ペーパーマリオ カラースプラッシュ単語

ペーパーマリオカラースプラッシュ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ
マリオシリーズの関連項目一覧 > ペーパーマリオシリーズ > ペーパーマリオ カラースプラッシュ

ペーパーマリオ カラースプラッシュとは、任天堂から発売されたWii Uゲームである。

概要

2016年10月13日に発売。2016年3月4日Nintendo Directで初めて発表された。

「独自スタイルアクションアドベンチャーにチャレンジし続けているペーパーマリオシリーズ」の最新作。
前作「ペーパーマリオ スーパーシール」のシステムや見たを受け継いだアクションアドベンチャー路線のペーパーマリオ。 「」をメインカラーに据えており、色を塗るハンマー、「ペンキハンマー」でイロドリアイランドで起きている「色ヌケ」のナゾを解きながらステージを進んでいく。

ストーリー

あるマリオのもとに何やら深刻そうな表情をしたピーチ姫キノピオが訪れる。
ピーチ姫マリオに手にしていた手紙…ではなく真っ白に色ヌケして折りたたまれたキノピオを差し出した。
マリオピーチ姫手紙キノピオについた消印からイロドリアイランドへと、原因を探ろうと立った。
そんなマリオたちをイロドリアイランドで待ち受けていたのは…

特色

様々な場所でペンキを使って進む形になっており、フィールドハンマーで色を塗ったり、バトルでもカードに色を付けて行動する。

まずはワールドマップステージを選んでスタート。前作のような「ステージ1-1」と言った番号は振られていない。

基本的にステージに仕掛けられたナゾを様々な手段でといていくことが基本となっており、ステージにある「ペンキスター」をして進んでいく。

フィールドの様々なところがクッパ軍団の手によって「色ヌケ」してる。
色ヌケしたキノピオは意識を失い、色ヌケしたは開けることが出来ない、このように色抜けたものは働きを失ってしまうのでこれをマリオの「ペンキハンマー」で塗ってやって直していく。

ステージの途中には時たま先に進めないように見える場所があるが、そんなときはペンキーのチカラで次元えて「キリトリ」してを切り開き、行けない場所に進めるようになる。また、キリトリしたカードの形に「モノカード」をはめてナゾを解くこともある。
モノカードステージにある立体のリアルなモノをしぼることで手に入れることができる。

また、ステージには!?と書かれた「テンカイブロック」が置かれていることもある。これをマリオくとハンマーにテンカイのチカラがやどり、ブロックと同じマークが書かれているものをくと本来のすがたに、まるで折り紙ペーパークラフトのように変形させることが出来る。
このようなを駆使してステージを解いていく。

フィールドなどの「」の表現はWii Uを活かしパワーアップしており、まるでペーパークラフトのようなリアルさのあるグラフィックになっている。

バトルではフィールドなどで手に入れたカードに色を塗って様々な行動を行う。カードは様々な方法で入手することができ、敵キャラやモノが描かれたカードも登場する。攻撃する前にカードペンキで色を塗ると攻撃の威アップ
バトル中のカードの選択、カードの色づけ等はゲームパッドを用いて行われる。

バトルに勝つとペンキの上限を増やせる経験値代わりのハンマープレートや倒した敵のカードが手に入ることがある。

ステージの最後にあるペンキスターをくとステージクリアワールドマップの別の場所に色が塗られ、新たなステージに行けるようになる。

ステージバリエーションギミックは前作とバラエティ豊かになっており、新鮮な冒険を楽しめる。
また、モブキャラクターも見たこそ統一的だが個性やネタが強くなっており、前作での不評な点の善点が多く見られるのと合わせ、ペーパーマリオ スーパーシールの路線の完成形と言った印になっている。

キャラクター

マリオ
マリオ
言わずもがな、のキノコミスターマンマミーア。イロドリタウンで出会ったペンキーペンキのチカラを授かり、ジャンプハンマーで様々なナゾを解決していく。
ピーチ姫
ピーチ姫
言わずもがなのさらわれ彼女が持ってきた色ヌケキノピオがきっかけでマリオとイロドリアイランドに立つ。
今回もクッパ軍団にさらわれてしまうが、自走式メッセンジャーペパグラムの「ピーチロイド」をマリオのもとにつかわせてマリオたちに情報提供する。
キノピオ
キノコやイロドリアイランドに住んでいる一般市民
見たは皆そっくりだが、中身は色イロで、個性豊かなキノピオが登場する。
ペンキー
ペンキー
イロドリタウンのイロドリのから現れた、カンヅメによく似たペンキの精。
当初はモノと同じ立体の姿だったが、マリオペンキのチカラを授ける際にマリオにしぼられてペラペラになった。表情豊かで、感情をラベルの色で表現する。
イロドリのから姿を消した大ペンキスターをとりかえすべく、マリオとともに冒険をする。
前作のルーシーと同様にマリオ少なくともルーシーよりはだいぶ役に立つヒントを言ってくれる。
詳しくはペンキ―の記事を参照。
クッパ7人衆
マリオの行く手で大ペンキスターを探す、クッパの手下たち。
ペンキスターを獲得するためには彼らと戦わなくてはならない。セリフ戦闘BGM攻略方法もそれぞれ個性的。
クッパ
クロクッパ
今回はいつもの姿ではなく、に染まったいつもよりも悪そうな姿でマリオたちの前に現れる。
世界からペンキと大ペンキスターを集めているようだが、その意とは…?
ルイージ
ルイージ
言わずもがな、のお留守番要員。今回はたまにマリオアドバイス手紙をよこしてくれる他、前作と同じようにキリトリで何処かに現れる。
また、物語の終盤には…?

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

マリオシリーズRPG
スーパーマリオRPG スーパーマリオRPG
ペーパーマリオシリーズ マリオストーリー - ペーパーマリオRPG - スーパーペーパーマリオ - ペーパーマリオ スーパーシール - ペーパーマリオ カラースプラッシュ
マリオ&ルイージRPG 1 - 2 - 3 - 4 - ペーパーマリオMIX

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA%20%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ペーパーマリオ カラースプラッシュ

617 削除しました
削除しました ID: zdue+5Girq
削除しました
618 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 21:45:38 ID: CSuf8tWHwh
どうでもいいけどこの作品のコクッパって
セリフから考えてマリオと初対面なんだよな

まぁたしかにペーパーシリーズだと初登場だけど
どうにも違和感がある
619 ななしのよっしん
2019/08/12(月) 00:54:13 ID: cXfemBFtcB
>>607
別にドンキーを卑下するわけじゃないけどドンキーシリーズって
180万(96SDK3)→96万(2010年リターンズ)→10万(2014年トロピカルフリーズ)
というに高い数値を維持しつつも全盛期が凄すぎて全体で見ると右肩下がりではあったんだよ(スイッチフリーズで復活したけどそれでもそこそこ)

54万(マリスト)→43万(ペパマリ)→59万(スペマリ)→50万(シール)→7万(カラスプ)
カラスプの前までは50万前後を維持し続けたペーパーマリオとはかなり事情が違うから一概に較するのはちょっとズレてる
620 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 19:25:39 ID: eT1EqH7F/Z
絶対じゃないけど
シリーズ物、特に同じジャンルの場合前作の評価が続編にモロ
シールカラスプは最言うまでもないが

ドンキーの場合、長きを経てのリターンズで
「こういうのなんだ、じゃあ次はもういいや
となった人が多かったんじゃないかな

誤解しないで欲しいのはリターンズの評価がシールみたいに悪かった、と言いたい訳ではないこと
621 ななしのよっしん
2019/08/18(日) 19:27:27 ID: eT1EqH7F/Z
>>604で似たような話が既出だったね
失礼
622 ななしのよっしん
2019/10/19(土) 12:15:02 ID: fK0Aj51pfW
ドンキーの場合はハードの普及差がモロに出ただけでは
623 ななしのよっしん
2019/10/19(土) 12:18:52 ID: fK0Aj51pfW
追記
ちなみにトロピカルフリーズswitch版でドンと数字が上がってるからやっぱハード普及の関係
624 ななしのよっしん
2019/12/15(日) 06:37:12 ID: cXfemBFtcB
どんと上がってるって言ってもスイッチが急に普及率増してイケイケだった頃に出して30万程度だから
結局のところリターンズよりは大分下がって右肩下がり傾向にあるのはかわらんよ
だからこそそれまでは堅調に50万維持してたのに急に10万にも届かなくなったペーパーマリオべるのはズレてるわけで
625 ななしのよっしん
2020/01/05(日) 21:20:19 ID: 7siMiePSPT
>>613
そういえば旧作でも「露に加入直後の仲間ボスに有利」(例:タメ技を使うドカボン→回避技が使えるレサレサ)というのはあったが、「ある1人を使わないとすさまじくキツイボス」はぺパマリランペルビビアン以外離脱なので選択の余地し)だけだっただな。
626 ななしのよっしん
2020/03/12(木) 06:21:50 ID: HD75DLbLQt
ホントこのゲームは「強いボスと理不尽なボスを履き違えたゲーム」だよなって思う

特定アイテムを使わなきゃ絶対に勝てない」
とか言う設計控えめに言ってゲームとして終わってる

マリストブラックヘイホーカラスプブラックヘイホー較すればわかりやすいと思う

別に敵が無敵化してどうしようもないから特定アイテムで解決って流れを否定するわけじゃないが
そういうのはラスボスでやるから良いのであって

ボス戦の度に毎回それやられたらつまらないに決まってる

急上昇ワード

おすすめトレンド