Scarborough Fair単語

スカボローフェア
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

Scarborough Fair(スカボロー・フェア)とは、イギリスの伝統的なバラッド、またはそれを基にしたポピュラーソングである。

概要

Scarborough Fairは16~17世紀頃に元々エルフィンナイト(妖精騎士)と呼ばれた別のバラッドを元にして作られ吟遊詩人達によって歌い継がれていたもののひとつと推定されている。Scarboroughは英国ノースヨークシャー州に現存する沿いのであり、中世期は交易の拠点として栄えていた。毎年Fair)が開催され、歌詞にある様なパセリセージローズマリータイムといったハーブも売買されていた。この様な背景バラッドとして詠われたものが受け継がれているとされるが、具体的にがどう作ったかについては正確な記録は残されていない。そのような状況であるため、Scarborough Fairの「原曲」は確認が困難である。イギリスサウンドアーカイブで現存しているに書かれた最古の資料は1670年頃のもので、最古の音は、1947年に録音されたEwan Maccollという歌手によるバラッド形式による独唱である。1960年代にはフォーク歌手のMartin Carthyがギターによる弾き語りの形式を発表している。

歌詞の前半は「スカボローというで開かれているに行く人に対して、ある男がスカボローに住む女性への伝言を頼んでいる」という内容。そして後半は「スカボローに住む女性から頼まれた伝言を男に伝えている」という内容である。歌詞の内容から、この男女は昔は人同士だったと推測される。

サイモン&ガーファンクル版

1966年2ndアルバムの冒頭曲として収録された「スカボロー・フェア~詠唱」は、ダスティン・ホフマン/キャサリン・ロス演の映画卒業」の挿入歌として起用された事により、1968年にはシングルカットされてビルボード総合シングルチャート11位まで上昇した。尚サイモン&ガーファンクル版は、2小節メロディが「B-C-B-A」であり、Ewan MaccollやMartin Carthyによる「D-E-D-A」から変化している事や、反戦をテーマに取り入れた「Canticle(詠唱)」という曲を重ねたアレンジになっている事など、受け継がれていた曲に新たな解釈/アイディアが盛り込まれている。

関連動画

多数のバージョンが存在する。

サイモン&ガーファンクル版

アナザー版

上記サイモン&ガーファンクル版のメロディ世界的に有名であるが、それと異なる、いわゆるアナザー版のメロディ日本を中心に歌い継がれている。

歌ってみた

歌わせてみた

曲のルーツを探る

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/scarborough%20fair

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Scarborough Fair

32 ななしのよっしん
2017/06/03(土) 14:41:52 ID: qXZT2WOdwO
五番マリーへ、みたいな感じの歌なんだろうか
33 ななしのよっしん
2017/07/14(金) 20:18:25 ID: 8SBm3jKHCj
終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』から

曲自体はずっと前から知ってたんだが歌詞の意味は知らなかった
古い伝承や伝説が好きなんだがこの曲の歌詞もそういう性質のものだったのね
男女を掛け合って「これができたら人になってあげる」と

元になった「エルフェン・ナイト」では騎士結婚したいとつぶやいた女性の前に妖精騎士が現れ、
「これができたら結婚してあげよう」と無理難題を言う
女性は「これができたら方の要通りにしてあげる」と逆に無理難題を吹っ掛ける

こういう自然的な存在(悪魔妖怪)とを掛け合うという形式は
世界各地に(もちろん日本にも)みられるもので、実に面白い
34 ななしのよっしん
2017/07/26(水) 03:43:19 ID: 8k0LzD4QME
すかすか関係の動画だと「戦争でもう会えない男女が自分の事は忘れて欲しい旨を遠まわしに伝えてる曲」だってコメが多いんだが
実際そういう解釈が出来る歌詞かな?
出来なくはないけどちょっと理がある気がするんだよね
まぁ曲調には凄く合うけど
35 ななしのよっしん
2017/09/09(土) 12:45:49 ID: Etqflqx7Yn
個人的な印で言えば、不可能である事を暗に示しながらもこんな世界でなら二人で幸せに暮らせるよね、っていう想が入ってるんじゃないかと思う
36 ななしのよっしん
2018/10/09(火) 04:50:26 ID: UsfTahj13P
現在スカボローに行ってきた人の旅行動画
>>sm33986703exit_nicovideo
37 ななしのよっしん
2018/12/27(木) 21:17:02 ID: jMHH8RXBgd
Déraciné
38 ななしのよっしん
2019/11/30(土) 23:26:16 ID: T78D6iHPNx
もう一つのスカボロー・フェアについて、だいぶ亀レスだけど分かった

英語読めなくて機械翻訳で何とか理解した内容で申し訳ないけど
ここのサイトの下のほうによると、
http://justanothertune.com/html/cambricshirt.htmlexit
Cecil Sharpという人が1916年に出版した
「"Scarborough Fair" in his One Hundred English Folk Songs
という楽譜の中で発表したメロディらしい。楽譜歌詞も載ってる。

ここのサイトも似たメロディを紹介してる(要英語
http://www.folktunefinder.com/tunes/81341exit

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
39 ななしのよっしん
2021/03/06(土) 23:02:26 ID: VPlQw0ixDn
10年以上前にイギリス旅行イングランドスコットランド回ったけど
スカブラにも寄ったわ
そんなに大きな町ではなかったけどすげえ綺麗なとこだった
イギリスロンドンとかより本当郊外素晴らしい
40 ななしのよっしん
2021/03/06(土) 23:07:06 ID: PaC/O0aKpz
いやイギリスで良いのはロンドンオックスフォードエディンバラだよ
もう一度旅行に行った方が良い
41 ななしのよっしん
2021/04/23(金) 19:24:18 ID: y99jgjnNi4
びたちー素材館のスカボロフェアが好き