白濱裕太単語

シラハマユウタ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

白濱裕太しらはま ゆうた1985年10月31日-)とは、大阪府出身のプロ野球選手捕手)である。現在広島東洋カープに所属。

概要

寺南中学校では和泉北シニアに所属し、その頃は遊撃手だった。

高校広島県広陵高校入学高校1年の時、中井監督の助言により捕手へ転向する。1年からベンチ入りを果たすと、西村健太朗バッテリーを組み、2年から4季連続甲子園に出場した。
第74回選抜大会では2回戦で優勝した報徳学園に3-5で敗退。第84回選手権大会では準々決勝で優勝した明徳義塾に2-7で敗退。
3回甲子園出場となった第75回選抜大会では4番を務め決勝に進出。決勝では横浜高校成瀬善久涌井秀章を相手に20安打15得点で大勝し全制覇を成し遂げた。連覇を狙った第85回選手権大会では、2回戦の岩相手に逆転負けを喫した。
高校時代に2年先輩新井良太、1年後輩上本博紀、2年後輩藤川俊介がいた。

2003年ドラフト会議広島東洋カープ1位名され入団。広島捕手ドラフト1位瀬戸信依頼12年ぶりとなった。

広島時代

プロ入り後、地元広陵出身ということもあり、多くのファンが一軍出場を期待したが、長い間二軍暮らしが続いた。


2005年にはプロ入り初の一軍昇格の機会はあったが、出場はなかった。


2008年には入団から背負ってきた背番号『12』を『32』に変更。


2009年に、同期入団の比嘉寿光尾形佳紀の現役引退に伴い、2004年入団でチームに残る選手となった。


2010年に初の一軍沖縄キャンプに参加すると、プロ8年となった2011年に初の開幕一軍入りを果たす。
出場機会のないまま二軍に1度落ちるものの、石原慶幸の故障もあり10月6日中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で守備交替としてプロ入り初出場を果たす。10月8日にはプロ初スタメンを果たすと、同20日プロ安打・初打点を当時中日チェン・ウェインからサヨナラ安打という形で放ち、初のヒーローインタビューも経験した。


2012年、開幕直後に石原慶幸倉義和の両捕手が故障で離脱すると、4月15日から5試合連続でスタメンマスクをかぶるなど、自己最多の35試合に出場した。しかし、思うような結果を残すことができず、両捕手の復帰後は出場試合数が減し、以降は二軍暮らしとなった。オフ高校2年時から11年付き合っていた彼女との結婚を発表した。


2014年5月25日埼玉西武ライオンズ戦でプロ入り初ホームランを記録した。この年は30試合出場。


2017年8月3日阪神タイガース戦でプロ盗塁を記録した。


2018年2019年は一軍出場はなかった。

成績

年度別打撃成績

年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2011年 広島 7 14 13 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 4 0 .077 .077
2012年 35 72 61 3 10 1 0 0 5 0 5 0 6 0 19 2 .164 .164
2013年 7 5 4 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 .000 .000
2014年 30 71 62 4 10 1 0 1 1 0 4 0 5 0 17 0 .161 .224
2015年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- .---
2016年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- .---
2017年 3 5 5 0 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .400 .400
NPB:7年 84 167 145 7 23 3 0 1 6 1 11 0 11 0 43 2 .159 .218

通算守備成績

機構 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 捕逸
NPB 捕手 79 313 37 2 3 .994 1

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%99%BD%E6%BF%B1%E8%A3%95%E5%A4%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

白濱裕太

1 ななしのよっしん
2014/02/28(金) 03:17:09 ID: PgtKziutsh
>>同期入団の比嘉寿光尾形佳智の現役引退に伴い

尾形佳紀の間違いよね プレミアムの方修正お願いします><
2 ななしのよっしん
2014/05/26(月) 00:28:23 ID: fiAb2lN9Tb
11年プロHRおめでとう

急上昇ワード