今注目のニュース
「真・女神転生III」リマスターで「魔人ダンテ」復活! 悪魔も泣き出すアイツが「貫通」付きで帰ってくる
アンガ山根、筋トレの成果出る? 「ジャイアント馬場みたい」とファン驚愕
何かの暗示? 『アクタージュ』打ち切り直後、コンビニで衝撃の光景が…

ゼウス単語

ゼウス

  • 6
  • 0
掲示板をみる(111)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ゼウス英:Zeus, 古希:Ζεύς)とはギリシャ神話の最高である。
宇宙を支配する々と人間の王として古代ギリシア全土で広く信仰を集め、多神教にありながら一神教に近い尊崇を得ていた。

概要

クロノスレア兄弟ポセイドンハデス姉妹ヘスティアデメテルヘラ
正妻は三柱いたが、最終的にはヘラ正妻としている。また多数の愛人との間に子を設けており、その多くが神話としてり継がれた。詳細は後述。

は、印欧祖で*dyḗws。*dyew-の幹はきを表し、転じて(の)を示す。*dyḗwsは天空擬人化したと考えられ、ギリシャ神話ディオーネー( Διώνη, Diōnē )や、サンスクリットのデーヴァ( देव , devá )、ゲルマン神話テュール( Tyr )などと関連する。

徴としての聖獣は鷲、オーク(樫)。キュクロープスにより作られた霆(ケラウノス)を武器とし、これは世界ばかりか全宇宙を焼き尽くすほどのがあったという。
ローマ神話ではジュピターユピテル)と同一視された。

生い立ち~ティタノマキア

ウラノスを追放して々の王となったクロノスだったが、「自分の子に王座を追われる」という予言を恐れ、レアに産ませた子を次々と飲み込んだ。しかし末子であるゼウスだけはレアにより匿われ、難を逃れる事が出来た。

クレタのディクティオンという洞窟にてニュンペーに育てられ、アマルテイアという山羊を飲んでゼウスは健やかに成長。
クロノスネクタルを飲ませて次々と兄弟姉妹を吐き出させて救出、クロノスたちティターンとの戦い「ティノマキア」が発生する。

世界を滅ぼしかねない戦いに決着をつけ、勝利したのはゼウス達だった。かくしてティターンタルタロス奈落)に封印され、オリュンポスの支配が始まる。
これに当たりゼウス、ポセイドンハデスの三柱はくじ引きを行って支配する領域を決定。ゼウスが天空ポセイドン大洋、そしてハデスが地下と府をそれぞれ支配する事となった。

ティタノマキア以後

ゼウスの支配も盤石ではなく、その後大きな戦争が2度起きている。

タルタロスが子らであるティターンが封印された事を怒りを覚えた大地ガイアは、同じく自分の子である巨人ギガースに命じてオリュンポスを攻撃させた。
これを「ギガントマキア」と称するが、この戦いでは流石のゼウス達も苦戦した。ギガースはガイア加護を受けており、「々の攻撃では決して殺されない」という特性を与えられていた為である。
山や巨岩、燃え盛る巨木を投げつけて攻撃してくるギガースが勝利するかに思えたが、ゼウスは「人間英雄であればギガースを殺せる」という点をつき、先に人間との間にもうけていた大英雄ヘラクレスを参戦させる。ゼウスの霆に打たれて戦闘不能になったギガースは、ヘラクレスの必殺のによって次々と討ち取られ、この戦争ではオリュンポスが勝利を収める事となった。

ゼウスを始めとした々の慢心と増長に怒り狂ったガイアタルタロスと交わり、最強の怪物・テューポーンを産み落とす。
あまりの強さと恐ろしい姿にパニックを起こした々は変身してエジプトまで逃げ、単身挑んだゼウスは闘の末に敗北武器を取り上げられた上に手足の腱を奪われて化されてしまった。
しかしテューポーンも浅からぬ傷を負い、たるガイアに治療してもらう間にゼウスを閉する。この隙に狡猾な盗人の守護ヘルメスは隠されていた腱を奪い返してゼウスを救出、を取り戻したゼウスはテューポーンを追撃。追い詰められたテューポーンは運命の女神を脅し、あらゆる望みをえる「勝利の果実」を奪い口にするが、それはあらゆる望みを失わせる「無常の果実」だった。
最終的にテューポーンはシケリア(シチリア)にまで追い詰められ、山を投げつけられて敗北現在でも火を噴くそれは、エトナ山という名で知られている。

正妻・愛人・子

正妻

最初の正妻は知恵の女神メーティで、彼女ティターンでありながらゼウス達に味方したでもあった。しかしガイアは「ゼウスとメーティスの間に生まれた男をもえる」と予言。祖と同じ呪いを恐れたゼウスは懐妊していたメーティスを飲み込み、子が生まれないようにした。
ところが日が経つと、ゼウスはしい頭痛に襲われるようになった。あまりの痛に耐えかねたゼウスは鍛冶ヘーパイストスに命じ、自分の頭を鎚でカチ割らせる。するとゼウスの頭からは成人し、武装した戦の女神アテナが誕生。生まれたのが女神であった為、ガイアの予言は効となった。
またこの出来事によりゼウスはメーティスの知恵を手に入れたとも、メーティスはアテナと共に脱出に成功したともされている。

二番正妻は法と掟の女神テミスだった。彼女はウラノスとガイアの子であり、夫との間に季節の三女ホーライ、運命の三女モイラ正義女神アストラエアをもうけた。

三番正妻が、一般に広くゼウスの正妻として認知されているヘラである。
でもある彼女の美しさに魅了されたゼウスは、テミスがいるにも関わらずヘラに迫ってものにしようとした。しかしヘラしく拒絶し、テミスと別れて自分を正妻にするのであれば身を委ねると告げる。ゼウスはテミス離婚するを選び、ヘラとの間に戦のアレース青春女神ヘーベー出産女神エイレイテュイアが生まれた。

ヘラ結婚と貞節を女神であり、その関係上ゼウスの浮気を厳しく監視した。ゼウスの愛人及びその子に対しては苛な罰を与え、浮気の協者にも容赦しなかった。
とはいえ夫婦仲は悪い訳ではなく、またヘラが当てつけに浮気をした事は一度もない。

愛人・子

ここでは著名な例を挙げる。(追加あれば宜しくお願いします)

カリスト

ニュンペー(精霊、下級の女神)。
アルテミスに仕え、処女の誓いを立てていた。しかしその美貌をゼウスに見初められ、アルテミスに化けたゼウスによって操を奪われてしまう。周囲にはこの事を黙っていたカリストだったが、沐浴の際に妊娠が発覚。激怒したアルテミス(あるいはヘラ)によってに姿を変えられた上、狩りの獲物として殺されてしまった。

別伝ではカリストはこの時んでいた子を出産アルカと名づけるがヘラの呪いによってに変えられた。アルカスは長じて狩人となり、見事なを見つけて射殺しようとする。その正体はカリストで、子がをそれと知らず殺す運命を憐れんだゼウスは、アルカスを子に変え、親子をに運んでにした。
これがおおぐま座こぐま座だが、ヘラは尚もカリストを疎んじ、二度と地上に降りられないようにした。その為この二つの星座の中心にあり続け、子の周りをが巡り続けているという。

イーオー

ヘラ殿に仕えていた巫女
ゼウスと密通していたが、瀬の最中にヘラが現場に登場してしまう。咄嗟にゼウスはイーオーを雌に変えて「自分はたまたまこの見事なでていただけだ」とごまかすが、ヘラはそれを見抜いて「それほど見事なならば是非頂きたい」として譲り受け、を持つ巨人アルゴに見らせた。
決して眠らないこの巨人に監視され、の姿のまま逃げる事もわないイーオーだったが、ゼウスの密命を受けたヘルメスによってアルゴスは殺され、ようやく自由の身となる。

ところがヘラ嫉妬は根深く、遣わされたに追われてイーオーはの姿のまま各地を逃げ惑った。最終的に辿り着いたのはエジプトで、ようやくここで彼女人間の姿に戻る事が出来た。
この地にてイーオーはゼウスとの子エポパスを産むが、執念深いヘラによって子が誘拐されてしまう。イーオーは泣きながら子を探し続け、シリアでようやくが子と再会。エジプトに戻り、この地の王であるテーレゴノス結婚した。
一説には、イーオーは後にデメテルと習合され、イシスとして信奉を集めたという。

セメレー

テーバイ王カドモス
人間に化けたゼウスと交わり妊娠したが、ヘラに感づかれてしまう。ヘラセメレーのに化けて近づくと「あれは恐ろしい化物かも知れません。次に会った時にはその正体を暴いておしまいなさい」と吹き込んだ。ゼウスはとしてセメレーに「ステュクスの流れにかけて、何でも一つ言う事を聞く」と約束し、セメレーは「の姿をお見せください」と願ってしまう。
最高と言えども誓いは絶対であり、やむなくゼウスは火をった最高としての本性を露わにする。しかしそれに生身の人間が耐えられる訳もなく、セメレーはに打たれて焼け死んでしまった。

足らずの胎児はゼウスによって取り上げられ、彼の太腿に縫い込まれる。それから三か後に子は事に誕生し、「二度生まれたもの」すなわちディオニューソスと名づけられた。
後にディオニューソスは単身府に下るとペルセポネーギンバイカを贈り、引き換えにセメレーを連れ戻す事に成功。息子から性を分け与えられたセメレーは女神テュオーネーとなり、ディオニューソスと共に信奉されたという。

レートー

ティターン。柔和な女神として知られている。
ウズラ変身して近づいたゼウスにされて双子妊娠するが、これを知ったヘラにより「全ての土地において彼女出産することを禁じる」という呪いをかけられてしまう。
の身で各地を放浪したレートーは土地とは見なされない浮きで産気づくが、ヘラ出産女神エイレイテュイアがの言いつけに従い赴かなかった為に難産に見舞われ、9日9晩しく苦しんだ。最終的に女神イーリスの説得を受けたエイレイテュイアが駆けつけ、ようやくレートーは双子兄妹アルテミスアポロン出産する。

一説にはアルテミスは生まれてすぐに出産に立ち会い、自分に続いてアポロンが生まれるのを手助けしたという。これにより、アルテミスは産褥の女性の守護としての側面を持つとされている。

ダナエー

こちらはしく嫉妬されないパターン

アルゴス王アクシリオスの
アクシリオスは託において「男の孫によって殺される」という託を受け、孫を産む可性があったダナエーをの地下室(あるいは)に閉した。しかしダナエーの美しさに惹かれたゼウスはとなって彼女の上に降り注ぎ、満ちてダナエーはペルセウス出産した。

アクシリオスは二人を殺そうとしたが手にかけるのはしのびなく、二人をに閉じ込めてに流す。セリーポスに漂着した子は穏に暮らすが、ダナエーの美しさに邪な心を抱いた領が、邪魔者であるペルセウスを排除しようとして「メドゥーサの首をとってくる」という理難題を吹っ掛けた。
その後々の支援を得たペルセウスは首尾よくメドゥーサを退治、王女アンドロメダを救出するが、それはまた別の話となる。

レーダー

こちらも嫉妬されないパターン

スパルタ王テュンダレオスの妻。
ある時に追われた白鳥彼女の元に逃げ込み、これを哀れんだレーダー白鳥を抱き締めて守ろうとした。しかし白鳥はゼウスの化身であり、この密通によって彼女は懐妊、二つのを産んだ。

一つのからは双子姉妹レネクリタイムネストが生まれる。
レネーは神の子クリタイムネストラは人の子であり、長じて美しいに育つ。特にヘレネーは絶世の美貌により多くの婚者を集めるが、これが原因で後にトロイア戦争が勃発する事となった。

もう一つのからは双子兄弟カストールポリュデウケースが生まれる。
カストール神の子、ポリュデウケースは人の子であり、共に優れたを示した事から「ゼウスの息子」すなわち「ディオスロイ」と呼ばれる事となった。

白鳥を抱く美女というモチーフ創作の題材として好まれ、多くの絵画や彫刻が作られている。

ヘラクレス

ギリシア随一の大英雄。その出自ゆえにヘラ嫉妬され、生涯を通じて大変な苦労をした。
詳細は個別記事を参照。→ヘラクレス

ゼウスはなぜ浮気性?

古代ギリシャにおいて都市国家群はまとまりがなく、それぞれ立場を持ち、ときには対立さえした。結果として神話都市ごとの柔軟性を得て、ゼウスは都市を守る英雄の先祖として崇められた。
それぞれの都市が「ゼウスが先祖である」と称し、そのうえで諸都市神話を束ねた結果、ゼウスは覚えるに難しいほどの子を持ったのである。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/13(木) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/13(木) 09:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP