YS-11単語

ワイエスイチイチ

日本航空機製造YS-11NAMC YS-11)とは、日本航空機製造が開発したターボプロップ旅客機である。

概要

日本航空機製造YS-11
NAMC YS-11
用途 民間旅客機 / 民間貨物機
分類 ターボプロップ旅客機
製造者 日本航空機製造
製造請負 三菱重工 (現:三菱重工業
川崎航空機 (現:川崎重工業
富士重工業
新明和工業
日本飛行機
昭和飛行機工業
住友精密工業
製造期間 1962年 - 1974年
総生産数 182
初飛行 1962年8月30日
運航開始 1965年3月30日 全日本空輸

日本航空機製造(NAMC)が近中距離旅客機として開発・製造した双発式ターボプロップ旅客機/貨物機。第二次世界大戦後の初の旅客機として有名な機体である。

YS-11の正式な読みは「ワイエスいちいち」であり、一般的には「ワイエスじゅういち」や英語読みの「ワイエスイレブン」と呼ばれる。
ちなみにYSのYは「輸送機」、Sは「設計」の頭文字であり、11は「1番」という補番号のエンジンを乗せた「1番」に設計された機体という意味である。
そのため上記のような「ワイエスいちいち」という読み方となる。
ちなみにこれは零式艦上戦闘機の各形式の読み方と同じである。
まあ、どっちも堀越さんが関わってるから仕方ないね
時刻表ではYS1YS全日本空輸便はO称のオリンピアの頭文字)と表記された。

内においては、民間機として使用されていた機体は既に全機引退しているが、政府機関では航空自衛隊海上自衛隊海上保安庁運輸省航空局(現:国土交通省航空局)で運用されており、航空局を除く他3つの機関では修を重ねて未だに第一線で活躍している機体も存在する。

岐阜県各務原市のかかみがはら航空宇宙科学博物館には、元日エアーニッポンで使用されたYS-11A-213(JA8731)が展示されており、機内も含めて見ることができる。

経歴

1954年航空機計画が通商産業省(現:経済産業省)の監督下で開始され、その開発担当として日本航空機製造が1959年6月1日に設立。

設計にはかつて零式艦上戦闘機等を開発した設計士達が携わっている。製造請負は各部品メーカーが担当し、新三菱重工(現:三菱重工業)が最終組み立てを行った。

1962年に先行試作機を製造、同年8月30日に初飛行。
1965年3月30日全日本空輸ANA)にて運航を開始。
1974年に生産停止。
内では2006年9月30日民間機としての最終飛行を行い退役した。

国土交通省航空局の機体も2006年に退役。
海上保安庁の機体は2011年1月13日に退役した。
海上自衛隊の残りの機体も東日本大震災における任務で残り飛行時間をかなり消費したため、アメリカより中古で後継機C-130Rを導入し退役を前倒しする予定。
航空自衛隊の機体はYS-11EBの後継機搭載用のALR-Xの開発など始まっているものの、後継機が決まっていないと思われるものも多く、まだしばらく使用され続ける模様。

仕様

YS-11A-100/A-200/A-500
乗員 2名
定員 64
全長 26.3 m
全幅 32.0 m
全高 8.98 m
胴体直径 2.88 m
面積 94.8 m2
虚重量 14,600 kg (A-100)、15,400 kg (A-500)
最大離陸重量 23,500 kg (A-100)、24,500 kg (A-200)、25,000 kg (A-500)
最高巡航速度 470 km/h
航続距離 1,090 km、2,200 km (最大)
メインエンジン ロールス・ロイスダートMk.542 ターボプロップエンジン × 2基
最大出 1,986~2,282kW (2,660~3,060 shp

バリエーション

民間

民間機の場合は1機ごとに形式名が違うが、以下の様に大まかに分類される。

航空自衛隊YS-11@岐阜基地(2010年10月16日撮影)

海上自衛隊

関連動画

プロジェクトX 挑戦者たち Vol.8 『翼はよみがえった』

動画内容の重複があります。パート1はパート6と同じ、パート5はパート4と同じ内容です。

前編 『翼はよみがえった ~YS-11・日本初の国産旅客機~』

後編 『翼はよみがえった ~YS-11・運命の初飛行~』

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/ys-11

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

YS-11

5 ななしのよっしん
2011/07/04(月) 20:17:16 ID: 8w55sP0vg6
>>1
実はYS-11より先に空自のT-1が開発されていたりする。
>>http://www.nicovideo.jp/watch/sm2242376exit_nicovideo
6 ななしのよっしん
2013/11/12(火) 13:52:02 ID: Ggn2P7AqUR
YSってどういう意味なんだろうと調べたらYusoki Sekkei頭文字ということを知って愕然とした
あまりにもダサすぎる・・・
7 ななしのよっしん
2013/12/09(月) 01:02:05 ID: 9NA8SXczB8
>>6
クルト・タンク「…」
8 ななしのよっしん
2013/12/09(月) 01:03:50 ID: 9NA8SXczB8
あ、ごめん
略していた言葉見間違えてた
9 ななしのよっしん
2017/05/06(土) 23:21:23 ID: qBSWrRG+f0
基地にてYS-11確認。まだまだ現役。
10 ななしのよっしん
2017/06/23(金) 23:08:00 ID: 9nb6PNcNit
なぜかフィリピン航空博物館に展示されていた
11 ななしのよっしん
2018/08/03(金) 15:07:21 ID: pVAmzr6qrd
千葉県白井育ちだけど、小学生の頃はよく飛んでたなYS-11。結構低を飛んでたもんでエンジン音の振動がをブルブルブルって震わせてたな。
同じく下総基地から飛んできてたP-3Cエンジン音が低かったから聞き分けができるようになってしまった…………
12 ななしのよっしん
2018/08/03(金) 19:43:15 ID: pzdf1YcHNo
ついこないだまで高松空港では飛行可YSと静態保存のYSを同じ視界で観れる環境だった
今は飛んでいってしまったけどね

客室入ってみると昭和バス感すげぇ
13 ななしのよっしん
2018/10/08(月) 06:56:00 ID: UTxNt/8Mcc
重い、飛ばない、振動やばい、臭い(経年劣化)で
徳島民に飛行機へのトラウマを植え付けた飛行機だったな
離陸滑走中に中々、浮かないから事故ったと勘違いして泣き出す子供が必ずいた思い出
隣に座ってた修学旅行高校生が泣き始めた事もあった
乗客が少ない時は離陸も速かったからパワーが足りてないんだろうね
14 ななしのよっしん
2018/10/08(月) 15:26:42 ID: Y46PqQDnKx
北朝鮮にも乗員乗客ごと拉致された大韓航空YS-11があるらしい。

急上昇ワード