目の色が違うわ! 単語

1件

メノイロガチガウワ

3.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

目の色が違うわ!とは、コズミック・イラ(C.E.)の歪みを表す一言である。

概要

機動戦士ガンダムSEED』第45話(HDリマスター版43話)『開く回想(?)シーンにおいて放たれたセリフ

物語全体のクライマックスに入る同話では、ラウ・ル・クルーゼを追ってコロニー・メンデルの研究所跡地へ侵入したムウ・ラ・フラガキラ・ヤマトが、クルーゼから「それぞれの父親秘密」を暴露されるというお話が展開される。
その前振りとしてクルーゼは、現在世界を二分するきっかけとなった、コーディネイターの誕生とその広まりについてる。件のセリフはそのりの中で挿入される、かつて「出来損ないのコーディネイター」を生んだ名も母親(担当声優不明)の悲鳴である。

受精遺伝子を人為的に調整され、常人より高い知・強体を得るばかりか、容姿すらも決められるようになったコーディネイター。だが、生育は母親胎内で行われる都合、胎児はを受け、必ずしも調整通りに形質が発現するとは限らない。実際に生まれたコーディネイター達の中には、が「与えた」容姿と才を十分に得られずに生を受けた者もそれなりに存在した(外伝ASTRAY』のイライジャ・キールがそれ)。特にや肌やの色は、生まれた間に一発で調整の成否がわかってしまう。
調整手術には多額のがかかることもあり、そうした「出来損ない」の中にはから虐待されたり養育を放棄されたりと、過酷な子供時代を強いられた者もいる(外伝DESTINY ASTRAY』のカイト・マディガンがそれ)。

「生まれて初めてを開けた子供にかけた言葉は、子供が「失敗作」だと分かった失望」であるという救いがたい描写。SNSガチャ課金ゲームの誕生前であった放送当時は、当然ながら「親ガチャ」という言葉は存在せず、「毒親」という概念も希薄だった。このため当時は「の色1つでメチャクチャ言うな…流石にこんなクズいねーだろ……」程度の感想だったのが、リマスター版で再見すると「あぁ、こういうもそりゃ出てくるよね」と嫌に納得してしまった……という視聴者もいるようだ。

のエゴ丸出しの発言者であるこの母親の姿は描かれず、ただが流れるのみである。にも関わらずガンダムシリーズでも特に荒んだ世界観(倫理観)で有名なC.E.世界の実像を端的に表しているこの台詞は、やめてよねだのナチュラルの捕虜なんか要るかよ!だのYATTAAAAA!」だのと並んで、『SEEDファンが作品の名セリフ名シーンる際に話題に上ることが多い。

作中の流れ

人類最初のコーディネイター、ジョージグレン。フッフッフッフ……
した混乱は、その後どこまでその闇を広げたと思う?
あれから人は、一体何を始めてしまったのか知っているのかね?

テーブルの陰に隠れた2人に拳銃を向けつつ、照明の電を入れるクルーゼ
メンデルの廃墟に、在りし日のコーディネイター調整病院の活気がよみがえる。調整手術の工程や、生まれ来る「優れたが子」を待ちわび夫婦イメージが映される中、様々な台詞が交錯する。

母親Aは、ブルーがいいなぁ。ブロンドで……」
父親A子供には、才を受け継がせたいんだ」
医師A「優れたは、子供未来への贈り物です」

アバターを作るように子供の外見を選ぶ母親
「自分には受け継がせるに値する才がある」と信じて疑わない父親
生命倫理欠片もない、都合の良いセールストークをする医師
クルーゼの言う「で命を弄ぶ愚か者」の……。

父親B「流産しただと!? 何をやってたんだ!
せっかく高いをかけて、遺伝子操作したものを!」

医師B妊娠中の栄養摂取には特に気を付けてください。日々の過ごし方もこの示通りに……」
医師C全な保などできませんよ。体は生身なんですし、それは当然胎児の生育状況にもします」

母親B「……目の色が違うわ!」

……、破れたり。

父親秘密を聞かされたキラは放心状態。負傷したムウが隙をう中、クルーゼはさらに続ける。

高いを出して買っただ。誰だってえたい。誰だって壊したくはなかろう

……最大の不確定要素は、妊娠中の胎なんだ。それさえ解消できれば……

――だから挑むのか? それがと「望まれて」「える」ために!

メンデルを拠点にコーディネイター技術を研究するヒビキ博士は、設計図に100%忠実な「最高のコーディネイター」……後に言われるスーパーコーディネイター」を作り出すため、胎を介さずに胎児を育成する「人工子宮」の開発頭するようになる。その過程では数の命が散ることになった。

3号機、エマージェンシーです
くそぉ…濾過装置のパワーを上げろ!
心拍数上昇、血圧200を越えます

もう止めて! あれは物ではない! 命なのよ!?
わかっている。だからこそ! 完成させねばならないんだ!
命は生まれいずるものよ! 創り出すものではないわ!

「No.0035236」と表示された被検体が失敗に終わり、ヒビキの妻はながらに夫を諫めるが、既にヒビキも愚か者たちと同じ狂気に囚われていた。
やがてヒビキ博士は、最初の、そして最後の成功例にたどり着くことになる――

人は何を手に入れたのだ? その手に、そのの果てに……!

『最高のコーディネイター』、それがこの子幸せなの!?

『より良きものを』と、人は常に進んできたんだ!
それは、そこにこそ幸せがあるからだ!

お話の補足

生命倫理の欠落や人心の荒がとにかくに付くC.E.。『SEED本編ではられない公式設定(裏設定ではない)では、この有様にも説明が行われている。

C.E.以前の時代では、度重なるBC兵器や放射性物質を用いた宗教民族テロリズムが行われた結果、当時の総人口の20%が「健康な次世代を残せない」レベル遺伝子損傷を負っていた。こうしたテロ被害者を救済するため、両遺伝子傷な部分で繋ぎ合わせて受精移植し、次代に遺伝子損傷を引き継がせない遺伝子操作技術が研究確立され、それが後にジョージグレンを生む技術の元になった(なお、「自分が遺伝子調整を受けた人物だ」と最初に告白したのがグレンだっただけで、彼以外にも同等の調整手術を受けて誕生したコーディネイターもそこそこいたらしい)。こうした経緯から、最初のコーディネイターブームが富裕層で広がった際にも、遺伝子調整に関しては肯定的な人々が割と多かったのだ。
そして、C.E.22年に発見された外宇宙生物化石や、C.E.30年のコーディネイター製造に関する宗教関係者会議の決裂によって、宗教の権威は失墜。これによってますますコーディネイター寛容論が広がっていった。

しかし、第一世代コーディネイターが高い実績を残し、彼らの子供である第二世代もと同じを受け継ぐことが判明した辺りで、コーディネイターとナチュラルとの対立が深まり始める。そしてC.E.53年のグレン暗殺、翌54年のナチュラルのみに感染する疫病の蔓延により、オーブ連合首長国などの数少ない例外を除き、ナチュラルとコーディネイターは断絶することになる。

ちなみに、ヒビキ博士がパトロンを得て本格的に人工子宮研究を始めたのがC.E.46年ごろ。技術を完成させたのがC.E.55年だった。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
ゴMNT[単語]

提供: ゴミ納豆

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/22(月) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/22(月) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP