高橋一三単語

タカハシカズミ

高橋一三(1946年6月9日2015年7月14日)とは、読売ジャイアンツ日本ハムファイターズに所属していた元プロ野球選手である。

現役時代はV9巨人の左腕エースとして活躍、76年には日本ハムにトレードされたが、81年の日本ハム優勝にも大きく貢献する活躍を見せた。

概要

1965年北川工高から巨人入り。当初巨人池永正明の獲得をしていたが、木戸美摸スカウトが高橋の手の大きさにひかれて、球団に高橋を強く勧めたため高橋の獲得に動いた。
1年4月15日には阪神戦にてくも初登板を果たすが、5月11日広島戦にて連続本塁打を浴びたことでシーズン終了まで2軍落ちとなった。
この時選手兼任コーチだった藤田元司から「右打者の外シュートを投げろ」とアドバイスを受け、試行錯誤の末に緩く落ちるシュート、所謂スクリューボールを習得する。

66年はストレートカーブしかなかった持ち球にスクリューが加わり、緩急をつけた投球でプロ勝利を含む6勝をあげる。またリーグ優勝戦では胴上げ投手こそ金田正一に譲ったが、先発して勝利投手となっている。

68年の9月17日には江夏豊シーズン奪三振の記録を作った試合の対戦相手として登板しており、354三振王貞治から奪うと決めていた江夏は「高橋さんから三振を取らないようにするのが大変だった」とっている。
なお試合は延長12回に江夏自らにサヨナラ打を打たれて敗れている。

69年には前々から練習していたフォークボールマスターし、シーズンでは15連勝を記録する等の大活躍でこの年22勝を挙げる活躍で最多勝、沢村賞を獲得している。

以後二桁勝利を記録し続け、73年には優勝決定戦となる阪神戦にて完封勝利を挙げて見事巨人V9達成を決め、この年23勝、リーグ最多の238奪三振を記録する活躍で2度沢村賞を獲得した。

しかし、勤続疲労により左肩痛を抱えるようになり、74年は2勝、75年は6勝と成績が一気に低迷してしまう。
監督長嶋茂雄一年75年は、選手・長嶋茂雄引退したことで王貞治へのマークもきつくなり、13年連続で守ってきたホームラン王タイトルも逃してしまう。チーム打率が12球団最低の2割3分6厘に低迷し、球団史上初の最下位を記録するという散々な状況に球団フロント日本ハムファイターズ(現:北海道日本ハムファイターズ)の張本勲の獲得を決断する。
そして、このトレードは成立し、張本勲とのトレードで富田勝と共に日本ハムファイターズに移籍した。

移籍初年度の76年は10勝をあげたが、78年のシーズン中にを痛めてしまい一度は現役引退に気持ちが傾く。
しかし大沢啓二監督の意向で現役を続行し、それまでの速球中心の投球からスローボールを積極的に用いるスタイルモデルチェンジして81年には14勝を記録する活躍で見事復活しチームの優勝に貢献する。
日本シリーズでは古巣巨人相手に第1、5戦に先発したが、勝利は挙げられなかった。

83年には6勝1セーブを記録したが「投球に対する根気がなくなった」として現役を引退した。

引退後は巨人日本ハムにて投手コーチ2軍監督を歴任し、2009年からは山梨学院大学監督を務めていたが、2014年に体調不良監督を退任し静養。2015年7月14日、多臓器不全のため69歳で亡くなった。

プレースタイル・エピソード

投球フォームは顔が一度上を向き、高い位置から腕を振りおろす快なもので、投げ終えた時に顔が横を向く様な、近年でいえば岡島秀樹に近いもので、「巨人の星」の飛雄馬の投球フォームのモデルにもなっている。
全盛期球速150キロをえていたと言われ、スクリューシュートカーブといった変化球で緩急をつける投球を得意とした。スクリューに関しては習得当初「スクリュー」という名称を知らず、遅いシュートとして投げており、名称を知ったのは71年になってからである。

荒れ球だったことからカウントが1ストライク3ボールになることが多く、名前の「一三」にかけてついたあだ名が「ワンスリー」。
また「投手はなで肩でなければならない」という常識がまかり通っていたこの時代にあって、高橋一三は見事ないかり肩であったため、「えもんかけ」というあだ名もつけられている。

高校時から球速かったようで、2年後輩にあたる伊原春樹高校時代に高橋シートバッティングで対戦した際にその速球を体験し「145キロ以上は間違いなく出ていた」と言している。

自ら「飯の種だった」とるほど阪神戦が得意で、通算で3417敗、防御率2.62と大幅に勝ち越しており、69年に至っては7勝敗。

妻は女優和子で、69年の6月24日大洋戦にて高橋の試合を初観戦。この試合で高橋は見事勝利リーグ10勝一番乗りを果たし、この年上記のように大活躍を見せた。
妻のの姿美千子の夫は巨人で同僚の倉田であり、高橋の通算100倉田とのリレーで達成している。

胴上げ投手になることが多く、V9時代にシーズンで4度、日本シリーズで4度胴上げ投手となっている。

V9での胴上げ投手一覧
年度 リーグ優勝 日本一
65 試合なし 宮田征典
66 金田正一 益田昭雄
67 負け試合 金田正一
68 金田正一 堀内恒夫
69 高橋一三 高橋一三
70 渡辺秀武 高橋一三
71 高橋一三 高橋一三
72 高橋一三 高橋一三
73 高橋一三 堀内恒夫

共に日本ハムに移籍した富田勝とは同い年であるが、奇しくも同じ年に逝去した。

通算成績

通算:19年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB 595 128 26 167 132 12 -- .559 2778 1007 1997 1107 983 3.18 1.23

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E4%B8%80%E4%B8%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高橋一三

1 ななしのよっしん
2016/10/01(土) 20:31:47 ID: 8NDlxnedEg
の頃、投球フォームよくを真似しましたね

急上昇ワード

2019/08/17(土)21時更新