介子推単語

カイシスイ

「介子推」(かい・しすい ? ~ BC636)とは、中国時代の覇王となる重)の19年に渡る流浪生活を支えた陪臣の一人であり、重の王となった際に、命により王になるまでを支えた誇りを栄誉として、恩賞も俸もうけとらずに隠棲した忠臣。

名は「介推」で「介之推」とも書く。また中国では忠節と志の高さに対する尊敬の念から「介子」と言う尊称でも呼ばれる。

概要

介子推は、重・献の寵である驪が自らの子を太子にすべく暗躍して自決させた際に、督争いを避けて19年間もの放浪生活を送る際の、スタート時から仕えた5人の賢人

  • 衰(成子)
  • 偃(咎犯)
  • 賈佗
  • 先軫
  • 犨(武子)

には含まれておらず、いつのころより重に仕えたかも解っていない。

「十八史略」では、流浪の旅の途中で飢えた重に、自らの腿のを切り取ってスープにして食べさせた逸話が書かれているが、それ以外に流浪のの最中にどういったことを行っていたかの詳細は残っていない。

宮城谷昌光小説「介子推」では、棒術の達人で、実の恵から重の元に送られた暗殺者と戦って守り通す武人として登場する。

19年の放浪生活の後に、の王として帰する事になった重に入ろうとした時に、重臣の偃(咎犯)が、

私の役はここで終りです。
今まで私が犯した礼の数々をお詫びしここで去ります。

と言って暇乞いを願い出たが、重は、

もしに帰って遠ざけるようなことがあったら河のが御照覧あろう。

と、即位後も流浪時代の臣を重用する誓いを河に璧を投げ込んで立てた。

その様子を見ていた介子推は、重が王になったのは意であり、自分達はその意を19年間支え続けてきたに過ぎないのに、偃(咎犯)はまだに入ってもいない時から恩賞をせびっているのは、意を否定する恥ずべき行為であり、

私は彼らと同じ席に名を連ねる事は出来ない。

として、19年間の放浪生活を支えたと言う誇りを胸に、密かに重の一行より離れ、老と共に山に隠棲した。

に帰して正式に王となった重は、功臣達に恩賞を与えたり、政務におわれて介子推が去ったことに気づかず、論、介子推には恩賞が与えられず、その事について意思表示をしないのかとする老に対して介子推は、

人の事を貶めておきながら、今更自分もそれに従う様な罪深い事は出来ないし、自分から言い出した事なのでをいただく事は出来ない。

と答えた。

しかし、介子推の従者を務めていた人物がこの状況を哀れみ

欲上 (に上らんと欲し)
 (五は為をす)
 (はすでにに昇り)
各入其 (四は各々自らのに入る)
 (一はひとり恨み)
終不見所 (その居所を見ず)

 を望み5匹のがそれを助けた。
 今に上ることができ、4匹のもそれぞれいるべき所にいる。
 だが、1匹のだけひとり恨みいるべき所もない。

との書札を宮門にかけ、これを見た重は介子推を忘れていた事を思い出した。

介子推に恩賞を与えようとした重だったが、すでに介子推は山に籠もって隠者の生活を送っており、山から二度と出てくることはなかった。

は、介子推が隠遁生活を送る山を所領として与え、山の名を介山とめ、

が過ちを銘記し、善人を表する

ことにして介子推を讃えると共に、忠臣に去られる過ちを繰り返さぬよう心にした。

その他「介子推」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照の事。exit

「東周列志」や「十八史略」では、介子推にどうしても会いたくなった重が、逃げひとつを残して介子推の籠もる山に火を放つと言う「ちょ、おま・・・」な行為に走った。

そういえば三国志でも諸葛亮を訪ねたる飛が火をつけようとしてたっけ。

逃げから介子推が現れる事を待ちわびた重 だったが、3日3晩の間燃え続けても介子推は現れず、後に、古木の中で老と抱き合って焼死している介子推の遺体が発見された。

は愚行を恥じ、人々は自らの信義を貫いた介子推を讃えて清明節の前日に火を使わずに冷たい食事のみをとった事が寒食節になったと言われている。 

※なお、この放火野郎の重が、後に斉の恒と並ぶ春秋戦国時代の二大覇王となるの文その人だったりする。

関連動画

宮城谷昌光仕様棒術の達人として登場する架空戦記戦国三国志

※顔グラは「東周英雄伝」仕様 

関連商品


関連項目

関連コミュニティ


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BB%8B%E5%AD%90%E6%8E%A8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

介子推

1 ななしのよっしん
2009/09/19(土) 02:14:06 ID: QN0hu3gdMv
三部作 重介子推→沙中の回廊 の2作

宮城主人公の中では腕っぷしが一番強いキャラだろうか
2 ななしのよっしん
2013/12/27(金) 23:12:38 ID: Ep3aNB/Yp8
いの宮城小説主人公の中でも、その清廉ぶりは頭一つ抜けてる
というか潔癖過ぎて、もはや宗教家の域に達してて、ちょっと付いて行けないと感じたな
3 ななしのよっしん
2014/02/13(木) 16:23:03 ID: /+VCfKBoMH
宮城先生が意図して書いたかどうかは別として、
確かに清廉過ぎると周りから不気味に思われるってのはあるよな
天空の舟』の尹なんかもそんな感じだった
二人ともどっちかって言えば人間よりとか山霊の化身そのものの
描かれ方なんだよな
4 ななしのよっしん
2014/02/13(木) 16:38:24 ID: N8csSydiGP
(沙中の回廊・冒頭)介推の棒があとちょっと速かったら、沙中の回廊も晏子もかった。

5 ななしのよっしん
2014/02/13(木) 17:12:49 ID: B3NJr338Io
棒術の設定は創作だったのか

ちなみに火をつけていぶりだす話は孫権の方が適切

急上昇ワード