今注目のニュース
「インターンシップで企業は本来の姿を見せていない」識者が指摘 入社後のミスマッチで離職率が上がる傾向
ヤラセレビュー見抜ける?「サクラチェッカー」話題 製作理由は、調査方法は、精度は...作者に聞く
「おがすげなものは投げねでけろな」 山形弁全開!他県民には難解すぎる注意書きが話題

オートプシー・イメージング単語

オートプシーイメージング

掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

オートプシー・イメージング(Autopsy imaging)とは、死後画像診断である。以下、それぞれの単頭文字をとって 、「Aiエーアイ)」と表記する。

概要

Autopsyとは剖検、imagingとは画像、直訳すると「画像解剖」となる。死因究明に不可欠な「死亡医学検索」の手段はいままでは「解剖」しか存在しなかった。しかし、日本の年間死亡者約万人に対し、総解剖数はわずか三万人である。解剖率…たったの3%か、ゴミつまり、残りの97%の死者は、死因不明のまま弔われていることになる。この「死因不明社会」に対する特効が「Ai」なのである。その方法は「遺体の内部の画像を撮影する」たったこれだけ。これだけで、多くの死因を究明できるのである。

「死因不明社会」って?

死因不明社会とは、読んで字のごとく、「死因が分からない社会」のことである。「死因なんて分からなくても別にいいだろ 、死人が生き返る訳じゃねーし」なんて言ってると、下のような事になる。

  1. 親族の死因が確定されずに済まされ、医療ミスを見逃す、保険の請ができなくなるなどの問題が起こる。
  2. 昔の病気が再発したのか、それとも別の病気で死んだのかすらわからない。これでは治療の効果があったのかが分からず、効果的な治療法の確立が遅れてしまう上、医療統計をとることもできなくなる。
  3. 体表から見ただけで事件性の有を決めている現状、解剖なしでは犯罪を見逃してしまう可性が高まる。しかし、体表に立った傷がなければ、強制を持つ解剖は難しい。だからと言って、遺族の了承のいる承諾解剖はもっと難しい 。かくして、犯罪は見逃され、新たな被害者を生んでしまう。

つまり、死因不明社会は、医療の質の低下、治安の悪化に直結するわけだ。

Aiの施行

いよいよ本題、Aiについての話。Aiを実施すれば、前述の様々な問題を解決することができる。施行は簡単。今までは 検案→解剖となっていた死亡医学検索。この間に検案→Ai解剖と、Aiを間に挟んでやるだけでいい。ね、簡単でしょう? 遺体の撮像では、コンピュータ断層撮影(CT)や核磁気共鳴画像法(MRI)がに用いられる(ちなみに日本には諸外均の6、7倍の数のCT・MRIが設置されており、Ai施行には充分過ぎるほどの環境が整っている)。CTでは30%MRIでは60%程度の割合で死因を究明することができ(解剖では75%程度)、放射線専門医、それ以外では一般臨床医が診断する。Aiは、ずさんな死因究明制度にを当て、死因不明社会への処方箋となるのだ。

Aiの利点

ここで一度、Aiの利点を整理してみる。

  1. 解剖の前に、その必要があるかないかを選別できる。から出る予算は当然限られる上、解剖の費用は25万~50万円と非常に高額なため、駄な解剖を避けることは極めて重要。論、解剖をする場合でも、Ai情報の有で精度は全く違ってくる。
  2. 遺族の承諾が得やすい。Aiは画像診断なので、遺体に傷一つ付けずに検を行える。遺体を傷つける解剖は嫌だが、Aiならぜひやってほしいという遺族は多い。現に、Aiを拒否されるケースは限りなく少ない。
  3. Ai画像は、終了後にも客観的な状態を保ったままデータを取得できる。これは解剖にはない大きなメリットである(言うまでもく、解剖した後は遺体はバラバラになってしまう)。
  4. 費用が安い。CTの費用は3~5万円、MRIでも5~7万円と、非常に経済的。
  5. スピードが速い。Aiは撮像に約1分、診断まで含めても1時間と、かなりの速さで結果が出せる。当然、遺族への説明がめにできる上、医学情報を臨床現場に即座にフィードバック出来るようになる(解剖は結果が医療現場と遺族に伝えられるまでに1ヵ~数年を要する)。
  6. 解剖承諾が得やすくなる。遺族にAi画像を見せながら説明することにより、医師解剖の必要性をより明確に説明できるので、遺族も解剖の必要性を納得しやすくなる。
  7. 犯罪を見抜くことができる。体表に立った異常がなければ、解剖の執行は難しい。また、仮にその症例が殺人事件で、さらに、遺族の中にその犯人がいたらどうだろう(保険殺人など)。遺体を傷つけたくないという理由で承諾解剖も拒否されれば、間違いなく犯罪を見逃してしまう。しかし、Aiは遺体を傷つけないので、このような言い訳も通用しない。Aiは、犯罪監視システムとしての側面も持つのだ。
  8. 児童虐待も見抜くことができる。小児の死亡例は、特に遺族の抵抗が大きい。さらに項7の問題も相まって、虐待死が見逃されやすい状況が作られている。同じ庭で連続して起こった虐待事件など、第一の事件を見逃したばかりに第二、第三の事件が起きてしまったという、悲劇的なケースもある。しかし、小児死亡例の全てにAi実施を義務化すれば、このような悲劇は起こらなくなる。
  9. 大規模災害時の遺体の身元確認に役立つ。このような事態では遺体の発見が遅くなることが多く、そのような場合は往々にして遺体の状態が悪く、体表検案だけでは身元が分からない。ここでAiの出番である。過去の手術歴などがAiで簡単に分かるので、身元確認に効果的なのだ。最近では、オーストラリア・ビクトリア州での大規模山火事や、東北地方太平洋沖地震被災地でも活躍した。

Aiの実施によって、これだけの恩恵が得られるのだ。しかも、画像情報の蓄積やCT・MRIの進歩によっては、さらなる飛躍が期待できるようになる。

Aiの問題点

このように素晴らしい方法であるAiだが、もちろん問題も抱えている。解決済みのものも含めて列挙してみよう。

  • 診断機器が、患者も用いる通常の機器と同じである。遺体を検した機器で患者を検するのは、患者に対する配慮に欠けるという反発である。この問題は、実は次の一言で簡単に解決できる。
病棟では死者が横たわったベッドに患者を寝かせますが、も文句言いませんね。 By 白鳥ジェネラルルージュの凱旋 274ページより)

通常診断機器でAiを行うことが患者に対する配慮に欠けるならば、同じ理由で、死者が寝たことのあるベッドも変えなければならない。ベッドではシーツを替えているから清潔といっても、Aiでも遺体を滅菌布でくるんで検するので、こちらも清潔そのものである。

  • 倫理面からの問題。新しい検概念は、倫理委員会の判断を仰ぐことが現在の潮流である。Aiは、まだ社会から全には受け入れられていないという批判が、倫理の専門からは出ている。この問題も解決済みである。
解剖社会のコンセンサスを得ているのに、なぜエーアイは得られないのか、ということを聞きたいんだ。遺体損壊を伴う解剖と、遺体に影を与えないエーアイと、どちらが倫理的問題を含んでいると考えているのか? By 速水一(ジェネラルルージュの凱旋 262ページより)

遺体を損壊する解剖社会に受容されている以上、非破壊検であるAi倫理的な問題をはらんでいるとは言えない。Ai倫理問題があるならば、解剖倫理委員会を通せという話になるだろう。ちなみに、現在30府県以上でAi倫理委員会を通過している。よって、Ai倫理問題なしと認定できる。

  • 費用拠出の問題。現在Aiに費用を拠出する法的根拠がないため、費用はほぼ実施施設の負担ということになっている。本来は「国家」が「全額」を「医療費外」から拠出するのが当然とされている。警察の捜にかかわる検には拠出されてきているが、まだまだ不十分である。

以上の三点のうち、二点が解決済み、残りの一点の費用拠出問題をどう解決するかが今後の課題である。

Aiと解剖

こうした場合、「Ai解剖って、どっちが優秀なん?」といった較論になりがちだが、これは正直、どっちが優秀とかそうでないとか、一概には言えないのだ。Ai解剖次元の違う検なので、較が不可能なのである。むしろ、前に述べたとおり、Ai解剖の良きパートナーなのである。Aiが導入されると解剖が不要になってしまうと考える人が少なからずいるが、Aiでも死因不明だった症例は解剖に回されることが多くなるので、むしろ解剖は増加が見込まれている。Ai情報によって、解剖情報の質はアップする。解剖は一部分に的を絞って検することにかけては効果抜群なのだが、逆に全体をくまなく検することが苦手という弱点がある。しかし、Aiは、その全体検が大得意なのだ。さらに、Aiによって頭部の検が簡単にできる。頭部の解剖は体幹部の解剖とは別に承諾を取るので、頭だけは解剖しないでくれという遺族も多かった。そのような症例でも、Aiなら非破壊検だから大丈夫。対して、解剖Aiの助けになることもある。Aiで検出されなかった病変が解剖で検出されれば、Aiの診断限界を知ることができる。Ai解剖は互いに互いの弱点を補っているのだ。

まとめ

ここまで読んでくれた人なら、Aiの有用性は理解できたと思う。Aiが普遍化すれば、必ず医療関係者・患者双方にとって役立つシステムになる。悪徳医師や悪徳法曹や犯罪者虐待親は困るかもしれないが。まだ普遍的な導入までは至っていないが、市民がそれを望みさえすれば実現可だ。これからのAi、そして医学の進歩に期待しよう。

関連商品

大人シリーズ田口白鳥シリーズ」。いずれの作品も作中でAiが活躍する。

海堂尊Aiを提唱してからのアカデミズム闘争の軌跡を記した大ボリュームの闘争記。ヨシタケシンスケのユニークな挿絵も必見。

死因不明社会現実と、その処方箋たるAiについて、「田口白鳥シリーズ」でお染みの白鳥と、「螺鈿迷宮」に登場したジャーナリストの別宮葉子が対談形式で分かりやすく解説。

提唱者の海堂尊と共に、山本正二を始めとした5人の専門たちがAiりつくす、最新のAi書籍。

関連項目

関連リンク

掲示板

  • 8ななしのよっしん

    2015/07/24(金) 22:51:25 ID: 7zjroXWZc/

    海堂尊「作品」とは関係ない(?)けど、入門書としてはこんなのがあるな。amazonレビューくこの本以降でそれなりに研究の蓄積があるらしいから新しめの本もほしいところか。
    >>az4884122712exit_nicoichiba


    >>6
     「正確性」だの「まるで深夜通販番組のような恣意的構成」だの書いてるヒマがあるなら反対論者の論文なり書籍なりの外部リンクればいいじゃないか。「医学に携わっている者」をれるなら、スレにCiNii Articlesやニコニコ市場リンクの貼りつける方法くらい知っているだろうに。

  • 9ななしのよっしん

    2016/02/22(月) 08:07:24 ID: b/CHmcG/3t

    海堂尊は現役の医者だと聞いた。現在解剖に疑問を感じ、死因解明の方法がないかと探った結果がこのAiなんだろうな。化学屋じゃけん、医学については分からないが、虐待などを解明できるのはメリットのひとつではないか、と思える。

  • 10ななしのよっしん

    2016/04/05(火) 09:24:52 ID: 7D+wiJ39ya

    これ記事の内容書籍からのほぼ転載じゃん
    規約上やっていいのこれ

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP