メドゥーサ単語

メドゥーサ

1.7千文字の記事
掲示板をみる(60)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

メドゥーサΜέδουσα, Medusa)とは、ギリシア神話に登場する怪物のひとつである。
「恐ろしきもの」を意味する三人の女怪、ゴルゴーンの一人。その名は「女王」を意味する。

日本ではメデューサとも呼ばれるが、本来は間違いである。文学などでは長音記号省略表記のメドゥサでも呼ばれる。

概要

メドゥーサ

ヘシオドスの『統記』によると、入江辺を支配する海神ポルキュースとその妻ケート―のゴルゴーンのステンノ、エウリアレにあたる。

髪の毛の一本一本がで、の手、の牙を持つ異形と表現される。その前身はギリシア神話に取り込まれる際に魔物の姿に落した大地だと推察されている。

三姉妹はもともと美しい女性であったが、メドゥーサがポセイドン愛人となり、事もあろうにアテナ殿で情事に及んだ。この罪によりメドゥーサは怪物に変えられ、これに抗議した二人も同じ怪物にさせられたという。異説ではメドゥーサが『自分は女神より美しい』といってしまったためアテナの怒りを買い、怪物に変えられたといわれている。

最大の特徴は『その姿(あるいはその瞳)を見たものは石化する』という呪いを帯びていること。死して首だけになってもなおその呪いは効果を発揮した。
ステンノとエウリアレは不死だったが、メドゥーサだけはそうではなかった。この特性のため、後にメドゥーサは勇者ペルセウスによって討ち果たされるのである。

ペルセウスダナエーは、アルゴス王アクシリオスのだったが、彼は「が産む息子に殺される」と予言された。この為彼はダナエーをに閉じ込めたが、その美貌を見初めた大神ゼウスに姿を変えて彼女の上に降り注ぎ、ペルセウスが生まれた。
アクシリオスは子をに閉じ込めてへと流し、二人はセリーポスに流れ着く。そこでペルセウスはたくましい青年に成長したが、セリーポスの領ポリュデクテースはダナエーに横慕し、邪魔なペルセウスを排除する為に「ゴルゴーンの首をとってこい」と命じた。

息子であるペルセウスには様々な加護が与えられ、彼は洞窟で眠るゴルゴーンに、貸与されたハデスの「隠し」で姿を消して近づき、のように磨かれたを頼りにメドゥーサの姿を見定める。そしてハルペー」でその首を切り落として魔法の袋「キビシス」におさめ覚めた達が驚き騒ぐのをよそに、ヘルメースの「飛ぶサンダル」で一散に逃げ出した。

この時、大地に迸った血から持つ天馬ペーガソスが生まれ、別伝では剣持巨人クリュサーオールが生まれた。またに滴り落ちた血はサンゴとなり、砂漠に散った血はサソリなど猛生き物になったという。

ペルセウスはセリーポスへの帰途、エチオピア王女アンドロメダーを襲おうとしていた怪物を退治するのにメドゥーサの首を使う。そしてアンドロメダーを妻として帰還を果たし、ポリュデクテースに「ご所望のゴルゴーンの首でございます」と言って首をつきつけ、石に変えてしまった。

その後ペルセウスは彼を支援したアテナにメドゥーサの首を奉納し、アテナは自らの(胸当てとも)アイギスにこれをとりつけた。彼女アイギスを振るえば邪悪を祓い味方をおおいに鼓舞したという。

創作作品において

メドゥーサをモチーフにしたモンスターは、数々の小説ゲームに見ることができる。(ex.悪魔城ドラキュラロマンシングサガドラえもん のび太の魔界大冒険

女性の呼び名として

のように狡猾』あるいは『のように冷血』と賞されるような(?)女性について、メドゥーサという呼び名が与えられることがある。本人たちにとってはあまりありがたくない呼び名であることは想像に難くない。

ただし、明らかにメドゥーサをモチーフにしている女性キャラクターも存在している。(ex.蛇姫ボア・ハンコックワンピース))

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/21(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/21(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP