aiko単語

アイコ
----ゲームミュージック作家の「AIKO OI」を探してる方はこちらへ

aikoとは、女性シンガーソングライターである。

概要

1975年11月22日大阪府生まれ。1998年7月17日「あした」でメジャーデビュー。代表作は「カブトムシ」「ボーイフレンド」「キラキラ」など。
女性線の恋愛ソングが多くの女性からの共感を得ている。しかし、ライブ会場は男女半々といった割合で男性からの支持も高いことをうかがわせる。
客席からの呼びかけにすぐさま反応し逆に問いかけるなど、明るく親近感を持ちやすい性格。

大阪ラジオDJをしながらインディーズ活動をしていた。心斎橋タワーレコードインディーズチャート1位を獲得するなど大阪音楽界での知名度はこの頃から高かった。
メジャー契約の際の事務所側の決め手は、「こういうタイプはもし結婚したとしても人気は落ちない。」ということだったという。

メジャーデビュー曲となった「あした」は本人自身が作曲していない非常に稀な曲である。
その後、作曲者の小森田実がこの曲をリメイク深田恭子提供している(最後の果実)。
そういった経緯もあってのことか、記念すべきデビュー曲であるにもかかわらず、aikoライブテレビ番組などにおいて「あした」を歌うことはほとんどない。
デビュー曲、しかも他人の曲なので自由に歌わせてもらえないなど、小森田との間で多少のわだかまりがあることを匂わせる発言をしたこともあったが、それも現在は解消されているようである。

一方で小森田側が某歌番組において、自身のプロデューサーとしての代表作にaikoの名を挙げていることは実に興味深い。

ベストアルバム嫌いであるためこれまでベストを一切リリースしてこなかったが、2011年2月23日デビュー13年にして初のベストアルバムが発売。
収録曲一覧に「あした」の名はなかった…。
しかも、ランキングや売り上げ枚数で自身の尊敬する桑田佳祐の"オリジナルアルバム"に封負けしてしまった。

また、「CDという形のあるものを届けたい」というポリシーがあるらしく、着うたフルiTunesでの曲配信を一切行っていない。
しかし、必ずしもコレはプラスに働いておらず、「やたらと限定曲が多い」「時期を逃すと入手できない」といった問題があるほか、B面曲などの入手が難しい曲を手に入れるのに何千円も払う必要があるという問題もある。

さらに致命的な点として、近年ラジオなどの音楽番組が「配信チャートのみ」を発表することも少なくないため、ラジオカウントダウン番組などではなかなか彼女の新曲がかからなくなってきており、CD市場の縮小に伴ってアルバムも10万枚えればヒットという、全盛期ほどの勢いはくなって来ている(それでも2012年女性シンガーソングライターとしては最も売り上げ枚数が多かった)。

てなことを2013年2月末に書いたところ、2ヶ後の4月17日iTunes Storeで『4月』のシングル楽曲配信が開始された。近々過去作品が配信される日も来るだろう。結局は時代の波には勝てなかったのか、2016年5月13日金曜日より全アルバムのリマスター配信がスタートされた。aikoはん、ここ見てはるんですか?

ディスコグラフィー

シングル

  1. あした(1998年7月17日)
  2. ナキ・ムシ(1999年3月3日)
  3. 花火(1999年8月4日)
  4. カブトムシ(1999年11月17日)
  5. の時(2000年2月17日)
  6. ボーイフレンド(2000年9月20日)
  7. 初恋(2001年2月21日)
  8. ロージー(2001年5月30日)
  9. おやすみなさい(2001年11月21日)
  10. あなたと握手(2002年4月24日)
  11. 今度までには(2002年8月14日)
  12. 蝶々結び(2003年4月23日)
  13. アンドロメダ(2003年8月6日)
  14. えりあし(2003年11月6日)
  15. かばん(2004年4月28日)
  16. (2004年9月1日)
  17. 三国駅(2005年2月16日)
  18. キラキラ(2005年8月3日)
  19. スター(2005年11月30日)
  20. リンゴ(2006年7月12日)
  21. シアワセ(2007年5月30日)
  22. のない世界/横顔(2007年8月22日)
  23. 二人(2008年3月12日)
  24. KissHug(2008年7月23日)
  25. milk/嘆きのキス(2009年2月18日)
  26. 戻れない明日(2010年2月3日)
  27. 向かいあわせ(2010年4月21日)
  28. 恋のスーパーボール/ホーム(2011年5月11日)
  29. ずっと(2011年11月23日)
  30. 4月(2013年4月17日) - 配信限定
  31. Loveletter/4月(2013年7月17日)
  32. 君の隣(2014年1月29日)

アルバム

  1. 小さな丸い好日(1999年4月21日)
  2. の木の下(2000年3月1日)
  3. (2001年6月20日)
  4. そばにいるよ(2002年9月4日)
  5. ラブレター(2003年11月27日)
  6. 夢の中のまっすぐ(2005年3月2日)
  7. 彼女(2006年8月23日)
  8. 秘密(2008年4月2日)
  9. BABY(2010年3月31日)
  10. 時のシルエット(2012年6月20日)
  11. 泡のようなだった(2014年5月28日)

ベストアルバム

  1. まとめI(2011年2月23日)
  2. まとめII(2011年2月23日)

映像作品

  1. Love Like Pop(2000年11月22日)
  2. タウイヌ(2000年11月22日)
  3. 有楽町でいましょう 〜Love Like Pop Vol. 6〜(2002年3月20日)
  4. タウイヌ2(2003年3月19日)
  5. Love Like Rock(2004年4月14日)
  6. LOVE LIKE POP add.(2005年5月11日)
  7. タウイヌ3(2006年9月20日)
  8. LOVE LIKE POP add.10th anniversary(2007年3月21日)
  9. DECADE(2009年3月4日)
  10. ポップロック(2011年7月27日)
  11. タウイヌ4(2012年3月21日)
  12. 15(2013年4月3日)

関連動画

関連静画

関連商品

シングル

 

アルバム

DVD

関連コミュニティ

関連人物

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/aiko

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

aiko

26 ななしのよっしん
2015/10/12(月) 22:13:34 ID: 8UORKpK//p
Loveletter
友達は執拗にカブトムシを勧めてくるがは永遠のLoveletter
27 ななしのよっしん
2015/11/18(水) 19:47:21 ID: I4iqrKKS57
>>lv241770010exit_nicolive
28 ななしのよっしん
2016/03/09(水) 17:49:56 ID: I4iqrKKS57
>>lv254521078exit_nicolive


29 ななしのよっしん
2016/05/28(土) 19:14:22 ID: C8ANzFWp2W
キモい記事やな、アンチが書いたっぽい
30 ななしのよっしん
2016/05/28(土) 19:25:27 ID: s2Us+ZlcUD
星座にぶら下がってる人、という印
31 ななしのよっしん
2016/05/29(日) 21:07:37 ID: u4hd3/KvbJ
記事内容が独りよがりで非常にキモいな
32 ななしのよっしん
2016/08/12(金) 01:29:18 ID: 1KhmUGwaRI
「あした」結構好きな曲なのに
こんな経緯があったって知ってショックだったわ
あと「最後の果実」と今聴きべたら
確かに似てた。言われるまで気づかないものだな
33 ななしのよっしん
2018/09/20(木) 18:46:04 ID: XfBry2HtmI
ハイレゾDLしたのがaikoの「花火」。
個人的感想として、これが原点にして頂点
他にも好きな歌はたくさんあるけどね。
34 ななしのよっしん
2019/04/23(火) 21:14:48 ID: JKBeFEzN1I
ついにベスト盤に「あした」が収録される…だと?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-04230358-nksports-entexit
記事では専ら価格のみが話題になっているが
35 ななしのよっしん
2019/04/26(金) 11:45:27 ID: XfBry2HtmI
先日たまたまにした「ストロー」が気に入ってaikoが再び気になりだしていたら、
シングル曲を集めたアルバムが発売されるときいて即予約した。

花火」のハイレゾCDうので聴き較べてみたい。

急上昇ワード