単語記事: 徳田毅

編集  

徳田毅とは、日本政治家である。元衆議院議員鹿児島2区選出、当選3回)。所属(元自民党)。

概要

日本における二大病院グループの一つ「徳グループ」の創設者であり、衆議院議員を4期務めた医師徳田虎雄の次男。虎雄の子供たちは大半が医師に進んだが、毅は医学部に進学せず、政治家としての・虎雄に秘書として仕え、虎雄の引退後にその政治的地盤を引き継いだ。

虎雄は選挙区事情や日本医師会との対立か保守独立としての活動を余儀なくされたが、毅は初当選後の2006年自民党へ入党。以後は虎雄が築いた強固な地盤と徳グループの資・集票、加えて自民党鹿児島県連の組織背景選挙で圧勝を重ね、順満帆な政治家人生を歩むものと思われていた。

ところが2012年頃に表面化した徳グループの内部抗争をきっかけに、過去の泥酔姦事件や徳グループぐるみでの大規模な選挙違反疑惑などの不祥事が次々に浮上。翌2013年11月自民党からの離党を余儀なくされると、2014年2月には遂に議員辞職へと追い込まれた。

経歴

学生時代

1971年5月30日徳田虎雄の次男として大阪府八尾に生まれる。小学校までは徳会の活動拠点である大阪で過ごしたが、虎雄が生まれ故郷の徳之を含む奄美からの政界進出をすようになると毅も転居。奄美大島中学校を経て鹿児島市内にある私立鹿児島高校へと進学した。

この間虎雄は衆院奄美選挙区(定数1)で自民党現職の保治と戦を繰り広げ(保徳戦争)、両営は補者の尾行や選挙事務所への見り小屋設置、中傷脅迫、買収などありとあらゆる選挙違反に手を染めていった。奄美日本一汚い選挙区と揶揄され、民の間にも深刻な裂をもたらすことになった[1]

1990年2月総選挙で虎雄は遂に保を破り、悲願の初当選を果たす。一方同年3月高校卒業した毅は受験に失敗、とは逆に浪人生活へと突入した。二浪で大阪大学医学部に合格した虎雄を始め、徳田では多浪して医学部に進む人間が多かったが、毅はそのを選ばず、翌年帝京大学法学部入学した。

虎雄は1993年総選挙で再選を果たすと、翌1994年には保守系新党「自由連合」を結成。小政党ながら自民党と統一会を組み、村山改造内閣沖縄開発政務次官に起用されるなど、政界で確実な地歩を築いていった。毅は結局大学中退し、1995年から選挙事務所秘書として働き始めた。

秘書から議員へ

選挙区制導入により鹿児島2区に転じた虎雄は、1996年総選挙自民党園田に敗れ落選。続く2000年2003年総選挙では園田を相手に連勝を収めたが、自らが代表を務める自由連合は泡政党に転落し、政界への影も次第に失われていった。

更に2002年に進行性の難病・筋萎縮性側索硬化症ALS)を発症し、4選後の2004年頃にはもはや国会への登院すら出来なくなるほど健康状態が悪化していた。こうした状況を受け、2005年8月衆議院解散を機に虎雄は政界引退を表明。毅が後継者として翌総選挙に出する運びとなった。

毅は自由連合認ではなく所属での出を選択、さらに自民認の園田に対抗するため民主党推薦を得て選挙に臨んだ。あいにく選挙では民主党に逆が吹き、前回総選挙での虎雄の得票より1万票ほど票が減りしてしまったものの、所属で強行出した自民党県議の打越明園田自民票を喰い合って共倒れを起こしたため、漁夫の利を得る形で初当選を飾った。

なお初当選前の2003年5月に徳グループのケアハウスで働いていた女性結婚結婚式では亀井静香が媒酌人を務め、野中広務や石原慎太郎などの大物政治家も列席した。その一方で結婚直後の2004年2月には、泥酔した未成年女性ホテルに連れ込み、理やりセックスに及ぶという事件を起こしている(後述)。

自民党入党

当選後、虎雄に代わって自由連合代表に就任。その後は次第に自民党への接近姿勢を強め、2006年9月の首班選挙自民党安倍晋三総裁に投票したほか、補欠選挙や地方選挙でも自民補の支援に努めた。そして同年11月には代表職を虎雄に返上した上で自由連合を離党、自民党への入党願を提出するに至る。

に執行された沖縄県知事選では右統一補の仲井多と左統一補の糸数慶子がしく競り合っており、自由連合沖縄糸数推薦を出していた。ところが毅は仲井支持を明言し、沖縄に十数の医療施設を抱える徳グループの関連票は仲井に流れた。投票の結果、仲井糸数を抑えて当選を果たした。

この功績が高く評価され、翌12月20日付で毅の自民党入党が認められた。ライバルだった園田鹿児島2区からの出を諦めて毅の応援に回り、もう一人のライバルである打越は民主党に移籍して毅と対決するを選んだ。こうして毅はが遂に手に入れられなかった右統一補としての地位を獲得した。ちなみに一応2005年当選組ということで小泉チルドレンらが結成したグループ83会」にも加入している。

なお秘書時代の2005年4月から帝京大学法学部に再入学していたが、自民党入党後の2007年3月に再び退学。結局最終学歴帝京大学法学部中退に収まった。

快進撃の陰で

虎雄が築いた強固な地盤に加えて保守鹿児島自民票を手に入れた毅にもはや敵はなかった。自民党に強な逆が吹いた2009年総選挙でさえ民主認の打越を大差で破り、順下で迎えた2012年総選挙では打越にダブルスコアを付けて勝。その強さは安倍首相から「自民党ホープ日本ホープ。とにかく選挙に強い」と賞を受け、岸田文雄外相をして「集も集票も私よりずっと上だ」と脱帽させるほどだった[2]

だが毅の快進撃を支えてきた徳グループでは深刻な内部対立が生じつつあった。病状の悪化に伴い虎雄の統率が衰える中、長年に渡り病院経営と政党運営の両面で虎雄を支え続けた心の部下・専務理事と、虎雄の妻である秀子副理事長ら徳田ファミリーグループ運営導権を巡って対立するようになったのである。

2012年9月、秀子副理事長らは「グループを不正に私物化した」として宗を解雇。対する宗は83ページに渡る聴聞回答書を作成し、その中で徳グループ自由連合による裏作りや暴力団との癒着、組織的な選挙違反の実態、そして後述する毅による泥酔姦事件とその後処理の内容などを裸々にった[3][4]。この文書がマスコミや捜機関にリークされたことにより、徳グループと毅は深刻なダメージを被ることになる。

政治生命の危機

2013年に入ると複数のスキャンダルが毅を襲った。このうち特に深刻な打撃を与えたのは泥酔姦事件と組織的選挙違反の2つであり、これらはいずれも宗文書のリークによって発覚したものであった。

成年女性泥酔姦淫事件
秘書時代の2004年2月、知り合いの交際相手である未成年女性を食事に誘った毅は、泥酔状態になった女性ホテルの一室に連れ込み、泣きながら拒絶する女性を脱がせて2度に渡り姦淫に及んだという[5]。なお毅は前年5月現在の夫人と結婚したばかりだった。
後に女性から起こされた民事訴訟の場では、飲を勧めてはおらずセックスも合意の上だったとしたものの、最終的に女性側に謝罪し、女性と交際相手の男性に各500万円を支払う条件で和解が成立した。この和解のうち毅が支払ったのは200万円のみで、残りは徳グループが肩代わりした。同グループからの補助や税の減免措置を受けており、間接的に民の税が毅のセックストラブルの解決に使われた形となった。
事件の秘匿が和解条件とされたため長らく明るみに出てこなかったが、当時事件の処理に奔走した宗が前述の文書でこれを暴露したためマスコミに発覚、報道前に先手を打って交政務官を辞任する羽に陥った[6]
グループ選挙違反事件
2012年総選挙やそれ以前の総選挙において、各地で勤務する徳グループの職員や看護師ら数人を欠勤させ、選挙運動要員として鹿児島2区に派遣した上で、欠勤期間中の給与を賞与の形で支払っていたことが発覚。選法が禁じる運動員買収[7]を組織的に行ったものとして、東京地検特捜部が捜に乗り出した[8]
運動員買収自体は格別しいものではなく、また徳田営の選挙違反は保徳戦争の時代から暗黙の了解として地元民に知られていたため、泥酔姦事件にべるとイメージダウンの要素は小さいと見られている。
ただ運動員買収罪は連座制の適用を受けるため、毅の議員失職や公民権停止にまで繋がる可性も少なくない。また徳グループぐるみの犯罪ということから、グループへの補助や各種優遇措置が止されるおそれも出てきており、毅の政治的基盤に対するダメージは泥酔姦事件以上に深刻なものになりつつある。

おこの2件以外にも回献疑惑[9]政治収支報告書への記載漏れ[10]などが摘されている。

また徳グループと毅を巡る不祥事の掘り起こしが進められた結果、猪瀬直樹東京都知事に対する贈収賄疑惑という思わぬ副産物も発見され、瀬は毅よりも先に辞任に追い込まれることになった。

自民党離党、議員辞職

選挙違反事件に対する捜はその後も進み、選法違反容疑で毅の2人が逮捕されるに至る。補者の兄弟姉妹は連座制の適用対であるため[11]彼女らが有罪となった場合は毅の当選効となり、鹿児島2区からの出を最長で5年間禁止されることになる。

事態の進展と共に高まる自民党内からの離党圧に抗しきれなくなった毅は、らが逮捕された翌日の11月13日に離党届を提出、翌14日付で正式に離党が許可された。ただ除名処分はどうにか免れ、ほとぼりが冷めた後の復党・復権に一縷の望みを繋ぐことになった。

後にらは次々に容疑を認め謝罪。これにより毅の当選効は避けられない情勢となったため、翌2014年2月24日に議員辞職を表明した。後に別の地域宰者の有罪確定に伴い連座制の適用も確定し、鹿児島2区からの立補を今後5年間禁止される運びとなった。

ネット上での評判

ネット上の政治論壇で多数見られる右翼的なレス右翼的なネットユーザーからの毅に対する評価は、一連の不祥事が発覚するまではまずまずといったところだった。

当初は宏池会、分裂後は有隣会といずれも中道閥に所属していることからもわかるように、格別右色が強いわけではないものの、改憲集団的自衛権の行使に賛成していること、靖国神社に参拝していること、外国人参政権TPPに反対していること、安倍首相が率いる創生「日本」に参加していることなどを評価され、まとめサイトの「国民が知らない反日の実態」では「愛国度B」[12]、議員・補者評価に特化した同種のサイト選挙前.com」では「愛国ポイント+6[13](泥酔姦事件発覚後は+5)[14]」とある程度好意的に紹介されていた。



また野党からの批判に対しては、民主党細野豪志幹事長(当時)が以前アナウンサー山本モナと不倫関係にあったことに着し、「モナ男細野蔑称)はどうなんだよ」と揶揄するなど、批判の矛先を転じる方向での努も続けられた(右動画参照)。

なおTwitter上でも同様の論調が見られたが、こうしたを上げたTwitterユーザー(特にいわゆる「日の丸クラスタ」)の過去の発言を調べたところ、民主党議員による同種の不祥事には一転して厳しい批判を加えているケースが多いことが明らかになり、ダブルスタンダードではないかと物議を醸した[15]

同様に選挙違反事件に関しても当初は「日教組や自治労の方がもっと酷い選挙違反をしている」「こいつより山本太郎選挙違反の疑いがある左系議員)を逮捕しろ」といった消極的擁護の立っていたが、一年間に二度も三度不祥事を起こして安倍自民党の足を引っる醜態に堪袋の緒が切れたか、やがて「こいつをさっさと除名して自民党の廉潔性をアピールすべきだ」とのが多数を占めるようになっていった。

一方、毅がTPPに反対していたことや、2011年4月民主党政権批判の一環として福島における放射能汚染の深刻性をアピールするブログを書いていたことから[16]、一部の反TPPや脱原発が謀略説をし、毅や徳会を擁護しようとする動きを見せていた。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *asahi.com(朝日新聞社):〈決 09衆院選〉激戦区ルポ・鹿児島2区 保徳戦争の影、消えず - 2009総選挙
  2. *【父子の野望 「徳田王国」の実像(上)】政界の中枢へ 集金・集票部隊 フル回転+(1/3ページ) - MSN産経ニュース
  3. *「徳洲会=旧自由連合」スキャンダルの背後にある「徳田ファミリー vs すべてを知る男」の血みどろの戦い  | 伊藤博敏「ニュースの深層」 | 現代ビジネス [講談社]
  4. *弱体化した東京地検特捜部が「徳洲会」を公職選挙法違反で強制捜査した理由  | 伊藤博敏「ニュースの深層」 | 現代ビジネス [講談社]
  5. *なお酩酊により抵抗できなくなった女性をその意に反して姦淫する行為は準強姦罪刑法178条2項)を構成し、暴行や脅迫によって抵抗できなくなった女性を姦淫する強姦罪と同列の扱いを受ける。
  6. *週刊新潮2013年2月14日号「順安倍内閣』最初の一大スキャンダル!懲役5年の『内被告』と同じの『土交通政務官』 『徳田毅代議士』が慰謝料1000万円の『未成年女性』泥酔姦淫」
  7. *選挙2211号。報酬を支払って選挙運動員を雇うことを認めた場合、経済のある補が人戦術で有利な選挙戦を行えるようになり、選挙を招くという理由から規制されている。
  8. *徳洲会についにメス、特捜部が家宅捜索 | 産業・業界 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト
  9. *朝日新聞デジタル:徳田前政務官に迂回寄付か 政党支部経由し2千万円 - 社会
  10. *【徳洲会選挙違反容疑】秘書給与をグループ企業が負担 徳田毅議員 規制法違反か+(1/2ページ) - MSN産経ニュース
  11. *選挙251条の2、1項4号
  12. *国民が知らない反日の実態 - 愛国議員:自民衆3
  13. *自由民主党 徳田毅 鹿児島2区 選挙前.com(2013年1月19日時点のアーカイブ)
  14. *自由民主党 徳田毅 鹿児島2区 選挙前.com
  15. *徳田毅氏の強姦疑惑に見るネット民の反応ビフォー⇒アフター - Togetter
  16. *避難区域の苦悩|衆議院議員 徳田たけし オフィシャルブログ Powered by Ameba

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%BE%B3%E7%94%B0%E6%AF%85
ページ番号: 5146810 リビジョン番号: 2372759
読み:トクダタケシ
初版作成日: 13/09/25 00:56 ◆ 最終更新日: 16/06/14 20:01
編集内容についての説明/コメント: 「ネット上の評判」ソースのない独自研究憶測レッテル貼りを一部修正削除、過去あちこちで同様の問題(こじつけなど)起こしたこと考慮
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

徳田毅について語るスレ

4 : 削除しました :削除しました ID: HElWEct6tE
削除しました
5 : ななしのよっしん :2013/12/04(水) 14:04:32 ID: x5+CJA/GXE
父親阪大医学部なのにこいつは帝京非医中退かよ
虎雄はここまでのドラ息子をなんで後継者に選んだんだろう
6 : ななしのよっしん :2013/12/04(水) 14:16:14 ID: xlmYmKJMxs
会の記事も書いてほしい。
植木ご都合主義な記事を塗り替えるようなのを頼む。
会マネーの流れが手にとるように分かるのが希望
自民だけじゃなく元大物知事にも億単位で流れていたそうな。
7 : ななしのよっしん :2013/12/16(月) 06:18:05 ID: 6sqezoz+TL
まぁ自民党にしては安倍晋三よりまともないい議員だったよ
8 : ななしのよっしん :2013/12/19(木) 19:18:37 ID: JSVwJVNckK
徳田毅 2浪 Fラン 2留 中退 事務所秘書 強姦
良い小学校入学させられ、挫折したのが人生が狂い始めた所か?
Fラン大学2留ってのは授業も出ずに遊んでいたとしか思えない。
中退後は就職活動もせずに事務所に入れてもらい、
の地盤を引き継ぎろくに苦労もせずに当選か。
9 : ななしのよっしん :2014/01/17(金) 13:33:16 ID: w0r31+II8H
虎雄の息子自民に入ってたのがまず驚いたわ
虎雄にとって自民の後援組織の日本医師会は宿敵の間柄だったからな
10 : ななしのよっしん :2014/04/07(月) 12:50:59 ID: nLdzHxKbu8
もはや過去ドラ息子
だが次の選挙ではまたあっさり再選したりするんだろうな
日本民主主義なんてそんなもん
11 : 名無しさん :2014/06/30(月) 21:57:58 ID: l7ZErgJ8pp
極楽山本と全く同じ未成年レイプ事件起こしたのに、コッソリ政務官辞めただけでお咎めしについては死んでも忘れない
12 : ななしのよっしん :2014/07/20(日) 18:22:38 ID: 5sJOfcl42Z
一党独裁だと不祥事発覚しても支配体制が揺らがないから油断して腐敗するってのは理解出来る
その一方民主主義なら政治家の汚職が支持率低下と政権交代に繋がる訳だから腐敗しづらい、、、

にも拘らず民主主義な体制でも権者って腐敗するんだよなあ
この徳田毅だけじゃなくて自民党とゼネコンの癒着も昔から変わってないし、、、
13 : ななしのよっしん :2017/09/18(月) 02:22:48 ID: d0WZzR5oAw
親も遵法精皆無だし、血だな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829