西崎義展単語

ニシザキヨシノブ

西崎義展1934-2010)とは、日本アニメ制作で活躍したプロデューサーである。東京府東京都)出身。

概要

数多くの仕事を経験(海外でのプロモーター見習いなども含む)しており、その経歴はこの科記事に書き連ねると読みづらくなるので思い切って省略する。

宇宙戦艦ヤマトシリーズ宇宙空母ブルーノアを手掛けたことで有名だが、ヤマト企画を立てる以前には手塚治虫制作会社虫プロダクションの経営に携わったことをきっかけに手塚原作富野喜幸監督作品「トリトン」をプロデュースしている。

宇宙戦艦ヤマトにおいては、かつて音楽プロデューサーをしていた経験もあってアニメBGMとそれに合わせたアニメシーンには特にこだわりを見せていたとされる。また、SFリアリティよりロマンのある演出のほうを選択するという事も時折あった。

銃火器所持や覚せい剤所持・会社の度重なる倒産など、人生そのものが滅と言っても言い過ぎではない人物であるが、アニメ制作を八方手を尽くして用意する(むろん、優れたアニメーターもかき集める)その手腕は、他に例を見ないまさに剛腕プロデューサーであった。

関連動画

関連商品

西崎義展に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

西崎義展に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A5%BF%E5%B4%8E%E7%BE%A9%E5%B1%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

西崎義展

10 ななしのよっしん
2015/11/06(金) 15:30:52 ID: maGDlA4bl8
鈴木敏夫とは全く異質だな

鈴木敏夫編集者出身だけあって、宮崎駿高畑勲押井守天使のたまご)となんだかんだと作家を立てている

西崎はプロデューサーである自らが全に導権を握るタイプで、ハリウッドプロデューサーシステムを踏襲していて、作家義では全然ない
11 ななしのよっしん
2015/11/07(土) 06:05:55 ID: BYA4TRCdxZ
世を去る直前のインタでも、自分というものを相当前面に出したがる人だってのは見て取れました
いきなり「にとってはヤマトは西崎であり西崎はヤマトなんです」って
12 ななしのよっしん
2016/06/21(火) 16:50:37 ID: qbPQHMY+zn
西崎が会議を開きたがっていたのは、他人からいい意見を引き出すのもあるけど、「個人が考えたアイディア」を「みんなで考えたアイディア」にさせるためでもあった。か一人が思いついたアイディアをそのまま使うと、あとで揉めた時に、その人が「『宇宙戦艦ヤマト』はが考えた」と言い出すのを避ける狙いがあったと。
松本零士ヤマト第三艦橋アイディアを西崎に提案したら、会議開こうと言って、何十人もいる会議で、細かい微修正を加えて決定になったそうだ。
実際、松本が「ヤマト原作を自分だ」として、中にいる西崎相手に裁判を起こした時も、判決で西崎を原作者と認定されたわけだが。まぁ、こういうことにも関しても、西崎は強かだったね。
13 ななしのよっしん
2016/09/13(火) 19:27:37 ID: /bgRB1xdu7
ソースが思い出せないが
うろつき童子の性描写を巡って
倫理委の連中に脅しをかけて、ほぼモザイクなしで販売させた話は
偽はともかく、この人らしいと思った
14 ななしのよっしん
2018/06/14(木) 01:47:08 ID: zsztj7DmU8
仕掛け屋としてのさと辣腕は、むしろアントニオ猪木ソレに近いかも
あっちは更にカリスマ増々で、それこそ松本御大と喧別れした次の間、
もう別の企画ニコニコ握手してるみたいな荒業っぷりだがw
15 ななしのよっしん
2018/06/14(木) 03:09:26 ID: BYA4TRCdxZ
そうなんですよ。アニメという手段を用いていますが「山師」ですよね
16 ななしのよっしん
2019/03/21(木) 22:42:40 ID: qbPQHMY+zn
>>13
その一方で「ヤマトよ永遠に」で、制作スタッフ森雪アルフォンのベッドシーンを入れようとしたら「何考えてるんだ!」と怒ってやめさせたとか。
西崎の中では、古代以外のキャラと性関係を持つことは許せなかったようだ。
その名残かなんかで、当時のアニメ雑誌にアルフォンのラブシーンカットが載ってた。「スタッフが悪ノリして描いた」とのコメントも添えられて。
17 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 21:57:56 ID: loW71X9drH
>>9
とても面くて、何度も読み返した。
特に印に残っているのが安彦良和氏の
「世間的にはアニメなんか隅っこ産業で、恥ずかしながらやるもんだと思っていたからね。でも西崎さんを見て、いい大人が本気でやってもいいんだと思わされた。真剣アニメに取り組んでもいいんだとね」

氏も富野氏も、凝り性ゆえに羞恥心が人一倍強いと思う。
西崎氏の傍若人で傲慢・恥知らず・自己中心的な情熱が、安氏や富野氏の羞恥心を消し去り、
西崎氏への反発・嫉妬・対抗心がその後の飛躍の大いなる原動になったとしたら、
西崎氏の善悪定かならぬ、あの野蛮で不逞で一途な情熱が、業界には必要だったのだと思う。
18 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 01:34:11 ID: O1bTFPzz57
アウトロー系アニメプロデューサーとして細谷伸之が話題に挙がってるけど
この人と細谷とじゃまさにスッポンだな
19 ななしのよっしん
2019/04/18(木) 10:12:02 ID: r5V/JhojVU
その名前でこの記事を汚すのは不愉快ですらある。

急上昇ワード