ポセイドン 単語

163件

ポセイドン

2.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ポセイドンΠοσειδωνPoseidon)とはギリシア神話海神である。

曖昧さ回避
  1. 皇ポセイドン - 漫画聖闘士星矢』に登場するつかさどるギリシア神話のポセイドンその人。
  2. ゲッターポセイドン - 漫画アニメゲッターロボG』に登場するロボットパワー中戦担当。
  3. 私立ポセイドン学園高等部 - 週刊少年ジャンプで連載されていた漫画ではない何か。
  4. Poseidon - Dance Dance Revolution SuperNOVA 2のエンディング曲。
  5. ポセイドンエンタテインメント - 日本芸能事務所
  6. ポセイドン(映画) - 2006年開のアメリカ映画1972年開の映画ポセイドン・アドベンチャー』のリメイク
  7. ポセイドン(バビル2世) - 漫画バビル2世』に登場する巨大人ロボット。三つのしもべのうちの1つ。
  8. 企業国家ポセイドン - 漫画アップルシード』に登場する人工上に作られた企業集合体による国家
  9. ポセイドンライン - アニメTIGER&BUNNY』に登場する交通企業ヒーロースカイハイ」のスポンサー
  10. ポセイドン(skate3) - 上級スケボーテクニックの一つ。 →ヌケボー
  11. クトゥルフ神話における性 →ポセイドン(クトゥルフ神話)

概要

クロノスレア息子であり、ゼウスハデスとは兄弟。どちらがでも次男坊。
ティターンとの戦い「ティノマキア」の後、三柱はくじ引きで三界の領域を分け合い、ゼウス上を、ハデス府を、そしてポセイドンは大海を得た。

二つ名ガイエオコス、エノシトン、セイストン、エンノシガイオス(意味は全て”大地を揺らすもの”)、タルミオス(育てるもの)、ニンフェゲテスニンフ人)、キュアノカイの)、パーテル)、レヌコス(の所有者)、ヒッポスの)など。

シンボルとなる聖獣イルカ
黄金のたてがみを持つやヒッポカムポス(の下半身を持つ)などに引かせた戦車に乗り、三叉の矛トリアイナトライデント)を武器とする。
のみならず地震でもあり、トリアイナの一振で津波地震起を引き起こす。人なら溺死なら難破、大地けばを湧かせ、兵士に触れれば勇気を吹き込む。

妻は海神ネーレウスアンピトリテ。しかしギリシャの例に漏れず多情なで、女の数だけ子を作り、その内訳は英雄怪物など様々。
また女神へのプレゼントとしてイルカ創造する過程で、失敗作としてラクダキリンシマウマカバなど様々な生物を生み出した。

プラトーンの『クリティアス』によれば、伝説大陸アトランティスの王祖とされる。またコリントスやイタリアギリシャ植民地(マグナ・グレキア)の都市国家ポリス)のだった。
ローマ神話ではネプチューン(ネプトゥーノス)と同一視される。

逸話

戦女神アテナとはアテナイの座を巡り争った過去がある。
ポセイドンは地をトリアイナで打ってを湧かせ、アテナオリーブの木を創造。結果アテナが選ばれた事により諍いが生じたが、最終的に双方の殿を立てる事で手打ちとなった。

でもある豊女神デメテルづくでものにした後、秘儀の女神デスポイアレイオーンアリオン)が生まれた。デメテル変身しての群れに身を隠したが、ポセイドンも変身して彼女を追いかけて交わったともいう。なお手籠めにされたデメテルの怒りは凄まじく、反省したポセイドンがラードーンで禊を行うまでその怒りは続いたとか。

絶世の美少女であったメドゥーサは、ポセイドンに見初められたまでは良かったが、事もあろうにアテナ殿で交わった罪により、アテナの怒りを受けてイノシシを持つ怪物に変えられてしまう。これに抗議したのステンノとエウリアレ怪物に変えられ、西の果てに追放されてしまった。
その後エチオピア王妃カシオペアが己の美を「女神にも勝る」とした事に対してポセイドンは激怒怪物ケートスを差し向け、生贄として王女アンドロメダげられる事になった。そこに通りかかった英雄ペルセウスにより王女は救出、奇しくもポセイドンにかつてされたメドゥーサの首によってケートスは石にされてしまった。

荒ぶる大洋という側面を反映してか、ひとたび怒ると手がつけられず、また執念深かった。
『オデュッセイア』では、自分の息子でもあるキュクロープス(一つ巨人)のポリュペーモスが、オデュッセウスと一行を捕らえて食おうとして返り討ちに会い、一つを潰されるという災難に会った。ポリュペーモスに報復を願い、以後ポセイドンはオデュッセウスの帰路を妨し続ける事となる。
最終的にパイエーケス人の助けによりオデュッセウスは故郷に戻れたが、これに怒ったポセイドンは帰路についたを乗員もろとも石に変えてしまった。以後パイエーケスの民は海神の怒りを恐れ、同じ事はしなくなったという。

クレタ島の王ミノス王位継承に際してポセイドンに祈りをげ、見事なを送られた。このは生贄としてげられる約束だったが、あまりの美しさに欲を出したミノスは別のを生贄にしてしまう。
約束を反故にされたポセイドンは怒り、を狂暴にさせた上でミノスの妻パシパエ呪いをかけ、に対して強な劣情を催すよう差し向けた。パシパエはダイロス人形を作らせて中に入り、と交わり想いを遂げた結果、牛頭人身の怪物ミーノータウロスが生まれる事となる。

起源

その存在はクレタ島、クノッソスで出土した線文字Bにまで遡ることが出来る。

ギリシアでかなり古い時期から崇拝されていた格であり、大地としてデメテルの夫であった。
一説にデメテルはそもそもダーと言う名の地、穀物女神であり、その夫・人(posis)であることからポシス=ダー、転じてポセイドンとなったとも。他にdawon)の人、ポシス=ダオーン名前の由来をめる説もある。

元来は大地地震、地下る地下世界だったと言われているが、クレタ島怪物ミノタウロス伝説と絡め、聖獣とするミノア文明の豊いは天馬ペガサスアリオンなどに代表されるとの関わりの深さから、近東の印欧語族系が崇拝していたがその原であるとも言われる。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/25(木) 19:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/25(木) 18:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP