今注目のニュース
「まだ結婚できない男」タイトル連呼は不快と“ご意見”
元アメリカ空軍兵士が日本で念願の「カツカレー」を食べた結果
《慶應アメフト盗撮》女子マネジャー風呂を盗撮・拡散した部員の卑劣手口と部内隠蔽疑惑

バーナビー・コステア単語

バーナビーコステア

  • 0
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

バーナビー・コステアBarnaby Costea)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。

CV.坂下一郎(石黒監督OVA)。

概要

自由惑星同盟軍人、大佐エコニア捕虜収容所所長。宇宙78810月時点で59歳、がわずかにさがった色の、ひとにぎりほどの白髪が交じる短い黒髪と同色の硬い口を持つ中年の軍人。

40年以上の長い軍歴を持つ叩き上げの軍人で、第二次ティアマト会戦での従軍経験を持つ。のちにエコニアでの捕虜叛乱事件をきっかけに不正が明らかとなり拘禁された。

経歴

軍専科学校を卒業し、宇宙74512月16歳で第4艦隊(フレデリック・ジャスパー中将)所属の最年少兵士として第二次ティアマト会戦に参加。以後ノンキャリアの軍人として軍歴を重ね、46歳(775年前後)で少佐に昇進し、788年までに大佐エコニア捕虜収容所所長の地位にまで昇った。

このエコニア捕虜収容所で、コステアは不正に手を染める。彼は幾年もかけて予算を横領し、350万ないし360万ディナールほどの銭をフェザーン銀行匿名口座へと収めていった。しかし78811月、参事官としてヤン・ウェンリー少佐が収容所に赴任したその日の、事態は大きく変化することとなる。

帝国軍捕虜による叛乱事件の発生である。

エコニアの捕虜叛乱事件

捕虜中の自治委員長クリストフ・フォン・ケーフェンヒラー大佐とヤンの推測によれば、コステアは辺の捕虜収容所に”エルファシルの英雄”が赴任してくると聞き、彼の不正を調べるための秘密監察官ではないかと思い込んだらしかった。ヤンにそんなことできるわけがないのだが疑心暗鬼にとらわれ、なかば自棄になった彼は、不都合な存在を強引に抹消してしまうべく陰謀を巡らせたのである。

コステアは捕虜のプレスブルク中尉に、ケーフェンヒラーの不正をあばくのに協すれば特赦の対にして半年以内に帝国へ返してやる、と使嗾し、捕虜による叛乱を起こさせた。彼らは副所長ジェニングス中佐を人質にとりコステアはその身代わりとして参事官ヤン少佐(と立補した参事官補フョードル・パトリチェフ大尉)を送り込んだ。ヤンたちはそこで、すべてを見抜いていたケーフェンヒラーからコステアの不正と陰謀について聞かされることとなる。

そしてコステアは、叛乱者のいる東一七号棟への攻撃を開始し、叛乱者もろともヤンを消そうとはかった。彼は管制室から部下にヤンたちを探し出すよう厳命したが、彼らはすでに脱出しており、まずパトリチェフがプレスブルクを連れてコステアの前に姿を現し、さらには動転する彼の背にヤンがを突きつけた。コステアは上官への叛逆と糾弾することで危地を脱そうとしたが、プレスブルクに締め上げられたあげくにパトリチェフに然と脅迫されては、罪を認めるから助けてくれ、と懇願するほかなかった。

事件の後処理と逮捕

その後、コステアはプレスブルクの監視のもと所長室で軟禁されることとなる。やがてタナトス軍管区マシューソン准将の代理としてムライ中佐がやってくると、彼はムライの心を良くしようとする一方でヤンやプレスブルクらを糾弾し、自身の階級をも持ち出そうとしたが、謹厳きわまるムライの前では被審問者のひとりという立場に甘んじざるをえなかった。

それでもコステアはどうにかしてヤンやケーフェンヒラーを陥れて事態を打開しようと考えていたようだが、その日の夕食後、あまりにもく、横領容疑での拘禁がムライから言い渡された。彼はむろん飛び上がって抗議したが、ムライはすでに到着以前の段階で横領の拠を固めており、弁解の余地はなかった。コステアは正式な軍法会議のために拘束され、ついでというべきか、軍部も辺の捕虜収容所人事の通しを良くする必要を感じることとなった。

人物関係・評価

一兵卒のころに上官だった”行進曲ジャスパーを尊敬しており、エコニアでも所長室にジャスパーの肖像写真を掲げている。当時、コステアはジャスパーからじきじきにをかけてもらったことがあるらしく、その時の感をのちのちまで覚えていた。その上で総司令官の立場にあった英雄ブルース・アッシュビー元帥については、批評の対にならない神様のようなもので、ただ信仰するだけだったとっている。

ヤンからは初対面で「ややかたくるしそうな印」を覚えられているが、これについては「ヤンのに”だらしない”と映るようでは、軍人としては問題がありすぎるだろう」と相変わらずヤンには口が辛い地の文に評されている。ヤンは所長としてのコステアについて、無能ではないが温厚で気前がよいというほどではなく、まじめで忠実なあまりに捕虜たちの小さな望みもつぶしてしまいがちなのではないか、ゆえに捕虜たちからはまれているのではないか、と推測した。そのヤンはといえばわずか21歳にして少佐であり、口さがない兵士からはコステアにとっては)おもしろいはずがないさ」などと言われていた。

副所長ジェニングス中佐には良い感情をいだいているとはいえなかった。官僚的才を持ち、コステアの少佐昇進より10歳も中佐の階級にあるのだから理もないことで、ジェニングスの習慣である間の巡回についても、不眠症を利用した「上にたいするいやがらせ」と考えていたようである。その他、部下にあたる収容所幹部としては警備主任ボーリイ少佐がいる。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/04/26(金) 05:22:47 ID: PO1fVS/s7F

    退役後は企業経営でもするつもりだったんだろうか

  • 2ななしのよっしん

    2019/04/28(日) 11:34:22 ID: OftIfGKs+S

    >>1
    フェザーン公民権を取得してフェザーン財閥経営のリゾート惑星へ移住、という線も浮かんだ。

  • 3ななしのよっしん

    2019/10/15(火) 14:09:34 ID: 89HEKeA/iy

    OVAだと第一印は好人物だったのに次の回からいきなりクズになって挙句黒幕だったのは

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 09:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP