きさらぎ駅単語

キサラギエキ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(54)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

きさらぎ駅とは、ネット上のオカルト都市伝説(いわゆるネットロア)に登場するである。

概要

インターネット掲示板2ちゃんねる」(現在の「5ちゃんねる」)の「オカルト」に、2004年投稿された一連の書き込みが元になっている。

内容

この「オカルト」に存在したスレッド掲示板)「身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ26exit」に2004年1月8日23時14分に投稿された、レス(書き込み)番号98から始まった。

この書き込みレス番号137からは「はすみ ◆KkRQjKFCDs」というハンドルネームおよびトリップを使用)がまず書きこんだ内容は、「いつも通勤に使っている電車のつもりで某私鉄電車に乗っていたのだが、いつもは長くて7・8分でに停まるのに、20分間ずっとに停まらず走り続けている」という携帯電話からの相談書き込みだった。他の乗客はみんな眠っていてをかけづらいという。

「はすみ」氏が現状の説明書き込みをしているうちに、電車トンネルを抜けてからスピードを落として0時25分ごろに「きさらぎ駅」に停まった。「はすみ」氏は迷ったもののそので降りてしまう。その無人駅で、時刻表も前後のを示す表示もかった。その内、電車は「はすみ」氏だけを「きさらぎ駅」に残して発してしまった。「はすみ」氏はしかたなく一人での外に出るが、原や山が見えているだけで本当に何も無いところだった。

家族電話して迎えに来てもらおうとするが、家族も「きさらぎ駅」の場所がわからないため迎えに来られない。iモード(当時ドコモ携帯電話で利用できたインターネット接続サービス)でタウン情報を調べようとしてもエラーが出たという(当時のiモードでは、GPSでの測位情報に対応して現在地の周囲のタウン情報提供するサイトを閲覧することができた)。家族からの勧めで110番に電話してみたが、いたずらと見なされて叱られて終わった。

線路沿いに歩いて帰ろうとするも、遠くから太鼓を鳴らすような音やのような音が聞こえてきて徐々に近づいてきたり、片足だけの老爺が見えたが消えてしまったりと、不気味な事が起き始める。1時間半ほど歩いたところで線路は「伊佐トンネル」に続いていた。後ろから近づく音におびえた「はすみ」氏はそのトンネルに入ることにする。

トンネルを抜けると、かが立っていた。親切な人で、で近くのまで送ってくれるのだという。だが、「ここは比奈だ」と、はすみ氏く「絶対にありえない」ことを言われる。さらに、はどんどん山の方に入っていき、その人も全く話してくれなくなったうえに意味不明独り言をつぶやき始めた。

携帯電話バッテリーがもう切れかけている、様子が変なので隙を見て逃げようと思う……という書き込みを最後に、「はすみ」氏の書き込みは途絶えた。

その後

現実世界との関連

基本的には創作怪談系の話だと見なされている。「はすみ」氏の書き込みには矛盾点もある。「11時40分の電車に乗ったと思う」とっているが、最初の書き込みがまだ11時14分である点が挙げられる。

また、「新浜松からの乗」と書き込まれていることから、乗した電車遠州鉄道である。しかし、遠州鉄道距離はおおむね1~2km程度で、「長くても7~8分」ほど走り続けることはい。

また、「快速列車?」「特急各停の間違いじゃないの?」という書き込みに対し、はすみ氏が「ご摘の通り、乗り間違えた可性もある」と言っている。しかし、遠州鉄道は全列車が新浜松駅から終点の西鹿島駅まで各駅停車で運行される。そのため、日常的に使っていれば「乗り間違え」に思い至ることはほぼい。このように、一部の地元民や鉄道ファンからは(かもしれないが)ツッコミを入れられている。

なお、「さぎの宮」が名前の元とする説もある。こちらは遠州鉄道実在するで、住宅街水田に囲まれた、のどか郊外である。窓口があり、20時30分までであれば駅員もいる。

また、「比奈」は同じ静岡県内の岳南鉄道富士市)に実在する名である。浜松からは距離がかなりあるため、はすみ氏の言う通り「絶対にありえない」場所である。トンネルの「伊佐貫」は地名としてはいものの、浜松市内には「伊佐見」、静岡市清水区には「伊佐布」という名前の地区は存在する。

他にも、テレビ番組『何だコレ!?ミステリー』では、現在の磐田にあった、廃線となった電気鉄道の「匂坂(さぎさか)」や、同線を転用した区間にある天竜浜名湖鉄道の「トンネル」が言及された。「と太鼓の音」から周辺地域で行われている「遠州大念仏exit」も紹介されている。

遠州鉄道側もきさらぎ駅とコラボする動きを見せており、後述する「裏世界ピクニック」に広告ジャックされたりもしている。

創作での発展

書き込みが続いている当日から「ネタだ」と摘している人もいた。ただし創作だとしても掲示板リアルタイムで書きこまれた不気味な雰囲気の話として優れた部類に入るものであったし、スレッドの趣旨からして当日「ネタだ」と摘していた人はものとして扱われていた。

その後も様々な場所でこの「きさらぎ駅」についてられていった。「きさらぎ駅に降りてしまった」と生的な投稿も複数なされたが、それらの出来は玉石混交であったようだ。

さらには、複数のオカルト系の創作作品などで題材として使用されるようになった(『裏世界ピクニック』『怪異症候群3』など)。中には台湾香港など、海外の作品もある。また複数言版のWikipediaに「きさらぎ駅」の記事が作成された。このように、「きさらぎ駅」は徐々に「有名な都市伝説」となっていった。

関連動画

書き込み内容再現

TRPG

二次創作小説

フリーゲーム

楽曲

関連静画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/25(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/25(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP