OMORI単語

オモリ

8.4千文字の記事
掲示板をみる(700)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(37)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ホワイトスペースへようこそ。

あなたはずっとずっと、
ここにひきこもってる。

 

 

OMORIとは、ひきこもり少年主人公ホラーRPGである。

配信開始日について   何かを待ってるの?

英語PC(対応OSWindowsMacintosh、プラットフォーム:Steam)版が2020年12月25日に発売。日本語PC版2021年12月16日に発表済みである。

英語日本語のコンソール(Switch)向けデジタル版は2022年6月17日配信開始予定(→動画exit)。PS4などの他のハードに関しては直接の言及は現時点ではないが、公式サイトexitではSwitchPS4が並んで表示されている。

先行して2022年3月には英語パッケージ版の予約が開始されており、発送は6月17日より2週間後以降となっている。日本語パッケージ版の予約に関しては「will be available at a later dateexit」「年内配信予定」と告知されている。

概要

タイトルの「OMORI」は主人公名前名前の由来は恐らく「ひきこもり(HIKIKOMORI)」[1]Steamexitには以下のような説明がある。

個性豊かな友達、そしてエネミーでいっぱいの奇妙な世界を探検しましょう。
忘れ去られた過去明らかにすべく、色とりどりの世界を、そして色あせた世界を進みましょう。
やがて、あなたが選んだそのが、あなたの運命を決定づけるでしょう。
おそらく……他のかの運命も。

最序盤のストーリーについては任天堂Indie Worldの「Hello! インディーexit」に掲載されているので、そちらも参照。

文章だけだと世界観が伝わりにくいので、下記ツイートトレイラーも見てみるとよい。

ゲーム情報
ジャンル RPG
開発元 OMOCAT, LLC
販売元 OMOCAT, LLC
PLAYISM
機種 Steam(Win/Mac)
発売日 [Steam]
(英)2020/12/25
(日)2021/12/16
[Switch]
2022/06/17予定
価格 1,980円
ゲームソフトテンプレート

Steamexitには上記以外に2つのトレイラーがあり、左から2番2017年、3番2014年トレイラーである。製品版に採用されなかった内容も含まれるが、この2つのトレイラーも評価が高い。特に「My Time」を楽曲に使った2014年トレイラーは多くの反を呼んだ(後述)。

ほかのゲームからのとして、『MOTHERシリーズ・『ゆめにっき』がよく挙げられており、OMORIの作者であるOMOCATも、それらのゲームと肯定的に較されるのを好意的に見ている[2]。また、ゲームUndertale』の作者として知られるトビー・フォックスもOMORIに曲を提供している[3]。OMOCATはほかにも多くの日本ゲーム作品やアニメVOCALOID作品をを受けたものとして挙げている[4]

ただし、ストーリーや題材で他のゲームとの差別化も図られている。例えば『Undertale』とは、どちらもMOTHERシリーズリスペクトした作品であるため、「2Dドット絵」「多で愉快なNPC」などの要素は共通する。しかし、ストーリーを進めるうちにUndertaleとは異なる方向性が見えてくる。クリアしたプレイヤーSteamレビューでは「Undertaleとは似ていない」とする感想が多い。また、『ゆめにっき』ほどに意図が不明というわけではない。

ホラー描写については後で詳しく述べるが、「全体の8割程度は一般的なゲームとして楽しめるもので、ホラーに感じられるシーンが残りの2割程度に含まれる」ぐらいである。Steamタグには「精恐怖」がついており、ホラー要素が含まれるが、それがメインゲームではない[5]。びっくり要素はあるものの、ホラーゲームという括りで見れば控えめで、頻度も少なめである。

ストーリー核心部のネタバレは致命傷になりうる。できるだけストーリーキャラクターについては事前に何も調べず、ゲームを進める中で理解しながらプレイするのがおすすめである。当記事の掲示板公式Twitterアカウントなどの閲覧も避けた方がよい。

2020年12月30日にはファンによる創作物などにかかわるポリシーexit開されている(PCからの閲覧推奨)。配信・収益化は可[6]。すでに公式グッズ販売exitも行われているほか、パッケージ版の発売とともに350ページ100枚の新規イラストが含まれる公式攻略本兼アートブックが発売予定。

主な登場人物

下の画像の左から順に5人、さらにもう1枚の画像で1人説明する。

オモリ
主人公白黒で描かれたキャラクター。最初の登場のときには部屋で横になっており、そこから部屋の外に出て冒険に出発する。無表情なことが多いが、戦闘中笑顔・悲しい顔・怒り顔に変化することもある。部屋に落ちてきたナイフを使い、小さな木やクモの巣などを切ることができる。
オーブリー
部屋の外にいる、ロングヘアーリボンをつけた女の子。ケルとよく喧嘩する。ナスキャラクターぬいぐるみがお気に入り。オモリには好意を持っており、優しく接している。かなり持ちで、ぬいぐるみバットを使っていろいろな物を破壊できる。戦闘でも攻撃が高め。
ケル
部屋の外にいる、が大きい元気でやんちゃな男の子オーブリーとよく喧嘩する。ペットロックヘクトールを飼っている。物を投げるのが得意で、武器としてボールを使う。動きが素く、戦闘でも一番最初に行動できることが多い。
ヒロ
部屋の外にいる、料理が得意な長身男の子。優しい性格で人の頼みはあまり断れない。4人の中では最年長で好青年。4人をまとめ上げたり、他のキャラクターとの交渉役になったりすることも多い。料理を使って回復するなど、戦闘ではヒーラーの役割になることが多い。
バジル
飾りを頭にかぶった緑髪男の子写真とガーデニングが趣味で、アルバムにみんなの様子の写真を残している。写真を意識していない、普段通りに過ごしているみんなの姿を映すのが好きなようだ。
マリ
制服姿でロングヘアー女の子オモリたちの行く先々でシートを広げてピクニックを開いている。体回復の食べ物や、冒険の記録ができるピクニックボックスを持っており、マリ自身も冒険の相談に乗ってくれる。

基本的に戦闘に参加するのはオモリオーブリー・ケル・ヒロの4人。また、「タッチ」を使うことでリーダーを変更できる。

戦闘システム

ターン制バトルであり、レベルハートHP)・ジュースMP)・ポケット(持ち物)・装備・逃げコマンドなど、RPGによく見られるシステムになっている。

ただし、大きな特徴として味方・敵それぞれに「感情」が設定されることが挙げられる。感情は戦闘中に味方・敵の行動によって変化するほか、以下のように感情によるの変化・相性も決まっている。以下の3つの感情が3すくみの関係になっている。

にこにこ
幸運(回避率)と素さ上昇。ただし、命中率は低下する。いらいらに対して強く、しょんぼりには弱い。
いらいら
攻撃上昇。ただし、防御は低下する。しょんぼりに対して強く、にこにこには弱い。
しょんぼり
防御上昇。ただし、素さは低下する。また、ハートダメージが軽減される代わりに、ジュースがその分のダメージを食らう。にこにこに対して強く、いらいらには弱い。

また、「みかけ」と呼ばれるサブコマンドも存在し、うまく使うことで追加攻撃をしたり、仲間同士で協して攻撃することも可。ただし、「みかけ」を使うには、敵の攻撃を受けることで十分に「やる気」のゲージを貯める必要がある。また、みかけのコマンド選択にも制限時間が存在する。

精神的恐怖の描写について

ゲーム内の世界はかわいらしい不思議な雰囲気に包まれており、全体の7~8割程度は一般的なRPGとして楽しめる。しかし、OMORIは「死」と「うつ病」、「精恐怖」の要素を含むゲームであり、サイコホラー狂気的なシーンも一部に登場する。ゲーム開始時の注意書きにも「うつ・不安障自殺の描写が含まれる」と書かれている。

「どうしても死の要素を含むものは受け付けない」という場合や、プレイヤー自身の精が不安定な場合のプレイはおすすめできない。また、『ゆめにっき』のような「正体不明のもの、不条理なもの」に対する恐怖が苦手な人は注意を要する。

また、漢字には振り仮名がなく、IARCレーティングでは16歳以上となっているため、小さい子向けに購入するのもおすすめできない。

ただし、突然画面が切り替わってびっくりさせるジャンプスケア的な演出は、ストーリー上にあるものはで数えられる程度である。そのような演出が含まれるホラーの場面に突入する前には、一部の行動をとったときを除いて何らかの怪しい予兆があるので、ある程度の心の準備はできる。

ジャンプスケアもむやみに大きな音が鳴るわけではなく、いたずらに驚かせるゲームではない。「急に来る」というより、「じわじわくるタイプホラーである。『ゆめにっき』か『ドキドキ文芸部!(DDLC)』をプレイできた人は、おそらくOMORIをプレイしても、恐怖感によってプレイ続行が不可能になることはないと思われる。

先述したようにOMORIは楽しいシーンが多いので、「ホラーゲームだから…」という理由でプレイしないのはもったいないというもある。ただし、先に述べたMOTHERシリーズUndertaleよりは一歩踏み込んだ描写も一部にあるので、本当にどうしてもホラーが苦手な人はSteamのレビューexit2020年トレイラーの後半部分、下記Q&Aを見て判断しよう。

発売までの経緯

もともとは2011年2012年にOMOCATが作ったブログomori ひきこもりexit」、ならびにそこで登場したキャラクター「OMORI」としてスタートした。その後、短編漫画OMORI'S STORYexit」などを経て、2013年ゲーム化が発表された。

2014年トレイラーexit開され、ポップデザインと不安感を煽る映像編集、眠りに落ちを見ているかのような印のあるBGMマッチしており話題を呼んだ。アーティストであるbo enの「My time」がアレンジの上楽曲として使われており、歌詞日本語が入っている。

その後Kickstarterで寄付を募ったところ、標の22,000ドルを大幅に203,300ドルが集まった。その後、製作チームメンバーを募集し開発を続け、2017年プレイ画面の様子を映した新たなトレイラーexit開された。さらに2018年には寄付者向けにデモ版が発表exitされた。ただし、当初の予定では2015年リリースとされていた。

2019年時点では同年末の発売予定で、日本語版はNintendo SwitchPS4Xbox OneSteam2020年に発売予定とアナウンスされていた。しかし、同年12月に1~2ヶほど発売が遅れることが告知exitされ、さらに2020年に入ってから新型コロナウイルスの感染拡大を理由にさらに発売日が延期exitされた。このように延期続きの作品であったが、2020年11月末に、新トレイラーexit開とともに同年12月25日リリースが発表され、その予定通りクリスマスの日に発売となった。

日本語への翻訳PLAYISMによって進められ、「2021年配信予定」[7]という情報のみが発表されていた。当初は2021年5月発表予定だったようだが、あまりにもボリュームが多すぎたため「翻訳にもう少しかかる」という状況であることが同PLAYISM公式生放送で言及された(→生放送リンクexit_nicolive/放送中に流れた動画exit)。

同年12月以降、英語投稿が中心だったOMORI公式アカウントから、日本語の書かれたイラストが1日、そして10日~13日の毎17:00投稿され、16日の日本時間午前2時に原版のSwitch移植2022年に配信開始予定であること(ツイートexit)、10時日本語版のSwitch移植も同時期であることが発表され、そして同日の17時に初の日本語版がSteam開された[8]

PS4,PS5,Xbox One,Xbox Series S|X,Windows(Microsoft Store)への移植継続中である[9]中国語韓国語版については2022年3月18日Steamで配信開始された。

Q&A(ネタバレ注意)

見たい場合は下にスクロール/スワイプ。情報は核心部を避けて必要最小限に留めるようにしたが、一部のネタバレを含み、執筆者個人の見解も含まれるので、閲覧は自己責任で。

Q:プレイ時間はどのぐらい?

 

 

 

 

 

 

 

 

Steam情報では、エンディングまではくて20時間程度。かかる人は40~60時間以上かかる。

 

Q:びっくり系が苦手なんだけど、具体的にジャンプスケア(びっくり要素)はどこにある?

 

 

 

 

 

 

 

恐怖」がテーマに関わってくる作品であるため、できれば事前に知らずにやった方がいい。どうしても苦手な場合は下にスクロール/スワイプ。

 

 

 

 

 

 

 

「画面全体が変わったり、較的大きな音が出たりする」ものをジャンプスケアとするならば、ストーリー上回避できないものは以下の通り。

また、以下の行動ジャンプスケアが発生することがある。中にはごく稀にしか発生しないものもあるので、以下の全てに遭遇するわけではない。

ただし、これ以外にも「画面全体が変化するレベルではないにしろ、何かが突然現れる」ぐらいの要素はあるので注意。ゲーム内のフィールドが暗い雰囲気になったら音量を小さめにして周りを明るくし、画面から離れて見ることをおすすめする。

 

Q:ブラックキーの在り処は?

ゲームを先に進めたい人・やり込みたい人共通)

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲーム進行のうえで必要なキーのうち、まだ取っていないものは足跡が近くにあるので、それを印にするとよい。また、攻略の進行順とキーアルファベット順は大まかに一致する(いくつか例外があるが、ゲーム攻略していくと、概ねA→B→…という順でKEYを回収できる)。

(↓場所のヒントを知りたい人は下へ

 

 

 

 

 

C:ヒロビロ

K:スイートハート

O:サイゴノ楽園

S:水中高速道路

T:取り逃しても、後で簡単に回収できる。

 

Q:ブラックキーの在り処は?

やり込みたい人向け)

 

 

 

 

 

「G」「Y」「Z」については、進め方次第で回収不能となる。2周以降に回収しよう。

(↓1回クリアした後、2周で全回収したいけど場所がわからない人は下へ

 

 

 

 

 

G:特定の進め方をした場合のみ取得可。「あと1日」にスペース元旦那に行き、そのあとSかき氷の売店の近くにある氷のへ。売店が分からない人はイセカイをくまなく探索する。

H:ヒバナのいるの右側。一番のランタンの周りを調べる。

I:スイートハート。画面の明るさを調整すると見やすい。

R:序盤からヒロビロで見ることはできるが、に隔てられているため取得することはできない。サイゴノ楽園から行ける。

X:ヒロビロから行けるオレンジオアシスの全ての場所をくまなく探す。

Y:特定の進め方をした場合のみ取得可Gからさらに進んでいったところをしらみつぶしで探す。

Z:特定の進め方をした場合のみ取得可有料道路の左端。最後に回収する方がいいかも。

 

Q:最低限これだけはやっておいた方がいいことは?

 

 

 

 

 

 

 

バジルやりをこまめに。

教会ドアときどき調べる。

が出ても最後まで残す(耐えられなくなった人を除く)。

 

Q:ルート分岐はある?

 

 

 

 

 

 

 

 

「あと3日」のにケルのノックに応じるか、無視してベッドで寝るかで異なる。ちなみに「あと2日」でも同じ分岐があり、あと3日~2日の間では大きくストーリーは変化しないので、効率重視ならあと2日のの時点のセーブデータを残しておくのも1つの方法である。

(↓終盤について、クリア済の閲覧を推奨

 

 

 

 

 

 

 

 

最終日のに1回起きた場面の行動で複数分岐する。また、最終戦選択肢でも分岐する。

また、片方の世界やりをこまめにしていると、最後に切りが映るエンドで、スタッフロールと切りの絵の間に短い映像が挿入される。

関連動画

公式(YouTube)

関連動画欄でのネタバレに注意。

2014年トレイラー関連動画

プレイ動画(原語版/完結済)

プレイ動画(和訳付き/完結済)

関連リンク

ネタバレを含むため、攻略サイトなどはなるべく手詰まりになったときのみの閲覧推奨。

関連項目

脚注

  1. *ゲーム化される前の初期は「omori ひきこもり」と表記されていた。ただし、「重り」「(おもり)」「お守り」等と解釈することも可。なお、ゲームの内容は大盛りである
  2. *We are also being favorably compared to Itoi's MOTHER series and Kikiyama's YUME NIKKI, which is beyond fine by us!! In fact, it is an honor.(引用元exit
  3. *ただし、1曲だけなので、ガッツリかかわっているというよりはゲスト参加に近いと思われる。余談だが、UndertaleキャラクターWoshua」は、同ゲームエンディングによると「Inspired by OMOCAT」となっており、以前から2人の間に交流があったようだ
  4. *GameSpark「サイコホラーRPG『OMORI』―ストーリーの描き方と多くのゲームが扱わない題材が特徴【開発者インタビュー】」(2021/02/05)exit
  5. *ホラー要素がない」というわけでもないので注意。何も知らずに幼児に買い与えてしまう可性もあるため、当記事のトップではあえて「ホラーRPG」としている
  6. *脚注4と同じ
  7. *『週刊ファミ通 2021年6月3日号』exit内のPLAYISMによるOMORI特集ページ(p.106)より
  8. *日本語版の開は公式から事前に明言されていなかったが、実は東京秋葉原で少し前から配布されていた観光地図広告に既に発売日が掲載されており、一部には事前に発売日が知れ渡っていた
  9. *Kickstarter Rewards and Localization/Ports March Updateexit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/22(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/22(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP