中国人民解放軍のアメリカ本土侵攻単語

ミカクニンジンミンカイホウグン

  • 7
  • 0
掲示板をみる(244)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

中国人民解放軍のアメリカ本土侵攻とは、2020年12月末から2021年1月半ばにかけて日本国内で流布された、中華人民共和国人民解放軍が北地域において実施したとされる侵攻作戦である。

概要

アメリカ大統領選の混乱も収まらぬ2020年12月19日から20日にかけて以下のようなニュース日本twitter上に流れ、トレンドになった。

なおアメリカ合衆国本土に他の軍隊が侵攻した例は1916年に内戦中のメキシコからパンチョ・ビリャ率いる革命ゲリラ越境攻撃をした事例や1942年に日本軍アラスカの孤をいくつか占領した事例が最後であり、もし本当に五万人から二十万人ほどの規模の薄汚い中国軍将兵の大群がアメリカ中央情報局CIA)やアメリカ国家安全保障局NSA)やマスメディアその他に気付かれずに侵攻作戦を準備し、侵攻軍を満載した艦艇もしくは航空機自衛隊在日駐留アメリカ軍アメリカ太平洋艦隊のをすり抜けた上で北大西洋条約機構NATO)加盟であるカナダ内に浸透し、そこらに痰を吐きながら北大陸打通作戦を行い中西部のミシガン州東海メイン州に大挙して押し寄せたとすれば実に104年もしくは78年ぶりの快挙である。

その後続報はなく中国軍将兵はカナダで冷えた飯を食って全滅したかに思えたが年が明けた2021年1月17日前後に再び以下のニュース日本twitter上に流れ、トレンドとなった。

なおカナダ軍は総勢6万名、予備役2万5千名、メキシコ軍は総勢28万名、予備役8万名、アメリカに駐留するアメリカ軍113万名前後の規模である。また地帯と地帯にはそれぞれグリズリー、ビッグフット、オゴポコピューマ、ドクトカゲガラガラヘビチュパカブラ、レザーフェイス等といった危険な猛が多数生息していることで有名でありこれらの障を突破してアメリカに侵入できたことは驚くべきことである。

 

その後現在に至るまでカナダ及びメキシコにいたはずの中国軍行方は不明である。 彼らはいったい人民解放軍のどの部隊の所属なのか、どのようにして第一及び第二列線を突破してカナダメキシコにたどり着いたのか、その後どこへ去ったのか、それとも全滅してしまったのか、残党軍と化し北地を人知れず彷徨い続けているのか、そもそも存在したのか、全ては歴史の闇の中である。

旅人よ、行きて等が故郷の人々に伝えよ。等かの命に従いここに眠ると。

関連商品

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 242ななしのよっしん

    2021/03/05(金) 20:07:03 ID: Emd3Wq5bw6

    中国兵士DS様の命アメリカに集結したンゴ」

    中国兵士「寒いけどDS様のために頑るンゴ・・・」




    中国兵士「寒いンゴ・・・・死ぬンゴ・・・でも全で待機するンゴ・・・!!」

    不憫で泣きそう


  • 243ななしのよっしん

    2021/03/05(金) 20:07:58 ID: Io/9/+Hy8O

    25万の軍勢は・・・補給切れで消滅したんだよ(HoI

  • 244ななしのよっしん

    2021/03/05(金) 20:13:59 ID: siF5s8Obbc

    もう現地にチャイナタウン作って染んでそう

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/05(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/05(金) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP