カブトムシ単語

959件
カブトムシ
2.0千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

カブトムシ

曖昧さ回避

  1. 昆虫の一種『カブトムシ』のこと。
    クワガタライバル昆虫採集の定番。飼育する人も多い。Wikipediaによるとの季
  2. aiko『カブトムシ』のこと。1999年発売のシングル強がり女性心を「あたしはかぶとむし」という奇抜な歌詞で歌ったことで有名。Wikipediaの記事はこちらexit
  3. かぶとむしPのこと
  4. HTBバラエティ番組『水曜どうでしょうチーフディレクターナレーション藤村忠寿のこと。名付け俳優タレント大泉洋

本項では1.について、特に日本産カブトムシを中心に解説する。

概要

コガネムシ科の甲虫子供たちの人気者。
学名はTrypoxylus dichotomus
同じ「りする」でも民家乱入するあのべったくて触が長くてカサカサ動いて駄に生命だけは高いアイツらとは逆に「昆虫界のスーパースター」の一つである。
スズメバチの針すら受け付けない強固な外格(殻)を持ち、怪力を持ってで戦いあうなど、「硬くて強くてデカい」というオトコノコのに足が生えて歩いているような生き物であり、クワガタムシと並んで、古今東西子供から絶大な支持を集める永遠の人気者。
カブトムシなどの昆虫テーマにしたおもちゃはそこらじゅうにある上、創作物でヒーローメカモデルとなることも多く、しかもそれをどれだけ繰り返しても、毎度安定して人気を得られる程である。
ニコニコ大百科を見ているような男性だと、子供の頃にカブトムシのおもちゃと全く触れ合わなかったという人はどいないのではないだろうか。 

一方、のないメスの人気のなさは凄まじい。

名前の由来は論硬くて長くてぶっとい日本の甲冑の甲(カブト)のように見えることからであるのは明らかである。
このは他の海外産のカブトムシとは違い、先端が四叉に分かれているのが特徴で、相手の足を掬い投げることにとても長けている。

本州以南から沖縄まで文字通り「どこにでも」居る昆虫であり、昆虫採集の定番。雑木に行けばすぐ見つかる。
活動場所はに広葉の垂直面(つまり幹)である。幹から湧き出した液を食としている。

オスは液やいはメスを奪い合って戦うことがある。
戦いの際は「カブトムシ」の名の由来でもある長いを使って相手を持ち上げ、投げ飛ばす。良く知られている通り怪力の持ちで、種類によって違うものの、自分の体重の数十倍のものをいたり持ち上げたりする。
但し飽くまで「投げ飛ばす」だけであり、その後から追い打ちをかけるようなことはどしない。結構紳士的な生き物である。

ちなみに、あまり知られていないが、一応鳴く。おなかの筋肉を収縮させて音を出す。セミと違って全然かないため、近くに寄らないと聞こえないが、「ギュッ、ギュッ」とか「ピュー、ピュー」と表される。身の危険を感じたときか、発情しているときに鳴く。

は広く知られているとおり、地中で生活する白色の典的な「地タイプ
あんな真っ白でフニャフニャの身体のくせに、様々な微生物跋扈している腐葉土の中でも涼しい顔をしていられるほどの強免疫を持っていることから、製メーカー等ではその免疫を製品に応用すべく様々な研究を行なっているらしい(Chakuwikiより)。
ちなみに、腐葉土でない場所でも、普通に土をほじくれば似たようなが見つかるが、それは多分コガネムシの幼である。 

天敵は少ないように見えて結構多い。
の状態では、まさにとしか言いようのない防御であるため、アリモグラなどに捕食される。の状態では、ミミズが体を食い破って中を食べてしまうらしい。 
事成になれれば天敵の数はぐんと減るが、それでもタヌキ鳥類にとっては餌である。特にカラスはカブトムシを好んで捕食する。カブトムシが採れる雑木で、カブトムシの頭や羽だけがところどころに落ちているのはこれが理由である。

食す人はあまりいない。食べているように見えたらそれはココナッツのスジかなにかである。…とあるが実際に食べて事務所解雇されたアイドルがいる。[1] 

ニコニコ大百科に記事のあるカブトムシ

関連動画

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *J-CASTニュース「女性アイドル、ライブで「カブトムシ」食べて解雇 「趣味なだけだから心配しないで」と呼びかけ」exit
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

山口剛央 (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: Pyun Pyun
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カブトムシ

161 ななしのよっしん
2023/08/20(日) 19:12:37 ID: 13rWBX5uAw
>>160
一応少数だけど一度交尾してる雌も迫る雄に根負けして
交尾してあげる事あるそうな
(但しごく少数なので多分雄には人間みたいな他の雄の精子を掻き出すカリはカブトムシにはいんじゃないかと言われてた)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
162 ななしのよっしん
2023/08/30(水) 12:38:18 ID: ZgTlASTJNS
>>152
どちらかと言えばが大きい気はするね。
鈍重なカブトムシじゃスズメバチに対抗できたとしてものいい餌になるだけだから
行性の強い性質は淘汰されてしまうだろう。
を避けて間に行動するならハチに対抗してまで液に留まる必要もないので、
ハチへの対抗手段も育たないはず。
スズメバチの方が強いのは事実と見るが、それは一対一の単純な強弱の結果ではないとも思う。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
163 ななしのよっしん
2023/08/31(木) 07:30:03 ID: ezZoc/00aZ
違法の輸入が後を絶たない日本
そろそろ法律正が必要
👍
高評価
0
👎
低評価
0
164 ななしのよっしん
2023/09/02(土) 06:55:16 ID: 13rWBX5uAw
>>162
実際カブトムシ天敵の一つはカラスで、それも同種間では
強いけど小回りが利かないし、ついでにデカい分食いでのある
大きめの個体を狙って捕食してるらしいしな。
ちなみにでもフクロウタヌキも狙ってくるらしい
👍
高評価
0
👎
低評価
0
165 ななしのよっしん
2023/09/04(月) 23:24:09 ID: 450dusiZml
しかし、東西南北に細長い上に日本というにおいてなぜカブトムシは基本一種類なのだろうか。
ライバルとされるクワガタはコクワ・オオクワ・ノコギリ・ミヤマetcとたくさんいるのに・・・。
その他の昆虫どころか、下手すれば人間すらも複数の種に分かれるのによく単一でここまでこれたな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
166 ななしのよっしん
2023/09/11(月) 15:38:22 ID: a4pJGlQU48
>>166
分類的にクワガタクワガタムシクワガタムシ亜科に属し、カブトムシコガネムシカブトムシ亜科に属するので、コガネムシ科とクワガタムシ科でべるとコガネムシ科の方が多い。
クワガタべるとカブトムシは新しい生物で、を持ったカブトというのはまだ生物界の新参者であり、種類も少ない。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
167 ななしのよっしん
2023/09/11(月) 15:52:10 ID: a4pJGlQU48
ちょっと間違えたので訂正。

分類的にクワガタムシクワガタムシ科に属し、コガネムシ科に属するカブトムシとはべる土台が違う。日本国内のコガネムシ科とクワガタムシ科ではコガネムシ科の方が多い。
クワガタべるとカブトムシは新しい生物で、を持ったカブトというのはまだ生物界の新参者であり、種類も少ない。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
168 ななしのよっしん
2023/09/13(水) 21:22:37 ID: 13rWBX5uAw
そういえば現在カブトムシ(含む甲虫)の進化ってどうなってるのかなと思ったらネットでも書籍でもあんま
データかったなあ。精々新生代始め頃に今のどの種類は居たとか大雑把データくらいで。

甲虫含めて化石残りにくいからなあ…
👍
高評価
0
👎
低評価
0
169 ななしのよっしん
2023/11/08(水) 20:26:38 ID: 2azPu9ZyH4
>>150
ほんとはバナナのが好きなんだけどバナナゴリライメージなのと日本でも育つ果物(実際は野菜だが)といえばスイカだからやっぱりスイカが好きって事になりやすいカブ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
170 ななしのよっしん
2023/11/13(月) 13:09:09 ID: RaSXe/Ui2B
彼氏がザンギエフだった時のaikoカブトムシ
👍
高評価
0
👎
低評価
0