主人公補正単語

シュジンコウホセイ

なぜ死なないか教えてやろう
役だからだ

ニケ(魔法陣グルグル)

主人公補正とは、そのキャラクター主人公であることによって受けられる、さまざまな恩恵のことである。

概要

主人公補正と言われることが多いが、主人公が中心で物語を引っる「役」と同一である場合に強く働く補正のことでありどちらかと言えば「役補正」と言うほうが近いと思われる。

その定義については議論の的であるが、大まかに言えば
物語作者が、作劇の都合上、主人公を優遇する展開を描くこと」
である。多くの場合、読者視聴者が気に留めるほどのものではないが、デウス・エクス・マキナご都合主義に通じる概念であり、度が過ぎると好意を持って迎えられることはない。

主人公物語役であるとき、その物語主人公のために、主人公はその物語のために存在する。よって主人公が頑れず、あまつさえ死んだり諦めたりしてしまったりなどすると物語が進まなくなってしまう。しかるに、主人公は途中であきらめるわけにはいかず、並大抵のことでは死ぬことがあってはならない。

故に主人公物語を進行してもらうために、主人公に対して致命的な現が起こらず、また主人公に有利なことが起こりやすくなってしまう。これを主人公の特典であると考えたものが「主人公補正」である。

具体例を一つあげてみる。
とある現代を舞台にした物語で、主人公(を含めた数名)に温泉旅行をさせたかったとしよう。
ここで、例えば小具として福引きを登場させ、主人公(先述の通り、別に他のかでも良い)に福引きを引かせる。
するとどんなに確率が低かろうが、その人物は温泉旅行券を引き当てることになる。

この「福引きで当たりを引く」の部分が、いわゆる「主人公補正」と言えよう。

装甲騎兵ボトムズ主人公であるキリコ・キュービィーはこの主人公補正を逆手に取った設定の代表例である。
作中では「主人公は死なない」という部分を極端に掘り下げ、「異能生存体」 と呼ばれる何があっても死なない人間として主人公を中心に物語が進行している。

また主人公が高すぎる事をして主人公補正と呼ばれる向きもあるが、意見の分かれるところである。この辺りについてはメアリー・スーの項も参照されたい。

主人公補正の例

主人公補正の負の側面

上記においては主人公というのはいかに恵まれている存在かと思うがもちろん主人公補正がキャラにとってマイナスに働くことも多々ある。

主人公という時点で両親、兄弟姉妹もしくは尊敬する人に強死亡フラグがたってしまう、例え上記のような異をもって全で助けようとしてもこのフラグが勝ってしまうことが多い。

  • 困難な出来事について強制的な対峙

物語では様々な事件、強敵が存在するが主人公自体に立ち向かう意志はなく、むしろ避けたいと思っていても回避できず打ち破るまで解決できない事はよくある。他の人はうまく逃げれたのに自分だけをつけられたり変な運命を背負わされて嫌々困難な出来事に対峙することになる。

メタ的な視点になるが主人公が活躍する作品が世間から不評な評価を受けるとまるで自分がやらかしたみたいに消費者からバッシングを受けることがある。主人公がそれぞれ違うシリーズ物なら自分=その作品の擬人化みたいな扱いになり一人で不遇な扱いを受けたりキャラ自体貶められることもある。

主人公補正の逆説

 読者視点で見ると、確かに主人公を中心に都合よく物語が回っていることは多い。
しかし、例えば実在の偉人の伝記がそうであるように、主人公だから都合よく進んでいるのではなく、最後まで運と実でやり切ったからこそ数あるキャラの中から主人公に選ばれたという見方もできる。
それ以上に、全にがんばらない主人公はかなり少なく、多くの主人公が話の中心に立ったがためににぶち当たり、並々ならぬ努をし、自分の信念を貫き、仲間のために奔走しているわけで、主人公という立場に意地で立ち続けたことがそのを作ったとしても不思議ではない。
そして、何であれそこまでやり遂げたカッコよくないはずがい。

どんな人間でも行動すれば成長するわけで、所詮ご都合主義と言い切れない部分もある。

関連動画

フィクションの世界での主人公補正

動画の15:43あたりから

現実世界での主人公補正


※この物語主人公がここに至る苦難の過程も含める

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%BB%E4%BA%BA%E5%85%AC%E8%A3%9C%E6%AD%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

主人公補正

501 ななしのよっしん
2019/02/04(月) 14:42:07 ID: obGnItbqAU
何というかある程度のモラルと運を持ち合わせてないと発動しない印
主人公でもそれらがないとバッドエンドで終わる話が多い気がする
衛宮切嗣とか三日月・オーガスとか
502 3543
2019/02/13(水) 08:17:32 ID: 6EERnThmn/
その手の一線を越えた罪あるピカレスク的な主人公は、最後に死という形で完成する代物だし、終盤までは「罰」を受ける為に主人公補正で業を背負いつつ必ず生き残り続けるが、最後にその補正により逃れられない死が決定づけられてるタイプだろう。
503 ななしのよっしん
2019/04/04(木) 13:51:50 ID: 68pjyhvS9j
別に主人公に限定しなくても登場人物全員になんらかのの補正はかかってるよね
504 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 02:37:48 ID: 4pCmfUrgNf
このすば魔剣の人は典的な主人公補正を持ってない主人公っぽいキャラだと思う
505 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 13:24:23 ID: P9964GL2Pw
漫画キャプテンとか主人公補正どなくて負けて退場→次世代主人公バトンタッチが多かったなあ
506 ななしのよっしん
2019/06/12(水) 17:35:21 ID: cTgZpI/qFX
>>491
漫画と違って現実世界じゃ、不良捨て犬を拾うシーンを見たところでは芽生えないんですよ。残念ながら
507 ななしのよっしん
2019/06/26(水) 19:03:38 ID: qD+xwRNYKb
主人公補正が酷いなと思ったのは範刃牙
グラップラー時代は気にならなかったのに、オリバやピクルに勝つようになってから敵が弱体化してるようにしか見えなかった
508 ななしのよっしん
2019/07/17(水) 03:35:55 ID: YD/0gm6Pzj
ゾンビランドサガ源さくらちゃんはよく見ると結構主人公補正かかってるんだよね、普通の子っぽいようで歌とダンスの才があったりトラブルを機転と勢いで乗り切ったり
ただ展開や幸太郎のはちゃめちゃさ、周りの濃さなどで良い意味でそれを感じさせないのが凄い
509 ななしのよっしん
2019/07/31(水) 14:17:45 ID: 7NUJQ2L5wg
>>504
その人はもうかませ勇者とか言われるお約束的な存在だからね
新しい主人公像を立ち上げる時既存の主人公像の否定も同時に行っておく事が多い
酷いのだと王道主人公の性格を曲解された邪悪なキャラになってかませ化される
(女らせて敵は皆殺し、融通の利かない性格等)
>>506
評価される要素は持ってるけどそこまでか…?って評価が得られるのも主人公補正だな
いい事してるけど主人公に一生添い遂げたくなるくらい惚れるものか…?って
510 ななしのよっしん
2019/09/19(木) 16:18:43 ID: Cs39nDJxof
昭和ウルトラマン主人公時には活躍してた過去主人公
客演した時はかませ犬になるのを見て
小学生ながら物語主人公に見せ場を回すように出来てると感じたよ

急上昇ワード