今注目のニュース
「ジョジョ」第35話、ナランチャの死に視聴者呆然「胸が痛い」「涙が止まらへん」
「ペロペロが止められないにゃん!」 ハミガキ粉の味がどうしても気になっちゃう猫ちゃん
新手のナンパ登場? 女子高生に「久しぶり、前世はあなたの夫でした」と声を掛ける不審者

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー単語

ファイナルファンタジークリスタルクロニクルクリスタルベアラー

掲示板をみる(44)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル クリスタルベアラー』 (FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES THE CRYSTAL BEARERS) とは、2009年11月12日スクウェア・エニックスから発売されたWiiゲームソフトである。略称はFFCCCB、FFCCTCB、クリスタルベアラー、ベアラーなど。

ファイナルファンタジー外伝シリーズであるクリスタルクロニクルシリーズの6作

概要

コピペな概要

110 名前: ノイズh(兵庫県) 投稿日2009/10/18(日) 20:53:28.88 ID:cP/lp4iT
このファイナルファンタジークリスタルクロニクルクリスタルベアラーってのはゲームキューブで出たクリスタルめてするファイナルファンタジークリスタルクロニクルシリーズの続編じゃなくてDSで出たファイナルファンタジークリスタルクロニクルリングオブフェイトファイナルファンタジークリスタルクロニクルエコーズオブタイムに並ぶファイナルファンタジークリスタルクロニクルシリーズの一つの作品なだけ。 ちなみにファイナルファンタジークリスタルクロニクルリングオブフェイトファイナルファンタジークリスタルクロニクル以前の世界ファイナルファンタジークリスタルクロニクルエコーズオブタイムファイナルファンタジークリスタルクロニクルより未来世界ってことになってる。 世界観から言うとファイナルファンタジークリスタルクロニクルクリスタルアラーファイナルファンタジークリスタルクロニクルファイナルファンタジークリスタルクロニクルリングオブフェイトファイナルファンタジークリスタルクロニクルエコーズオブタイムと同じ設定であることは予想される。 ここまでで気付いた人がいると思うけどファイナルファンタジークリスタルクロニクルクリスタルベアラーの前作はファイナルファンタジークリスタルクロニクルエコーズオブタイムじゃなくて光と闇の姫君と世界征服の塔 ファイナルファンタジークリスタルクロニクルなんだよね

真面目な概要

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES
THE CRYSTAL BEARERS
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 Wii
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 スクウェア・エニックス
発売日 2009年11月12日
プレイ人数 1人 (2人による干渉が可)
希望小売価格 7,340(税込)
年齢 CERO: B (12歳以上対)
セーブデータ 1 (3ユーザー分の管理が可)

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクルシリーズの第6作コンセプトは『プレイヒーロー』。
今作では以前のシリーズ(FFCCFFCCRoFFFCCEoT)とは違い全にシングルプレイ専用となっている。
時系列上ではもっとも遠い未来物語

シナリオプロデュースサガシリーズで有名な河こと河津秋敏

タイトルの「クリスタルベアラー」は体の一部がクリスタル化した者のことで異者とも呼ばれる。
ベアラーはそれぞれ特殊なを持っており、多くの人々からは忌み嫌われている。

主人公は引を操るクリスタルベアラーで、クラヴァット族の青年レイル。

システムレイルのに準じたシステムになっており、Wiiリモコンで物や敵を弾いたり、引き寄せたり、
放り投げることが出来る。ヌンチャクで移動する。(GCコンクラコンには対応していない)
コンセプト上、主人公ヒーローなので成長することはないが、アクセサリーで強化することは可
またシステムの都合上、他のキャラクターを使用することは出来ない。

いくつかのイベントは『プレイアブルイベント』となっておりイベント中でも操作が出来る。
というかストーリーを進めるためのミニゲームのようなもの。

プロローグ

公式サイトより

世界を覆う瘴気をらした冒険者。 活気溢れる都を築いた小さな王様
に満ちた双子の冒険。 少女が見せたやさしい世界

か数千年前の物語は既に人々の記憶にあろうはずもない。
そしてもう一つ、人々の記憶から失いかけているもの-。
ユーク族の存在・・・。

過去リルティ族とユーク族はお互いの存在を賭した戦争を起こした。
科学技術に秀でたリルティ族と、魔法に秀でたユーク族のは一長一短で均衡し、
最終的には互いの種族に呼応するクリスタルをどちらがく破壊できるか、という戦争になった。
そして、リルティ族がユーク族に呼応するクリスタルを破壊し、ユーク族はこの世界から姿を消した-。

それから幾数世、武器はから銃火器へ、魔法はその存在すら忘れ去られた。
そして、クリスタルが持つは産業に活用され、リルティが誇る技術が人々の生活を支えていた。

これからられるのは、FFCC史上、最も技術進化した世界で繰り広げられる物語-。

登場人物

スタッフ

関連動画

PV

プレイ動画 / 実況動画

関連商品

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/25(火) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/25(火) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP