今注目のニュース
動画内の顔をそっくり変えて身バレを防ぐ画期的ソフトウェアが開発
マクドナルドが看板裏を「ミツバチの巣」に│スウェーデン
テレビや雑誌でおなじみ、元祖「鮭キムチ」のくにをのキムチ新商品「くにをのキムチ 北海道産鮭キムチ」を発売

葛葉ライドウ単語

クズノハライドウ

掲示板をみる(444)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

葛葉ライドウとは、株式会社アトラスが放つRPGデビルサマナーシリーズに登場する主人公である。
また、シリーズ名として略称「ライドウ」と呼ばれることもある。

デビルサマナーシリーズ3作にあたる「デビルサマナー 葛葉ライドウ対兵団」は「調理器」、最新作である「デビルサマナー 葛葉ライドウ対アバドン王」は「アバドン王」と略されることがある。

ドラマCDになったり、ファミ通サイト漫画も連載されている。

概要

デビルサマナーシリーズ第二作「ソウルハッカーズ」より8年以上の時を経て復活したデビルサマナーシリーズ

コンピュータを駆使して悪魔を召喚・使役する女神転生シリーズ、その外伝として、一見平和現代社会の影で戦う悪魔召喚師の活躍を描いたデビルサマナーシリーズから舞台を刷新。
大正20年に活躍する悪魔召喚師、十四代目葛葉ライドウの活躍を描くアクションRPGである。

デビルサマナーシリーズに登場した組織クズノハ等、世界観は共通しながらも、コンピューターを使わない悪魔召喚師の姿や、大正レトロ溢れる世界観等から人気を獲得した。

2006年3月初頭、「デビルサマナー 葛葉ライドウ対兵団」が発売。廉価版が同年末に発売されたが、現在は品薄なためプレミア価格となっている。
2008年10月23日デビルサマナーシリーズ最新作となる「デビルサマナー 葛葉ライドウ対アバドン王」が発売された。ストーリーは前作「兵団」よりやや後の話だが、ストーリー的な関連性はほぼないと言ってもよい。前作で難点とされたシステム周りが整備され、遊びやすくなっている。

なお、「アバドン王」のPlus版では、諸般の事情プレミアが付いていた同社の女神転生Ⅲ-NOCTURNEマニアクスの再販版、クロニクルエディションが付属され、版権が切れたダンテの代わりにゲスト出演した。パッケージ人修羅vsライドウが描かれている。(いわゆる仲魔扱い。)

登場人物

  • ゴウト(業斗童子) cv:中田譲治(ドラマCD)
  • 葛葉ライドウのサポート役。人を話せるが、デビルサマナーのみ言葉を理解でき、それ以外の人間には普通に見えてしまう。その正体はかつて禁忌に触れた葛葉一族の姿。めとして魂を束縛する呪いをかけられており、『生物の死体』に憑依させられている。例え憑依中の身体を失っても魂の束縛は解けないため、別の屍に憑依することになる。秀でたを持つデビルサマナーだったらしく、歴代の葛葉ライドウを見守ってきたらしい。悪魔召還や術式に関する知識はライドウのそれを軽くぐ。過去には日本で最とされたアマツミカボシと対峙したことがある。かつてを滅ぼそうとしたそのライドウのお付け役を任され、都守護の一端を担うことになる。
  • なお、『業斗童子』とは上記の呪いによる処罰を行われた者の総称であり、それぞれに分類番号(IDみたいなもの)が振られている。十四代目の従者として随伴している個体は分類番号イの四十八番。
  • 業斗童子が全部で何名居るかは言及されていない。
  • 弱点はねこじゃらし麻雀テンションがあがっちゃったりタイプライターなどの新しい機械にも果敢に挑戦する姿がほほえましい。
  • 鳴海 cv:子安武人(ドラマCD)
  • ライドウが世話になっている(?)オカルト専門「鳴海探偵社」の所長。かつて陸軍所属の密偵だった過去を持ち、鳴海というのも本名ではない。あちこちにコネを持っていて、情報収集も天才的なようだがそんなところは日常ではまったく見せない。周囲を欺いているといえば聞こえはいいが、まるで仕事をしてないように見えるのは気のせいだろうか?
  • あまりのダメさ加減にファンの間ではニートと呼ばれることも。
  • 仕事は上記の通りダメダメだが、麻雀になるとその腕前を如何なく見せ付けてくる。
  • 得意技は「国士無双」とのこと。異常なくらいの確率国士無双を放ってくる。
  • それ積み込みなんじゃないですかね鳴海さん・・・
  • なお、麻雀賭け麻雀であり(大正時代だからセーフ?)、負けると容赦なくをもぎとられる。
  • ワハハハハ!悪いなライドウ!」と笑う鳴海所長にコルトライトニングを抜きかけたライドウもたくさんいるとかいないとか。

  • ※葛葉ライドウではキーアイテムを集めることでミニゲームとして麻雀プレイできる。
  •   東戦で四人打ち、メンバーはライドウ・鳴海と保持している仲魔から2体を選択できる。
  •   なお、鳴きに関してはガイドが出るが、チョンボが出来る仕様になっており、罰符まで取られる。
  •    少なくともフリテンが何なのかくらいは理解していないと上がったはずなのになぜかを取られることになりかねない。

関連動画

 

関連商品

関連項目

掲示板

  • 442ななしのよっしん

    2019/06/07(金) 02:05:33 ID: VVjZdtfo2/

    ぶっちゃけガイジがいるんだな程度にしか思ったことない
    広告の話ね

  • 443ななしのよっしん

    2019/06/07(金) 18:14:20 ID: 1SeYM8k1oz

    でも、そのガイジのせいでライドウに対する当たりが強い…
    ライドウは何も悪くないのに…

  • 444ななしのよっしん

    2019/07/07(日) 06:55:31 ID: 5C/bwKiz9K

    そういう輩の対応は基本、全て視と通報だけでいいぞ
    ここだったらレス削除申請とユーザー通報(アク禁)がある
    その手の知識があるなら警察通報アリだね

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP