今注目のニュース
サラの遺体写真、ネット流出事件…兄妹が「悪魔」と非難
橋本環奈、浴衣着衣のままプールに「ドキドキする」ファン興奮
ヤブ医者=田舎の医者?腕の悪い医者をなぜ「ヤブ医者」と呼ぶのか。本来は真逆の意味だった?

最上(アズールレーン)単語

モガミ

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

最上さん

最上ネームシップ最上よ。……といっても、ミッドウェイ三隈那智をあんな感じにしちゃって、もうネームシップ失格ね、私。まああの後も……とにかく、私に仕事を任せてもいいけど、あまり期待しないでね

最上(アズールレーン)とは、STGゲームアプリアズールレーン」の登場キャラクターであり、大日本帝国海軍最上重巡洋艦1番艦最上」をモチーフとした艦船少女である。

概要説明なら私がしてくる。指揮官はそのまま仕事してて

重桜所属の軽巡洋艦[1]レアリティSRCV:伊藤静 デザイン:realmbw
改造することで重巡洋艦となり、レアリティSSRに変化する。
史実についてはこちらを参照。   →最上(艦これ)

2018年3月27日2018年4月10日にかけて開催された復刻イベント紅染の来訪者」での期間限定・先行実装建造により入手が可だった軽巡洋艦。同イベントでは三隈雪風も共に実装されている。

紅染の来訪者」は前回(2017年10月27日2017年11月9日)の開催から半年経ってからの復刻であり、その当時始めたばかりで翔鶴瑞鶴を入手できなかった指揮官や、不幸にもドロップできなかった指揮官にとっては待望のイベントだった。またミリタリーの界有名な生存駆逐艦雪風」の実装も予定されていたため、注度がかなり高かったイベントである。

そんな中にあってレアリティSR、他の艦種とべて扱いにくい重巡洋艦、加えて「改造」という不確定要素が重なっていた彼女に対する当時の指揮官の反応は良かったとは言い難く、実装前は色々な不安のが散見された。しかし改造後の性が判明すると評価が一転、火力に全振りすることで破格のDPS叩き出せるようになった彼女は、ポートランドと共にこれまでの重巡洋艦に対するイメージを払拭するまでになった。また同時期に実装されたエクセターのこともあって、資改造図不足で悲鳴を上げる指揮官が続出する事態となったという。

黙っていればクールに見える?……そう思うのはあんただけでしょうね
(容姿・性格)

部分が大きく露出したみがかった衣装を着ており、袖部分が分離していることから腋巫女っぽいスタイルになっている。袖には錨のマーク刺繍されていて、手には両艦砲を操作するためものであろうのリモコンの操縦桿が握られている。を引っ掛けているおでこから突き出した一本が特徴的だが、これは重桜に所属する艦船に施されるセイレーンの技術を元にした改造の影彼女はこのを疎ましく思っており、これにより立ってしまうことを嫌っている。ちなみにプレイアブルでの追加に当たってデザインが一部変更されており、その前は三隈共々が生えておらず代わりにケモ耳が生えていた

性格はかなりのダウナー系で自己肯定感が非常に低い。自虐的な発言も多く、すらも較に持ち出して自身を卑下するほどであり、指揮官に対しても自虐的な態度は変わらない。その一方で好意を向けられることには慣れておらず、特にコンプレックスであるを褒められると大きく動揺する。

史実において撤退戦で三隈那智と衝突し、彼女等を沈める遠因となったためか、一緒に編成すると戦闘開始時に謝罪の言葉を口にする。レイテ戦で一緒になった扶桑に対しては、悪運を取り除くためにお祓いをしてもらえないかどうかお願いすることがある。不運艦の一人である扶桑のお祓いに効果があるのかは少々疑問だが。

改造後は上にの法被を着るようになり、更に下のスカートを脱ぐようになる。なお構図の問題で大事な部分を見ることはできない。ちくしょう。装の重厚感も増し、新しい武器として大きな薙刀を持つようになった。自虐的な性格も幾分か善し、指揮官に対しても信頼を寄せるようになる。むしろケッコン後のような非常に好意的な発言までもするようになるため、改造前とのギャップに堕とされる指揮官も多いようだ。ちなみに本人としては変わったつもりはないらしい。

最上改

戦闘は別にやりたくないけど、でも……負けたくはないっ!(性能)

スキル1:火力全開
2030.0%(60.0%)で発動。10間自身の火力値が20.0%(40.0%)アップ

スキル2:徹甲弾防御
自身が受ける徹甲弾属性ダメージを10%(20%)軽減する

スキル3:制圧射撃
自身の魚雷が5回命中するたびに、自身の火力を3.5%(8.0%)上げる。最大3回まで加算可

改造前)
スキル4:全弾発射-最上I
自身ので12回(IIで8回)攻撃する度に、全弾発射-最上Iを行う

改造後)
スキル4:全弾発射-最上
自身ので8回攻撃する度に、全弾発射-最上を行う

入手直後は軽巡洋艦に属しているが、ステータス配分は重巡洋艦のものとなっている。そのため使用感は古鷹青葉重巡洋艦に近い。改造して運用することを想定しているためか、燃費はレアリティSR重巡洋艦のものに準じており、軽巡洋艦として用いる場合は燃費の悪さがネックとなる。性は抑え気味だが全弾発射が強であるため、限界突破した後は雑魚処理用として優秀。しかし重巡洋艦ステータスである関係上、回避や速度に難があるため、運用するためには対策が必須である。軽巡洋艦のまま近代修手前で改造を止める(俗に言う半)方法もあるが、燃費が同じベルファストやモントピリアとの差別化が難しいため、素直に重巡洋艦に切り替えたほうがいいだろう。

改造後はステータスバランスよく上昇し、中でも特に火力耐久が大きく伸びる。また装備補正は補正が集中的に上昇し、より火力特化の性となる。代わりに回避と装填が若干低下するが、装填に関しては改造の際の「装填強化Ⅰ」によりほぼ相殺。艦種が変わるため対潜が0となり、潜水艦への攻撃ができなくなる。

スキル1「火力全開」はオーソドックスな火力強化スキルであり、改造後は座が1つ増えるためより大きな効果が期待できる。「制圧射撃」とのシナジーもあるため、同時に発動すれば「補正率プラス64%」という驚異的な火力補正を得ることができる。

スキル2「徹甲弾防御」は自身への徹甲弾によるダメージを軽減する常時発動スキル。現状徹甲弾を使用する敵艦船は鉄血艦やセイレーンといったイベント限定に限られ、演習でも榴弾が流となっているため効果を発揮する機会は少ない。ただ軽減率は最大20%と発動すればかなり強である。

スキル3「制圧射撃」は改造後の戦術啓発スキルであり、魚雷を5発当てるたびに最大3回まで火力が永続的に上昇する。「開始魚雷+1」を持っているため、戦闘開始直後の棒立ちの敵艦に魚雷をぶち込めば開幕で1回分の効果を得られる。効果は高いが魚雷の装填の関係上、最大まで恩恵を得られることは稀であり、大抵は勝利前で2回の効果が発動することが多い。

全弾発射は従来ならばの時点で強化が了するのだが、最上の場合改造によって艦種が変わる現在一の前衛艦(改造での艦種変更自体はあったが、当時は艦の山のみ)ということもあってか、改造で更に強化される(後にサンディエゴも同様に改造で全弾発射が強化された)。改造前より1発のサイズが大きくなった榴弾を3発×5回扇状に発射する。

魚雷ストックが少ないこともあり、重桜駆逐艦ほどの爆発はないが、火力上昇させるスキルと「座+1」により非常に安定した高火力を出せる重巡洋艦である。好感度補正や中装甲を加味すると総合的な耐久は高い方ではあるが、重巡洋艦共通の悩みである船速・回避値はそのままなので、この辺をフォローできるような装備や編成を構築しよう。

関連動画持ってきた。ここに置いていい?

関連静画なら私が取ってくる。指揮官はそのまま仕事してて

関連項目よ。…文句ある?

脚注

  1. *史実において重巡洋艦に分類されているはずの彼女軽巡洋艦として実装されている理由は、最上は初めに軽巡洋艦として建造され、後の太平洋戦争前に重巡洋艦装されたためである。なお書類上においては軽巡洋艦のままだった。

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2018/07/27(金) 21:26:02 ID: +Iu7sAMCGW

    正直、高ステータスに加えて魚雷なのに座+1持ってるせいで他の魚雷重巡が割食われてる感じがする

    ただでさえゲームシステム的に魚雷重巡は不遇なのに

  • 4ななしのよっしん

    2019/05/15(水) 22:36:04 ID: 8O0CExCyed

    改造で汚名返上しないかなぁ

  • 5ななしのよっしん

    2019/08/11(日) 18:16:46 ID: 8O0CExCyed

    >>3
    三隈の方が不遇のような気がする

急上昇ワード

最終更新:2019/09/22(日) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/22(日) 06:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP