デスティニー・ドロー単語

デスティニードロー
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

デスティニー・ドローとは、

  1. TCGにおいて、ここぞという状況で最適なカードを引き当てること。特に劣勢の状況で逆転のキーカードを引き当てることに対して言われることが多い。デステニー・ドロー、ディスティニー・ドローといった表記ゆれのほか、トップデッキトップデック)、今引き、引きなど、いろいろな同義がある。本項で解説。
  2. 遊戯王OCGカードデステニー・ドロー」の誤表記。「ィ」が1つも入らないのが正しい。
    →「デステニー・ドロー」を参照。

概要

相手に追い詰められたとき、「ここであのカードが引ければ……あのカードさえ引ければ逆転できる!」という状況は結構多い。そのようなときに「あのカード」を引き当てるのがデスティニー・ドローである。
どのようなカードであるかはTCGの性質やそのときの状況によってまちまちだが、多くは相手の強クリーチャーなどを破壊する効果かそれを上回るパワーを持つカード、あるいはそれらを呼び寄せるためのサーチ、サルベージや更なるドローが行えるカードである。

ギリギリの状況から大逆転、というのはもが一度は憧れるものであり、これを成しえたときの達成感や喜びは計り知れないものがある。

しかし、いつも行き当たりばったりで一か八かのデスティニー・ドローではさすがに勝つのは難しい。できるならば、なるべくデスティニー・ドローをせずに済むように、バランスの取れたデッキを構築するように心がけたい。とはいえ、どれだけ優良なデッキを組もうとも、100%思い通りにドローして勝利するというのは不可能であり、よほどバランスの崩壊したTCGでもない限り極限まで追い詰められる状況は発生し得る。そのようなときに勝敗を決するのは、結局のところプレイヤーの運命なのだろう。

現実TCGそのものにおけるデスティニー・ドローは本当にプレイヤーの運命でしかないが、TCGを基にしたコンピュータゲームなどでは、ゲームシステムとしてデスティニー・ドローが組み込まれていることがある。
どのように組み込まれているかはゲームによってまちまちである。例としては、自分がピンチの状態(ライフポイントが少なくなる、など)になったときのドロー時に予め設定しておいたカードをドローできるといったもの[1]。中にはデッキに入れた覚えのないカードを引くなどという、現実TCGではルール違反としか思えないシステムであることもある。

destiny英:運命)のカタカナ表記のゆれによって、冒頭で述べたような表記ゆれが存在する。destinyの発音から考えると「デスティニー」が一番近い。

TCGの漫画・アニメにおいて

現実TCGにおいてはそうそう起きない(だからこそ憧れる)デスティニー・ドローであるが、TCGを中心とした漫画アニメなどとなると話が変わってくる。

そういった作品の主人公がいつも安定性の高いデッキを使って圧勝するというのはあまりにもつまらない。かといって、いつも敗で全く勝てないというのもこれまたつまらない(一度負けてリベンジという形を除く。また、設定としていつも負けているというものはあるが、それでも作中での重要な対戦ではきっちり勝つことが多い)。

では、どうするかとなれば、相手が強カードを出して主人公が追い詰められるが、ギリギリのところでデスティニー・ドローで逆転勝利、という形になる。こうなれば物語としても盛り上がるし、主人公の「追い詰められてもあきらめない不屈の精」という心の成長を描くこともできる。
また、作中の設定として、その対戦で負けると世界が消滅する、自身や仲間死亡するなど、どうあっても主人公が負けてはならない状況が作り出されていることも多く、その場合は絶対に勝つしかないのだが、かといってあっさり勝ってしまっては緊感がないので、上記のような逆転勝利が発生する。

いわゆる主人公補正の一種であり、TCG以外の作品における、追い詰められた主人公が突如覚醒する、といった状況に近いものであるといえる。
作品によって当たり前のように発生するものから、それを極抑えたものまで様々である。どちらが良くてどちらが悪いといったものではない。要はそれをどう演出するかだろう。

デスティニー・ドローのパターンにも色々あるが、多くは特に説明がないか、「カードを信じる心やデッキが答えてくれた」などとされることが多い。中には作中の設定として「(デッキ内の)望んだカードがドローできる」などとされたり、さらには不思議なによってデッキに加えた覚えのないカードをドローするなどという現実ではあり得ないものもある。
また、チームタッグでの対戦の場合や、仲間カードデッキに組み込んでいるような場合、「仲間を貸してくれた!」などとなることもある。


デッキにないカードを引くというのはいったん置いておいて)現実プレイヤーから見るととても真似できないような奇跡的なドローを連発することになるため、ご都合主義ともいえるが、やはり漫画アニメだからこその逆転劇も魅であり、このようなドローの存在自体が批判されることは少ない(繰り返しになるが、要は「どう魅せるか」だろう)。
チートドロー」、「積み込み」等と言われることもあるが、多くはネタとしてである(そのようなネタを好まない人がいることは考えねばならない)。


ただし、デッキに存在しないカードを引くというレベルになると少々話は変わってくる。
普通のデスティニー・ドローは、現実ではめったに起きないとはいえ可性はあるレベルであり、現実から逸脱しない範囲の出来事である。しかし、元々デッキにないカードを引くというのは現実ではあり得ないこと(ルール違反)であり、極端な言い方をすればゲームとして成り立っていないとすら言えてしまう。プレイヤーが知恵を絞って考え、築き上げたカードの集まりを持ち寄って戦うのがTCGなのだから。

そのため、このようなデッキにないカードを引くと言う展開については、通常のデスティニー・ドローよりも批判的意見が多くなりやすい。

一方で、バトルものにおける例を考えてみると、「主人公が土壇場で新技を習得する」という状況はしいものではない。デッキにないカードを引くとは、この技をカードに置き換えたものと考えることもできる。デッキにないカードを引くというのも、こういうバトルものの王道的展開の延長上にあると考えれば、そう違和感はないとも言える。

結局、こういった描写に対する評価は、受け手(読者/視聴者)がその漫画アニメに何をめているのか(カードゲームとしての戦略性や駆け引きを観たいのか、少年漫画的な熱い展開やキャラクターの成長などを観たいのか)によるところが大きく、一概にこういった要素だけで評価を決めるのは難しい。

関連動画

タグで動画検索 デステニードロー or デスティニードロー or ディスティニードローexit_nicovideo

現実におけるデスティニー・ドロー(トップデッキ)の様子。

ゲームシステムとしてのデスティニー・ドロー(の演出)。

関連商品

 

関連項目

脚注

  1. *遊☆戯☆王の「タッグフォースシリーズシステム名としては「ディスティニー」表記。この作品の場合、対戦相手もこのシステムを使用してくる。設定でON/OFFの切り替えが可なので、気に入らないならば切っておけばよい

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

デスティニー・ドロー

30 ななしのよっしん
2016/05/04(水) 13:18:03 ID: K+v5j6xa15
映画の地面からオベリスク引っこ抜いた社長デスティニー・ドローくっそ笑った
31 ななしのよっしん
2016/05/17(火) 16:10:24 ID: vxNdZyE40Q
十代「ルールを守って楽しくデュエル!」
32 ななしのよっしん
2016/06/30(木) 22:52:47 ID: Omn4JSCl04
デスティニードローをした上で負けたのってジムぐらいか?
33 ななしのよっしん
2017/01/02(月) 18:15:03 ID: 0Rq+Yqzdzv
デスティニードローよりもシャニングドローのほうがヤバイ
34 ななしのよっしん
2017/01/03(火) 02:29:56 ID: 4wLXD66xjs
シャニングドローが下手にウケたせいでスタッフ調子の乗った結果がご都合主義の極みアクションカード
35 ななしのよっしん
2017/04/15(土) 14:43:08 ID: EhyotJ3pn4
悪いのはスタッフでもシャイニングドローでもなく社会だぞ
36 ななしのよっしん
2018/04/19(木) 02:05:18 ID: emL6KZdC1b
闇獏良戦のオシリスが至高だと思うわ
37 ななしのよっしん
2018/05/03(木) 16:04:17 ID: RFgS8IalKS
遊戯王ルールって「お互いに相手のデッキシャッフル」なのか
「各自で自分のデッキシャッフル」なのかどっちだろう。
遊戯vsパンドラでは自分のデッキシャッフルだったが
没落貴族vs城之内では相手のデッキシャッフルだった。
大会ルールが相手のデッキシャッフルなだけで大会じゃない場合はどっちでも
いいのか。
38 削除しました
削除しました ID: 4a/pLRH1Lk
削除しました
39 ななしのよっしん
2020/06/15(月) 10:03:15 ID: yk5xs3ltKb
「手がる」って表現が一番好き

急上昇ワード

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

ぐらんぶる 手塚国光 米津玄師 山鳥毛(刀剣乱舞) 山本美月 hyde 瀬戸康史 事故物件