マックスバリュ単語

マックスバリュ
2.7千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

マックスバリュ(MaxValu)は、イオングループが展開しているスーパーマーケット

概要

マックスバリュはイオン(旧ジャスコサティ等)と違い、品えは食料品がど。
2015年時点で日本国内に約700店舗。食料品を中心とするスーパーマーケットとしては、日本最大の店舗数を誇る。

日本国内では各地域ごとに運営事業者があり、全9企業が存在する。
もともとはイオン本体が展開を始めた店舗名であったが、その後各地域のイオングループ各社でも展開されるようになった。さらに2000年代2010年代にかけて、イオン本体が運営していたマックスバリュも地域会社に移管もしくは分社化されている。

イオングループの中ではミニストップを除き24時間営業をする店が多いのも特徴。
日本で初めてセルレジシステムを導入。導入店舗を次々と増やしているほか、支払いのみセルフとなるレジを導入する店舗も多い。

同業他社の統合

他業態・ブランドからの転換店も多く、ヤオハンジャパン静岡)・ナフコはせ愛知)・札幌フードセンター北海道)などなど…ここに吸収された地方スーパーマーケットは数知れず。

2010年代以降の統合例を挙げる。

業態

地域管轄

2019年2020年にかけて再編が行われ、北海道東北九州の3社は総合スーパー(店舗名としての「イオン」店舗など)を運営する企業と統合、東海は営業エリアが隣接する「マックスバリュ中部株式会社」と統合された。

以下、2021年7月1日現在の展開地域。

合併による消滅が理由ではない、マックスバリュの運営から撤退した企業としては、株式会社山陽マルナカが挙げられる(奈良県大阪府に展開していたものの、店舗名変更により消滅。企業としても2021年3月1日にマックスバリュ西日本へ合併)。またマックスバリュ関東・マックスバリュ北陸の多くの店舗とイオン東北・マックスバリュ東海・マックスバリュ西日本の一部店舗は、かつてイオンリテール運営していた店舗が移管されたものである。

余談ではあるが、現在はマックスバリュの運営をしていないが、歴史的経緯の関係で「マックスバリュ」の名を冠した会社が存在する。それは、「マックスバリュ南東北株式会社」と「マックスバリュ長野株式会社」である。
詳細に関しては、「ザ・ビッグ」の記事を参照されたし。

地域ごとの割引サービス

マックスバリュではイオングループが一斉に行う「お客様感謝デー」「お客様わくわくデー」「GG感謝デー」のほか、地域運営会社ごとに独自の割引サービスを行うことがある。

名称 運営会社 開催日 カード
HYPERフードデー 北海道 12日 不要
マックスサンデー 北陸 第一日曜日 必要
スーパーマックスデー 東海 10日 必要
トクサンデー 西日本 第二日曜日 不要
お10くデー 九州 10日 必要

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%A5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

マックスバリュ

1 ななしのよっしん
2016/09/12(月) 08:17:28 ID: PNliUt4Tlh
セルレジは驚いた
2 ななしのよっしん
2016/09/12(月) 11:17:11 ID: WS+TLKEzX3
何で無印良品が?と思ったら、そういう意図じゃないのか。

こういう記事だと同じ小売業ということで混同されるから、
普通マックスバリュと書いた方がいいぞ。

おすすめトレンド