ガラスの仮面単語

ガラスノカメン
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

ガラスの仮面』とは、マヤ恐ろしい子である。

概要

北島マヤ

美内すずえによる少女漫画1976年に「花とゆめ」(白泉社)で連載を開始し、作者宗教に傾倒してしまったために実質10年ほどの休載を挟んで現在も連載中の長寿漫画。単行本は既刊49巻(2013年3月現在)。

日本少女漫画を代表する作品のひとつ。連載が休みがちになった頃には、本作が掲載されているかいないかで「花とゆめ」の部数が大きく変わると言われていた。1997年に一度中断、2004年に7年ぶりの42巻が出た際には作中に携帯電話突然登場したことで大きな話題になった。その後、2008年から連載を再開している。

何の取り柄もない少女だった主人公北島マヤが、一線を退いたかつての大女優月影にその演劇の才を見いだされ、幻の作品「女」を演じるために役者として成長していく姿を描いたスポ根演劇漫画である。マヤライバルである天才少女姫川亜弓マヤながら支える正体不明(笑)の「紫のバラの人」ら個性的な登場人物たちが繰り広げる大河ドラマと言ってもいい。

マヤ…恐ろしい子…気迫るシーンにおいて多用されるキャラ白目になる描写や、月影名言「おそろしい子」、紫のバラの人などは他の作品でしばしばパロディネタにされる。またパントマイムシーンなどが面画像としてネット上に出回ることがある(確かにそこだけ切り取ればシュールだが、実際はギャグでもなんでもないシーンなので、その画像しか知らない人は是非通して読んでいただきたい)。

連載中盤ぐらいまでは「若物語」「嵐が丘」「奇跡の人」「真夏の夜の夢」など実在の作品が多く作中で演じられていたが、後半からはこの作品オリジナル舞台が多くなっている。

テレビアニメ化は1984年2005年の二度為されている。1984年版は全23話、2005年版は全51話。1998年にはOVA制作されている。また1997年1998年には安達演でテレビドラマ化された。ほか、舞台化も何度かなされており、作中の幻の作品「女」も新作として制作された。

関連動画

OP・ED

MADや手描きなど

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%BB%AE%E9%9D%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガラスの仮面

53 ななしのよっしん
2016/12/01(木) 09:00:53 ID: POwQw5mqgg
>>47
きちんと合法の年齢まで見守った源氏の鑑やぞ
54 ななしのよっしん
2016/12/21(水) 14:00:13 ID: ECUfEa9eOd
久々読み直したけどやっぱ面白いなぁ
盲目気味になったり織がヤンデレになったりして先が読めないから50巻出してくれ~
55 ななしのよっしん
2017/09/11(月) 02:47:15 ID: V7lNMEKOE9
こち亀ですら終わったのに
アラサー婆さん世代の漫画がいまだに続いてたことが恐ろしい子
56 ななしのよっしん
2018/05/27(日) 10:04:41 ID: ntDwdyz2aF
別冊花とゆめが休刊となり、ファンの間で移籍先が明らかにされずざわめきました。

美内先生がツィッターで、最終巻まで描き切ると明言。
今後、移籍先が気になるところです。
57 ななしのよっしん
2018/11/09(金) 02:43:49 ID: ReVzCktpKe
シオリはなんというか一面的に見れば被害者寄りだし、澄が見たように本来純で素敵な人なんだろうし、どうあがいても本質的にどうにもならない哀れな人ではあるんだが

読んでると可及的速やかに消えてくださいねって印が強まっていくから困る・・・面倒臭い・・・
58 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 02:44:56 ID: q4ipGy3VSH
なつぞら演劇部の描写でガラスの仮面思い出したわ
また読み直す
59 ななしのよっしん
2019/10/10(木) 22:46:56 ID: 7bGipmTqn4
やった

1997年放送のドラマガラスの仮面」がBSる、安達実・野際陽子ら出演
https://amp.natalie.mu/comic/news/351078exit
60 ななしのよっしん
2020/02/09(日) 10:51:41 ID: +K0OkIsMfF
>>42
むしろ姫川亜弓演劇以外でも自分のを見せるために努をし続けているんだよ
小学校時代の徒競走当たりのエピソードでね
それなのにオール5じゃなくて4も取ってしまうのがむしろおしさがあると思う
マヤに対して度々漏らす敗北感も努し続けた下地がある自分より、経験がたった1年でしかないのに本質を捉える事に優れる存在への恐れも含んでていいライバル

演技や表現、そしてヴィジュアル存在感マヤに対して5をとれても演技の本質で4
その4すら勝ちたいと思い努するのが姫川亜弓なんだ
61 ななしのよっしん
2020/05/21(木) 00:47:41 ID: TrGrBLJAQk
小学生の頃親が見てたのを横で眺めてた実写ドラマが強く印にある
シリアス場面で流れる曲がおどろおどろしい&焦燥感に駆られるのと
狼少女の稽古?オーディション?で雑巾を差し出され「これはだ。そのつもりで演じろ」みたいな場面ばかり記憶にあって
「なんか怖い」って印が付いてしまい未だそのままだ
んでめてネットに挙がってる画像見てみると月影先生原作そのまんまですげえな…美しいダム
62 ななしのよっしん
2020/05/21(木) 01:06:05 ID: mJct3Jwja2
ドラマは出来がいいけどマヤが「頑り屋さんな女の子」になってしまってたな
原作だと半分狂人みたいな子なのに