今注目のニュース
東京ゲームショウ2019、4日間の来場者数は前年からやや減少の26万2076人 入場料の値上げが影響?
【大阪】駅のホームから電車が来る直前の線路に「爆竹」を投げるおじさんが目撃され物議!
"頭を使うビジネスマン"は1日3個卵を食べよ

帝(遊戯王)単語

ミカド

掲示板をみる(202)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

帝(遊戯王)とは、遊戯王OCGに登場するカテゴリーの一つである。

概要

 「」の名を冠した攻撃2400(2800)守備1000で統一されたモンスターの総称である。
と闇を除きモンスター1体を生贄(リリース)をげて召喚に成功した時に効果を発揮するのが特徴。
召喚のしやすい高い攻撃を持つ上級モンスターに加え、召喚時強な効果を発揮する事等から、一時期は第一線で活躍するほどの位置になっていた。しかし、シンクロ召喚が導入されたのを機にその座から一旦退くことになる。

しかし、2010年9月1日制限改訂において、リリース要員の一つである黄泉ガエルが制限解除されたことによりモンスターの重要度が増した。(レベル・スティーラー等の登場も見逃せない)
また手軽に特殊召喚できるジェスター・コンフィ等リリースの確保自体は前にべれば選択肢が多くなっており、アドバンス召喚自体の難度は低下している。

上記を背景シンクロ全盛期ではシンクロ召喚に(ある程度)対抗できる数少ないアドバンス召喚モンスターとして挙げられていた。
そして、「GOLD SERIES」から始まり2014年発売の「GOLD SERIES 2014」まで毎回1体収録されていることからその強さと影はおわかりいただけるであろうか。

また、「クロスオーバーソウルズ」において臣というサポートカードが登場しており、六のそれぞれの種族・属性が一致している。先に登場した「氷帝エッシャー」以外は、全てアドバンス召喚サポートする効果を持っている。
イリュージョンスナッチ」や「天魔大帝」など、このカード群を意識してデザインされたと思われるカードも少なくなく、このカード群と共に用しているプレイヤーも見受けられる。

カード解説

※以下、遊戯王カードwikiからの転載

炎帝スタロ
効果モンスター/6/炎属性/炎族/攻2400/守1000
このカードアドバンス召喚に成功した時、相手の手札をランダムに1枚捨てる。
捨てたカードモンスターカードだった場合、
そのモンスターレベル×100ポイントダメージを相手ライフに与える。

アドバンス召喚に成功した時、ランダムに相手の手札を捨てる誘発効果を持ち、捨てたカードモンスターならば相手にレベル×100ダメージを与えるバーン効果を持っている。
ダスト・シュートマインドクラッシュと共に投入される。(現在2014年以降)ダスト・シュート禁止カードのため使用不可)

氷帝メビウス
効果モンスター/6/属性/族/攻2400/守1000
このカードアドバンス召喚に成功した時、

フィールド上の魔法カードを2枚まで選択して破壊できる。

アドバンス召喚に成功した時、フィールド上の魔法カードを破壊する対をとる誘発効果を持つ。
破壊対カードチェーン発動された場合、実質1:2交換にはならなくなるが、デメリットの中で一対枚数が2枚でありアドバンテージ的に有利に立ちやすい。

雷帝ボルグ
効果モンスター/5/属性/族/攻2400/守1000
(1):このカードアドバンス召喚に成功した場合、

フィールドモンスター1体を対として発動する。
そのモンスターを破壊する。

アドバンス召喚に成功した時、フィールド上のモンスターを破壊する対をとる強制発動の誘発効果を持つ。
破壊効果は強制発動であるため、召喚した段階で他にモンスターが存在しないと自身を破壊することになるため注意。

ライザー
効果モンスター/6/属性/族/攻2400/守1000
(1):このカードアドバンス召喚に成功した場合、フィールドカード1枚を対として発動する。
そのカードを持ちデッキの一番上に戻す。

アドバンス召喚に成功した時に、フィールド上のカードデッキトップに戻す強制発動の誘発効果を持つ。
exit
カードの種類や表示形式を問わず効果対デッキトップバウンスする事が出来る。
デッキトップに戻るため次のドローがほぼ固定されたと思ってもいい。
融合シンクロモンスターバウンスされた場合はエクストラデッキに戻る。
その効果から公式に強さを認められ、一時期制限カードを経験したことのある一のモンスターである。

地帝グランマーグ
効果モンスター/6/地属性/岩石族/攻2400/守1000
このカードアドバンス召喚に成功した時、

フィールド上にセットされたカード1枚を選択して破壊する。

アドバンス召喚に成功した時に、セットされたフィールド上のカードを破壊する強制発動の誘発効果を持つ。
伏せてあるカードならば、モンスター魔法を問わず破壊することができる。
ただし、セットのみの破壊のため他のべると見劣りする。またセットしたカードを発動されるとセットではなくなるので破壊されなくなるため、不発になる事も。

クライ
効果モンスター/6/属性/戦士族/攻2400/守1000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、

フィールドカードを2枚まで対として発動できる。
そのカードを破壊し、破壊されたカードコントローラー
破壊された枚数分だけデッキからドローできる。
(2):このカードは召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。

召喚、特殊召喚に成功したとき、フィールド上のカードを破壊する誘発効果と、召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない制約を持つ。このカードと闇だけは、特殊召喚しても効果を発揮する。
破壊効果は強であるもののドローさせてしまうため、場合によってはディスアドバンテージになってしまう。
更に召喚ターンに攻撃できないという制約は、上級モンスターとしては致命的な欠点である。
だが自分のカードを敢えて破壊することでドロー加速として使うことも可。この性質上通常のデッキには投入されず、コンボデッキで活躍していることが多かった。

しかし、上記のようなドロー加速と、相手にドローさせることを覚悟のうえでの除去もできる柔軟性が買われたのか、不死武士シンクロでのドロー・除去要員、初期のペンデュラム召喚デッキの補佐など、コンボデッキ以外でも時折使用されるようになり、現在は新規帝王カードとともにデッキに導入されるようになった。

邪帝ガイウス
効果モンスター/6/闇属性/悪魔族/攻2400/守1000
(1):このカードアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドカード1枚を対として発動する。
そのカードを除外し、除外したカードが闇属性モンスターカードだった場合、
相手に1000ダメージを与える。

アドバンス召喚に成功した時にフィールド上のカード除外する対をとる強制発動の誘発効果を持ち、それが闇属性モンスターだった場合、相手に1000ダメージを与えるバーン効果を持っている。

詳しくは「邪帝ガイウス」の項

ディルグ
効果モンスター6/闇属性/魔法使い族/攻2400/守1000
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
相手の墓地に存在するカードを2枚までゲームから除外する事ができる。
さらに、除外した数だけ相手のデッキの上からカード墓地へ送る。
このカードは召喚・特殊召喚したターンには攻撃する事ができない。

相手の墓地カードを除外し、その枚数分相手のデッキトップ墓地に送る誘発効果、召喚・特殊召喚されたターンに攻撃できない制約を持つ。
相手の墓地カードを除外しつつデッキ破壊が行えるものの、フィールドに何も影を及ぼす事ができない。
墓地アドバンテージを奪ったのにその後に墓地肥やしによって逆に相手を助けてしまう場合もあるのも難点である。
更に召喚ターンに攻撃できないという制約は、上級モンスターとしては致命的な欠点である。

アンマール
効果モンスター6/闇属性/悪魔族/攻2400/守1000
(1):このカードアドバンス召喚に成功した時、
自分の墓地魔法カード1枚を除外して発動できる。
除外したその魔法カードの同名カード1枚をデッキから手札に加える。

アドバンス召喚成功時に自分の墓地魔法カードを除外する事で同名カードをサーチする効果を持つ。
複数の魔法カードを投入するデッキには有効な手だが、墓地魔法カードがある状況でアドバンス召喚する手間がかかり、制限カードとは相性が悪いのが難点。

最上級帝

地帝グランマーグ
効果モンスター8/地属性/岩石族/攻2800/守1000
このカードアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
このカードアドバンス召喚に成功した時、

フィールド上にセットされたカードを2枚まで選択して破壊する。
このカードが地属性モンスターリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、
その時の効果に以下の効果を加える。デッキからカードを1枚ドローする。

グランマーグのリメイクモンスター
セットカードを2枚まで破壊する事が可で、地属性モンスターリリースした場合はさらにドローまでできる。
しかし最上モンスターになった事で『重さ』が増してしまったのは視できない。
昨今はモンスターセットする状況が減ってきており、魔法フリーチェーンが多いのでアドバンテージを得にくいのが現状である。
ドロー効果もと相性の良い黄泉ガエルバトルフェーダーでは使えず、その重さに見合っていないと言わざるをえない。不幸中の幸いはマジックストライカーギガンテス等、地属性リリース素材向けのカードが結構ある事か。

氷帝メビウス
効果モンスター8/属性/族/攻2800/守1000
このカードアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
このカードアドバンス召喚に成功した時、

フィールド上の魔法カードを3枚まで選択して破壊できる。
このカード属性モンスターリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、
その時の効果に以下の効果を加える。この効果の発動に対して相手は選択されたカードを発動できない。

メビウスリメイクモンスター
破壊枚数が一枚増え、属性モンスターリリースした場合は選択されたカードチェーン発動させない効果を得る。
前述の剛地底グランマーグにべるとアドバンテージ面で勝っており、また追加効果によってフリーチェーン魔法を確実に潰す事ができるのは大きいと言える。
元々相性の良いガエル属性なので、この効果も較的活かしやすい。
状況は選ぶが、リスクに見合ったリターンは期待できるだろう。

炎帝スタロ
効果モンスター 8/炎属性/炎族/攻2800/守1000 
このカードアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
このカードアドバンス召喚に成功した時、相手の手札を確認し1枚捨てる。 
捨てたカードモンスターカードだった場合、
そのモンスターレベル×20ポイントダメージを相手ライフに与える。
このカードが炎属性モンスターリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、 
その時の効果に以下の効果を加える。
相手ライフ1000ポイントダメージを与える。 

スタロスのリメイクモンスター
相手の手札確認の上でのハンデスが可となりバーンダメージが2倍になった。炎属性モンスターリリースした場合1000ポイントバーン効果が加わる。
しかし、ハンデス枚数が1枚と変わらず、リリース素体にうってつけな炎属性モンスターがいないという欠点を抱えている・・・が、後にリリース素材の問題をある程度解決できる魔法”煉の氾濫”が登場。ハンデス枚数?知ら管

烈風ライザー
効果モンスター 8/属性/族/攻2800/守1000 
このカードアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。 
(1):このカードアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドカード1枚と自分または相手の墓地カード1枚を対として発動する。
そのカードを好きな順番で持ちデッキの一番上に戻す。
このカード属性モンスターリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、
その時の効果に以下の効果を加える。
フィールドカード1枚を対として持ちの手札に戻す事ができる。

ライザーのリメイクモンスター
フィールドと双方の墓地を対デッキに戻す枚数が2倍になった。さらに属性モンスターリリースした場合フィールドカード1枚を手札へのバウンス効果が加わる。

但し、効果はこれまでのとは異なり効果は「場合」である。

轟雷ボルグ
効果モンスター 8/属性/族/攻2800/守1000 
このカードアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードアドバンス召喚に成功した場合、 フィールドモンスター1体を
として発動する。 そのモンスターを破壊する。
破壊したモンスター属性だった場合、 その元々のレベルまたはランクの数だけ、
 お互いはそれぞれ自分のエクストラデッキからカードを選んで墓地へ送る。 
このカード属性モンスターリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、その時
の効果に以下の効果を加える。
墓地へ送る相手のカードは自分が選ぶ。

ボルグリメイクモンスター
モンスター破壊効果は雷帝ボルグ》と同じ1体だが、追加効果として属性を破壊するとエクストラデッキのピーピングとデッキ破壊を行える。ェ…
属性しくない上に高レベルモンスターも採用されやすく、いざとなれば自身を破壊する事で、8枚の破壊が可になる。
今の環境融合シンクロエクシーズに全く頼らないデッキなどそうそういので、それらを8枚も潰されるとなれば大抵のデッキでは大打撃必至な上、自分はそれを見越して墓地へ送られることがメリットとなるモンスターエクストラデッキに入れることで逆にアドバンテージを得ることも可

 
もっとも相手が属性を使用するとも限らず、効果を活かすには自壊を視野に入れる必要があり、その場合フィールドががらきになるリスクもある。
ただしこの点は同パックで登場した「帝王毅」を併用すればカバー

邪帝ガイウス
効果モンスター 8/闇属性/悪魔族/攻2800/守1000 
このカードアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードアドバンス召喚に成功した場合、 フィールド上のカード1枚を
として発動する。 そのカードを除外し、相手に1000ダメージを与える。
除外したカードが闇属性モンスターカードだった場合、そのコントローラー
 手札・デッキエクストラデッキ墓地から同名カードを全て除外する。 
このカードが闇属性モンスターリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、その時
の効果に以下の効果を加える。
この効果の対を2枚にできる。

ガイウスのリメイクモンスター
1000ダメージバーンカードの種類を問わずに発生するようになった。
更に追加効果として闇属性モンスターを除外すれば同名カードを場所問わずに全て除外する。
属性リリースなら効果は倍になり、相手のデッキによっては大打撃を与えることができる。

天帝アイテール
効果モンスター 8/属性/天使族/攻2800/守1000 
(1):このカードアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。 手札・デッキから「帝王魔法カード2種類を墓地へ送り、 デッキから攻撃2400以上で守備1000モンスター1体を特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターエンドフェイズに持ちの手札に戻る。 (2):このカードが手札にある場合、
相手メインフェイズに自分の墓地の「帝王魔法カード1枚を除外して発動できる。
このカードアドバンス召喚する。

帝王カードコストにする事でモンスターを(事実上)のリクルートする効果と相手ターンにこのカードアドバンス召喚する効果を持つ。

エレボス
効果モンスター 8/闇属性/アンデット族/攻2800/守1000 
このカードアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「帝王魔法カード2種類を墓地へ送り、
相手の手札・フィールド墓地の中からカード1枚を選んでデッキに戻す。
(2):このカード墓地にある場合、1ターンに1度、
自分・相手のメインフェイズに手札から「帝王魔法カード1枚を捨て、
自分の墓地の攻撃2400以上で守備1000モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

(上記)天帝同様「帝王カードコストに相手カードデッキに戻す効果と(事実上)モンスターサルベージする効果を持つ。

効果を度外視すればアンデット族との相性が良いのも好材料か。

ゲームでの活躍

タッグフォースモブキャラとして登場する石原姉妹石原法子はこのを中心としたデッキを使用している。
特にシンクロ召喚もなくコントロールが強かったタッグフォース2時代の彼女モブとは思えないほどの強敵としてプレイヤーに立ちはだかる。その後シンクロ召喚の時代となっても、彼女シンクロ召喚も取り入れたデッキエクシーズ召喚が登場したタッグフォース6の時代まで使い続けており、タッグフォースと言えば彼女と言われる程。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

外部リンク

帝-遊戯王wiki-exit

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/16(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/16(月) 00:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP