっしん :2015/11/26(木) 12:43:40 ID: VwwcWF89gb
あと長政、島津など新参や武功加藤などは、この外征しか出世のチャンスがないからね
命懸けで奮戦しなきゃいけない理由がある

対して長政パパのように十分に出世を見てきた者や
小西石田のような治世にとっては外征なんかはどうでもいい話で、その温度差は相当なもんだろう

なので戦術々というよりも、武功最後の出世チャンスの意味合いが強いので単騎にしてもそうならざるを得ないと言うこと

129 : ななしのよっしん :2016/04/24(日) 00:15:17 ID: 4udkbgCsqD
・・・あれ?長浜はどこに関わりが
130 : ななしのよっしん :2016/04/29(金) 19:28:20 ID: VwwcWF89gb
長浜勢は出征中に検地で官僚制を強化したり、附を送ったりしている。
出征ガチ勢は留守中に領内に重税が課せられてたり、附に色々言われたりで、その後の関ヶ原まで行ってしまう。
その温度差は相当なモンじゃないかな。
131 : ななしのよっしん :2016/08/26(金) 06:50:29 ID: xuamiQ0j2D
秀吉クロカンいささか頭が切れ過ぎとる」
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015