猫ミーム 単語

1867件

ネコミーム

2.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

猫ミームとは、に関係するインターネットミームである。

当記事では、2024年1月末から特に見られるようになった、切り抜いた映像字幕を重ねてストーリー仕立てにしている動画について説明する。

概要

実写映像を切り抜いて背景の前に並べて、字幕をつけて劇のようにストーリーを見せる動画群。

内容は投稿者日常生活にかかわる話が多い。また、同一人物を表すが場面ごとに変わることも多い。は当てられておらず、あったとしてもその動物が入る程度で済まされている。使用されるは以前からミームにされていたものも多数含まれる。

を扱ってストーリー仕立てにしたものでは「Happy cat seriesexit」等の動画TikTok2023年時点で存在している。そちらにはHappy Happy Happy CatBanana Catなど、現在動画に登場することがあるも登場しているが、「Happy cat series」ではあまり字幕は付けられておらず、架の話も含めて扱われていた。

現在見られるスタイルの流行の直接的なきっかけは同じくTikTokと思われ、遅くとも2024年1月初頭ごろから「猫ミーム」という名称でこのスタイル動画が流れてくるという投稿exitX(旧:Twitter)上にある[1]

というもが知っている素材を使っており、簡易的な編集でも作成できるためか、2024年1月末にYouTubeニコニコ動画X(旧:Twitter)等でも多く投稿されるようになった。

素材元の例

動画に使用されうる素材が多数存在するため、素材元の特定は難しい部分が多い。しかし、先述したように以前から海外インターネットミームとして扱われていたも多数組み込まれて動画の一部となっているので、そうしたものであればある程度元ネタの説明ができる。当記事ではなものや、ニコニコ大百科に記事があるものを簡潔に掲載する。

今のところニコニコ大百科の記事がないものが多いので、その場合のリンク先は海外ミームを扱っている「Know Your Meme」としている。検索エンジンからの便宜のため日本語も併記。他にあれば追記をお願いします。

Banana Cat(バナナキャット/バナナ猫)
バナナの被り物をした噴水のようなをよく流す。確認できる限りでの初出は2019年で、TikTokでは先述したように2023年3月ごろからHappy Happy Happy Catとともに使用されていた。
Chipi Chipi Chapa Chapa(チピチピチャパチャパ)
チピチピチャパチャパ♪」という曲とともに首を振るChristellの楽曲『Dubidubiduexit』の一節。2023年後半にこの部分を使ったMAD動画が増加し、同年12月動画と組み合わさってさらに流行。
Happy Happy Happy Cat(ハッピーハッピーハッピーキャット)
ハッピーハッピハッピー♪」という曲とともに飛び跳ねる子猫動画2015年Twitter(現:X)に投稿されたな○じま(@1Nssu)氏のペットショップの猫の動画exitが初出。曲は以前からインターネットミームにされていた「My Happy Songexit」で、もとはYouTubeアカウントSuper Single Songs - Kids Songsによって投稿された歌の一節exit2023年1月ごろにTwitter(現:X)で曲と音が組み合わせられ、さらに3月ごろには中国ラー油『老干媽』を食べさせられる動画exitがきっかけとなりTikTokで流行した。
たまに「ハッピー」繋がりで米津玄師KICK BACKMV内のムキムキになっていることがある。
"Hey Hey You You" Cat Dancingexit(ヘイヘイユーユーキャットダンシング
アヴリル・ラヴィーン『Girlfriend』(ヘイ!ヘイ!ユー!ユー!)exitに合わせて人間に腕をつかまれ踊らされている、帽子2023年10月ごろTikTokで流行。
Huhcatexit(ハァキャット
「Huh? Cat」とも。舌をベロベロしているヤギとそれに対して「はぁ?」というでとぼける映像はBenChockyCatTikTok投稿した飼い猫のベンの動画exit、「はぁ?」はドラマDr.House』のexitヤギYouTubeJason Monk氏が投稿した動画exitから。ヤギ解読不能配信者IShowSpeed氏の発言exit(1:06:52付近)を2倍速編集したもの。2023年10月ごろTikTokで流行。
Maxwell the Cat(マックスウェルザキャット)
体を左右に揺らしている2017年投稿された飼い猫の画像exit2020年3Dモデル化され、数年後から回転させられたりexit左右に動かされたりするようになった。猫ミームでは左右に動く方が較的多く使われる。
Oiiaioooooiai(オーイイアーイオオオオイアーイ) 
この言葉の音が流れながら高速回転する。音が止まると動きも止まる。2021年音声exit投稿され、2023年に出所不明の映像と組み合わせたトランス楽曲の動画exitbilibili投稿された。猫ミームではトランスでない音の回転映像に使われる。
Pop Cat(ポップキャット)
大きな口をパクパクさせているXavier Archambault氏が投稿した飼い猫クラキング映像exit2020年Discord投稿したところ、友人が口を大きくませる編集を加え、これがTwitterに広まっていった。ちなみにブラウザゲームexitがあり、世界・地域でPopの数を競っている。
Talking Cats Meme(トーキングキャッツミーム)
日本では「説教猫」とも。説教している・されているように見える2匹の動画説教する側は2023年1月抖音投稿された動画exit、される側はTikTokInstagramに同年7月投稿されたの「グァンダン」の動画exit12月に組み合わせられてTikTokで流行。

関連動画


関連静画

関連項目

脚注

  1. *それ以前にも「猫ミーム」という句は投稿されているものの、「字幕と合わせたストーリー仕立ての動画」を投稿かどうか不明
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
小原好美[単語]

提供: サト・ココスキー

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/23(火) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/23(火) 09:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP