今注目のニュース
『テトリス』生みの親パジトノフ氏が好きなテトリミノは”Jミノ”!好きじゃないのは……
ヤフー、「Yahoo!スコアが勝手に企業に提供される」を否定 「同意した場合のみ企業に提供」
オオカミ犬の意外な姿!?ゴロンゴロンしている仕草に思わずほっこり

スティーヴン・スピルバーグ単語

スティーヴンスピルバーグ

掲示板をみる(47)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

スティーヴン・アラン・スピルバーグ (Steven Allan Spielberg) とは、アメリカ合衆国・オハイオ州シンシナティロシアユダヤ人映画監督である。

解説

監督としては、世界的なヒットメーカーの一人として挙げられる。
恐らくは史上最も成功した映画監督。 

撮影においてリハーサルを行わないなど、凄まじい撮りで有名。大作『プライベート・ライアン』は2ヶで撮影を終えたという。
製作費をできるだけ安く抑えることでも知られる。
撮影機材に精通している。また、現在映画界(特に邦画)では多くの監督デジタルで撮影を行っているが、彼は今でもフィルムを使用している。デジタルで撮影することも検討したらしいが、フィルムが好きだとっている。

映画業界のブラックジョークとして、「スピルバーグは3テイクと7テイクをよく使う」とあるが、実際に彼は、俳優がいい演技をするのはそのあたりだとっている。

リメイク・続編を連発する現在ハリウッドには非常に批判的であり、新しいもの・新なものを作ろうという意気込みは『トランスフォーマー』などに表れている。
「人気の出た映画は続編を製作して稼ぐ」という、現在では鉄板の戦術の走りとなった『ジョーズ』についても、彼本人は2作以降には断じて手を付けておらず、収益を上げた『E.T.』も続編を制作会社に要されながら拒否した。
ジュラシック・パーク』は2作やる気が失せ、3作では監督せずプロデュースにまわった。
が、『インディ・ジョーンズ』の4作クリスタルスカルの王』を作ったときには、その信条に反するのではないかと各方面から批判が飛んだ。スピルバーグはインタビューで「作るべきときに作っただけ」とっている。

以前は「私はアカデミー賞を獲れないだろう」と常々発言していたが、『プライベート・ライアン』で監督賞を受賞したときには、「どうしても欲しかった」と、とうとう本音を漏らす事になった。
確かにもともとアカデミー賞をはじめとする映画賞には縁遠く、アカデミー賞監督賞を受賞した『プライベート・ライアン』『シンドラーリスト』ではゴールデングローブ賞なども獲得しているが、それ以外はさっぱりである。『未知との遭遇』と『レイダース/失われたアーク』で監督賞、『E.T.』で監督賞と作品賞にノミネートされたが、いずれも受賞は出来ず、『カラーパープル』に至っては10部門にノミネートされながらも全て受賞を逃すという苦い思いを味わった。

80年代は娯楽路線からシリアス路線へと移行した時期だが、『ジュラシック・パーク』をヒットさせた年に『シンドラーリスト』でアカデミー監督・作品賞を受賞しており、この作品を露オスカー狙いとする向きも強い。前述の『カラーパープル』もやはりその時期の作品であり、余りにあざとすぎたがために受賞を逃したとさえ言われる。

逸話

主な作品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP