ドラえもん のび太とふしぎ風使い単語

ドラエモンノビタトフシギカゼツカイ
2002年 2003年 2004年
のび太とロボット王国 のび太とふしぎ風使い のび太のワンニャン時空伝

『ドラえもん のび太とふしぎ風使い』とは、映画ドラえもんシリーズ第24作である。2003年3月8日開。同時上映は『Pa-Pa-Paムービー パーマン』。

題歌は『またあえる日まで』。作詞:アドベンチャーキャンプ子供たちと北川仁、作曲:北川仁、編曲:寺岡呼人・ゆず、歌:ゆず

概要

映画ドラえもん第24作、大長編ドラえもんとしては第23作となる作品。本作は『のび太の大魔境』と同様に、地球上に存在する秘舞台になっている。違いは本作に登場する「の村」の場所は明かされていないことである。なお村に住む人々はモンゴルチベット民族衣装に基づいたものになっており、ドラえもんたちの装もそれに合わせたものになっている。

この作品より映画ドラえもんセル画からデジタル制作に移行しており、また作画監督が第2作『のび太の宇宙開拓史』より担当していた富永貞義から渡辺歩へと交代しており、大幅にタッチが変わっている。

本作では終始スネ夫の顔が変しており、そのシーンCMでも多く流されたので印深い人も多いのではないだろうか?

あらすじ

台風が通り過ぎたのび太台風子どもと出会い、「フー子」と名付けてかわいがる。ある日、フー子と遊ぶためにどこでもドアで遠くに原に出かけるも、洞窟に吸い込まれ違う場所に出てしまう。そこは「の村」と呼ばれる場所で、のび太たちは村に住むテムジンたちと仲良くなる。

しかし、村には族という悪用するものがおり、村の民と対立していた。族は古代の怪物マフーガを復活させるためにフー子を奪おうと襲い掛かってくる。さらにはスネ夫突然変し、のび太たちやの民に攻撃を始めた。果たしてスネ夫の身に何があったのか。フー子の秘密とは一体何か。のび太たちの冒険が始まる。

ゲストキャラクター

フー子
CV:かないみか
のび太台風一過に出会った台風子供てんコミ版6巻に収録されているエピソード台風のフー子」を元にしたキャラクターで回りのものを吹き飛ばさないよう、ドラえもん具で作ったぬいぐるみの中に入っている。
テムジン
CV:愛河里花子
の村に住む使いの少年。村の少年たちのリーダー格。
スン
CV:西原久美子
テムジン
トムジン、ヤムジン、クンジン
CV:佐藤ゆうこ北川仁(ゆず)、岩沢厚治(ゆず
テムジンの友人達。本作の題歌を歌っているゆずの2人がゲスト出演している。
ストーム
CV:屋良有作
族をまとめる族長。の村を征するべく、封印されし怪物マフーガを復活させようとたくらむ。
ウランダ―
CV:小林清志
族の邪悪な魔術師だが、その実体はない。古くにあるの民によって封印された霊魂であったが、ストームによって復活させられた。復活後はスネ夫の体を乗っ取り、悪事を働いた。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%81%88%E3%82%82%E3%82%93%20%E3%81%AE%E3%81%B3%E5%A4%AA%E3%81%A8%E3%81%B5%E3%81%97%E3%81%8E%E9%A2%A8%E4%BD%BF%E3%81%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドラえもん のび太とふしぎ風使い

1 ななしのよっしん
2016/03/13(日) 07:22:26 ID: G4qBdCb0VF
確か、これと次作の題歌は当時のテレビ放送のEDが使い回しで、
その点で少しガッカリな作品だったかな。
それと、同時上映で復活したパーマンの存在も意味不明だし、
東京プリンドラえもんのうたといい、末期ドラえもんズ短編といい、当時はかなり迷走していたんだなあ。
2 ななしのよっしん
2017/01/26(木) 11:42:21 ID: otGZ8wDBNn
大山ドラ自体は今でも根強い支持があるけど
後期の大山ドラの評判は新ドラに切り替わったばかりの時でもあまり良くはなかったね
勇者?とかロボット話題とかはほとんど見かけないし
でも後期の映画使いとワンニャンは印に残ってるし面かったと思う
初期~中期のさっぱりした演出に慣れてると
ちょっと感動シーンアピールがくどいなと思うことはあるけど
3 ななしのよっしん
2017/03/08(水) 16:41:57 ID: rkWRBfeF2H
地味ジャイアンが頼もしい系の作品だけど他とはベクトルが違う感じだよね
大立ち回りじゃなくて潜入しながらドラえもんのび太を助けるって言う縁の下ポジション

4 ななしのよっしん
2017/06/20(火) 16:59:14 ID: 3pIuPL/vhw
民族との交流なのは劇ドラ染みだけど
異世界とかじゃなく地球上にいるのが面
5 ななしのよっしん
2018/04/27(金) 18:31:55 ID: Oq2vh1ltMt
TVのEDの使い回しではなく映画の宣伝の為にその期間TVで使われてるんだと思ってたけど
丁度世代だから子供の頃はこの映画が一番好きだったな
今見てみると結構新ドラ感が強い
6 ななしのよっしん
2018/04/28(土) 10:48:09 ID: NnIPUwrVls
確かにこの映画から新ドラにぐっと寄せた絵柄になってるのは興味深いな。
次回作のワンニャンに至っては元気な作も相まって、むしろ旧声優の方に違和感があるレベル

そう思うとこの頃は本当に過渡期だったんだな。
7 ななしのよっしん
2018/06/22(金) 11:34:39 ID: c6XJ0apypn
最初の方でフー子にいたずらされた通りすがりの女性昇天ペガサスMIX盛りにされてて笑った
8 ななしのよっしん
2019/03/05(火) 16:45:37 ID: G4qBdCb0VF
>>5
TV版のEDでゆずの曲が使われ始めたのは2002年10月から。
本作が開されたのは翌年の2003年だから、実質テレビ版のED題歌が使い回されているのも同然の状態だったし。「当時のED題歌が「映画の宣伝」として使われていた」という意見は間違い。
というか、大長編大山ドラにおけるラスト2作はどちらも当時のED曲が大長編題歌に使い回されていたことから、ラスト2作における固有題歌は「い」も同然なんだけどね。
9 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 03:17:17 ID: qBOrZO1b3/
末期のぶドラはひどいって聞いてたけど結構面かった
何で不評なんだろうな

ただフ―子かわいいけど原作デザイン違い過ぎて違和感すごい
というかあの姿マンガからとってきただけのガワかよ

それと序盤でフー子に立てたり心配したりするのび太不自然に思った
しばらく面倒見て着湧いたとかならともかく会ってすぐだし
10 ななしのよっしん
2019/05/24(金) 22:54:29 ID: NnIPUwrVls
の民やウランダー、マフーガ等に納得のいくロジックを持たせず、大方を「ふしぎな」「ふしぎな呪い」だけで済ませる節があったのはなあ...
魔界大冒険の魔法世界とかならまだしも、普段の生活の延長線上でやるにはファンタジーすぎてついてけない、となるのも理はない気がする。ドラえもんSFと捉えてる人にとっては特に。
次回作のワンニャンがタイムパラドックスに拘っていたのは、そこんとこの反の意味があってのことかも知れない。

急上昇ワード