畠山重忠単語

ハタケヤマシゲタダ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

畠山重忠1164~1205)とは、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した武将である。

概要

秩父平氏の出身で畠山三浦義明の治承・寿永の乱秩父平氏は、初期は平氏方の大庭に従い追討軍に加わったため、三浦義明を滅ぼしている。しかし房総半島定した源頼朝武蔵に入ると、豊島氏、葛西氏ら同族の説得で頼に降して御家人となる。

その後は源頼朝の忠実な臣となり、源義仲との戦い、平家との戦い、州合戦などに従軍し、多くの軍功を挙げた。1185年に河越重頼が婿源義経に連座して誅されると、武蔵留守所惣検校職を継承したとされる。

また、伊勢沼田御厨で代官が乱暴を働いたため、囚人として従兄弟千葉胤正に預けられ、一言の弁明もせず7日間浸食を断って、身の潔明し、許されたというエピソードが残っているなど、まっすぐな人格を示す逸話に事欠かない人物である。なお彼自身は北条時政婿であり、北条だったようだ。

この後も有御家人の一人として列記されるが、嫡子・畠山重保と北条時政婿平賀朝雅との対立をきっかけに謀反を疑われ、重保は三浦義村によって誅殺。重忠も庶長子の畠山重秀を率い出し、二俣で幕府軍と決戦し、最後は愛甲の放った矢にあたって討ち死にし、重秀も自害。こうして畠山氏嫡流は滅んだのである。

この一件は北条時政が後妻牧の方とともに婿平賀朝雅将軍にしようとする計画の一環だったが、逆に北条義時北条政子らに利用されることとなり、牧氏事件へとつながっていく。
さらに重忠旧領と畠山の名跡は、足利義兼の庶長子・足利義純が北条時政で重忠の未亡人婚姻し、継承した。これが室町時代の三管領でおなじみの畠山氏である。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%95%A0%E5%B1%B1%E9%87%8D%E5%BF%A0
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

畠山重忠

1 ななしのよっしん
2017/09/07(木) 00:11:30 ID: xhsMh4Br2U
清廉な逸話が強調される事が多くて理想の武士とされているけど謀反の疑い掛けられて「謀反の噂を立てられるのは武士の面」とか言っちゃうあたりこの人も割と脳筋だよね。
2 ななしのよっしん
2020/12/04(金) 19:35:49 ID: yUzUzReiBB
大河の登場頻度はまあまあ高いと思うが、最期が描かれるのはしかったりするのかな。
13人、期待です。
3 ななしのよっしん
2021/10/10(日) 08:05:04 ID: l6ZoW5DNEE
燃えるではウルトラセブン森次晃嗣さんが演じてたな
4 ななしのよっしん
2022/01/11(火) 00:08:19 ID: /ZP/YvGMpr
族滅食らった御家人は多いけど、重忠だけは全く落ち度いんだよなぁ…
畠山が精強といっても軽装の100騎そこらを相手に野戦で鎮圧するのに4時間もかかったって討伐軍側も冤罪察してしてたんじゃないか?