ウラジーミル・ナボコフ単語

ウラジーミルナボコフ

ウラジーミル・ナボコフ(Vladimir Vladimirovich Nabokov)とは、ロシア出身の小説家である。
また作、翻訳チェス問題の製作昆虫の研究なども手がけた。

ロリータ・コンプレックスとなった小説ロリータ」の作者として、世界的な知名度を得ている。

略歴

帝政ロシアサンクトペテルブルク生まれ。
1919年、革命の勃発に伴い家族とともに亡命。西欧教育を受ける。
1945年アメリカ市民権を取得。
1955年小説ロリータ」を発表。
1959年スイスに移住。
1977年没。

小説「ロリータ」

アメリカに亡命した中年の文学者「ハンバート」が、下宿先の美少女「ドロレス・ヘイズ」(称ロー、またはロリータ)にをし、篭絡し、破滅していく様子を描いた作品。小説ハンバートが中書き残した「手記」という形式をとっている。
後にスタンリー・キューブリック監督映画化された。

ロリータ」はそのセンセーショナルな内容からいくつかの出版社に出版を断られ、結局はフランスで出版された。
保守的な倫理がいまだに幅を利かせていた1955年当時、少女を正面から描いた「ロリータ」が社会に与えた衝撃は大きく、その後「ロリータ」は「ロリータ・コンプレックス」をはじめ様々な概念・用生していくこととなる。

小説としての「ロリータ」は最初は独特の複雑な言い回しにとっつきにくさを感じるが、読みなれてくると何回で婉曲な表現のうちに特有の妄執とフェティシズムが浮かび上がってくる。
その的な生々しさは、々が知る二次元フィルタを通した「ロリコン」とは一線を画すものと言えよう。

また「ロ、ロリなんて興味ないんだからなっ!!」という人のためには、
「中年のハンバートをヨーロッパに、若いロリータアメリカに置き換えて、文化的対立のメタファーとして読む」
という逃げも残してくれている。
まことにナボコフ先生は偉大である。

その他の著作

詳細な作品リストウィキペディア当該項目を参照されたし。
近隣の図書館で「ロシア文学」の棚を探せば見つかることも多いだろう。

また、ナボコフは「ロリータ」に先立つ1939年に構想した作品「魅惑者」において、既に思少女への妄執を吐露する中年男性というプロットを用いている。

関連動画

関連商品

現在日本では、翻訳の異なる二つの版が入手可である。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%9C%E3%82%B3%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウラジーミル・ナボコフ

19 削除しました
削除しました ID: uyzv2MSbE1
削除しました
20 削除しました
削除しました ID: uyzv2MSbE1
削除しました
21 ななしのよっしん
2010/08/16(月) 05:53:55 ID: mZ0byQ5AJK
冗談を冗談と見抜ける人じゃないと(掲示板を使うのは)難しいと思うよ(キリッ
…という冗談はさておき、別に解釈なんて人それぞれだからいいんじゃないの?
個人的には『幼女への』っていうよりも『純美しい者への』だと思ってるけど
それがハンバート氏の審美眼においてはたまた幼女だったってだけで

あと、誤解のいように言っとくがロリコン
22 ななしのよっしん
2010/11/27(土) 03:15:10 ID: tgnOKXv+K6
まあ元々はポルノ系の出版社から出されたものなんだけどね
そもそも最近の批評潮流のテクスト論的な読みからすればむしろ素直で正当な読み方の一つでしょ
作者の意図、エラ批評家の意見、一般的な言説などに縛られて一元的な読み方しかできない方がむしろ不幸なこと
23 ななしのよっしん
2011/02/07(月) 18:11:51 ID: ogC0Ayrrk1
うろ覚えだが、ナボコフ自身これはロリコン賛美ではないし
アメリカイギリスがどうたらこうたらではないって断言してなかったか
24 ななしのよっしん
2011/11/04(金) 23:01:44 ID: aAwZuTaEqx
やっぱ小説の解釈々って話は嫌いだ。
お前がそう思うんならそうなんだろ、お前の中ではな」ってことでいいだろ。何で他人の読み方を押し付けられなきゃならんのだ。

あとついでに言っておくがロリコンじゃない、たまたまあの子可愛い、守りたい」って思った相手がみんな自分より若かっただけだ。
25 ななしのよっしん
2011/11/11(金) 20:08:50 ID: l9+3w+zer+
>>15
月光文社から亀山訳の悪霊出るみたいですね。
亀山訳はあまり評判は良くないけど、まあ入門にはいいかも。
26 ななしのよっしん
2014/01/13(月) 15:36:37 ID: JusAaQ8olU
おっさん少女に惚れてもどうせ若い男に取られるよー」っていう話だと思えば
昨今の都合のいいロリ萌え作品とは逆なんじゃないか?
27 ななしのよっしん
2014/02/21(金) 00:51:56 ID: MqIK3XPj07
ロリータにおいて、
ハンバートは少年時にした少女が亡くなってしまったからこそ
少女(ニンフェット)に面影を重ねているという節がある
だから、ニンフェットという幻を追い駆けていたからこそ
ドロレスを見失ってしまったんだと思う
全てをっているナボコフ(=ヴィヴィアンダークブルーム)の
言葉に真実があると思うんだが、には難し過ぎた

ただ、ナボコフの作全般でのフロイ批判はおもしろい
偶に小便している最中にご加護の話を思い出してニヤニヤしてる
28 ななしのよっしん
2014/11/17(月) 14:25:00 ID: 7PuG2EhC3O
単純に双方のすれ違いの物語とも読める。
亡き人の面影を重ねたハンバートと父親の姿をめたドロレス
お互いにめるものが実体とかけ離れていたからこその悲劇だと思う。