今注目のニュース
幽霊に足がないのは人気画家の影響? チコちゃんが秘密に迫る
橋本環奈が猫耳でポージング 「かわいすぎる…」とファン悶絶
好奇心チェック! 各都道府県警発表の「公開交通取締情報」格付けチェック! 最高レベルの都道府県警は、どこだ!

闇の王単語

ヤミノオウ

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

闇の王(Shadow Lord)とは、ファイナルファンタジーXiに登場する敵キャラクターである。

KAITOの楽曲は闇ノ王を参照。

概要

ヴァナ・ディールに住む多くの人間たちにとっての最大の恐怖の対

ヴァナ・ディールの地に降り立ったのは現在ゲーム中の時代:884年)から30年ほど前。
「闇の血族」なる者たちを率い、次々に獣人軍に戦争を仕掛け下に収める。

そして下に収めた獣人たちと共に「獣人血盟軍」を結成し、861年に人間たちの諸の壊滅を宣言。翌年より開戦する。(水晶大戦

当初は優勢に各を追い込んでいくものの、やがて結束し「アルタナ連合軍」を結成した人間たちに遅れを取るようになり、863年「ズヴァー攻囲戦」にてついに討ち取られる。

それから20年が経過した現在ヴァナ・ディール各地では闇の王復活の噂が流れている。
ゲーム中のストーリーを進めていくと実際に復活し、冒険者(プレイヤー)と対峙する。そこで冒険者は、闇の王の正体について知ることになる。

その実力

FF11サービス開始当初、プレイヤーの最高レベル50であり、パーティで挑んでも返り討ちにされるだけという文字通りヴァナ・ディール最強の敵であった。

しかしその後、レベルキャップの開放により現在ではジョブや種族によっては1人での攻略も可になっている。それどころかより強モンスター実装により、カニより弱い」とまで言われるようになる有様。

だがさらにその後、拡データディスクアルタナの神兵」によりプレイヤー20年前の闇の王が猛威を振るった時代にタイムスリップ。条件を満たせば対峙することが可となり、敵の総大将の面躍如とでも言うべきか、全盛期の闇の王のを見せ付けられることとなる。

闇の王親衛隊

20年前の闇の王は、非常に強な部下を多く従えている。
彼らとは「カンパニエバトル」という大人バトルコンテンツで戦うことができる。

闇角軍団

団長Shadowhornタウルス族(悪魔を足したようなモンスター)。
防御ダウン→範囲攻撃&猛コンボと、10カウント後に問答用の戦闘不能をもたらす「死の宣告」効果の特殊技が脅威。

部下の巨人族は魔法ダメージを半減するが、それ以外は取り立てて恐れることはない。

闇手軍団

団長Shadowhand。フォモル族(人の亡霊)。
えらい勢いで範囲攻撃魔法や両手棍の技をブチかましてくる。次々とプレイヤーたちを戦闘不能に追い込んでいく姿は、さながら無双シリーズを思い起こさせる。彼女女性である)にを付けられたら、魔法で薙ぎ払われるか両手棍で撲殺されるか、覚悟を決めるべきだろう。
元々は人間で、常人離れした魔から迫を受けて闇の王の下へ亡命したという過去を持つ。

部下もフォモル族。フォモル族は非常に厄介な特殊技を多く持つので、雑魚といえども処理には苦労する。

闇牙軍団

団長Shadowfang。デーモン族(文字通り、悪魔っぽい種族)。
全体的には高いが、軍団長の中では較的戦いやすい部類に入る。

部下はエレメンタル族(魔の結晶みたいなもの)。物理攻撃に高い耐性を持つので、倒すの非常に時間がかかる。攻撃は低く、厄介な特殊技・魔法も少ないので、よほどをしない限りは一方的にやられるということはない。

闇眼軍団

団長Shadoweye。アーリマン族(巨大な一つモンスター)。
レベルが5の倍数の敵を石化させる「レベル5石化」が脅威。なぜならプレイヤーの大半は、現在の最高レベルである75であるから。それ以外は使用する黒魔法がやや強であるくらいで、軍団長の中では弱い部類。

部下はナット族(ハエのようなモンスター)。むしろこの軍団で厄介なのはこっちの方。
爆速の攻撃間隔と非常にいやらしい特殊技の数々で、プレイヤーたちを苦しめる。

闇翼軍団

団長Shadowwingガーゴイル族(を持った悪魔っぽいモンスター)。
な範囲攻撃を連発する。しかもそのひとつに移動速度ダウン追加効果を持つものがあるので、やられそうになったときに範囲外に出ようとしても、そのせいで離れられずもう1発食らって戦闘不能、ということが間々ある。

部下もガーゴイル族。ボスほどの威はないが、こちらも同じ範囲攻撃を連発する。

闇魂軍団

団長Shadowsoul。デーモン族。
一発即死の「デス」を使う。しかも「物理ダメージ吸収」「魔法ダメージ吸収」の2つの状態を切り替えながら戦うため、状況を良く見ないとロクにダメージを与えることもできない。

部下はダハク族(くてでかいトカゲのようなドラゴン)。その巨体が辺りをしていく姿は圧巻。もちろん戦闘も高い。

闇爪軍団

団長Shadowclawタウルス族。

部下もタウルス族。

闇息軍団

団長Shadowbreath。ヴァンピール族(筋肉質な吸血鬼モンスター)。

部下はデーモン族。

闇脚軍団

デーモン族によって構成された補給部隊。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2014/05/27(火) 21:21:00 ID: 6Wmv3h0H5f

    すれちがい伝説の方はひらがな表記か

  • 3ななしのよっしん

    2015/11/14(土) 07:49:35 ID: rVIInTUh7j

    そろそろディシディアカオスとして出るべき。
    一応ラスボスだし。

  • 4ななしのよっしん

    2019/05/27(月) 23:31:42 ID: bDXtxBN/fD

    >>3
    まずそのでか過ぎる体格をどうにかするべきだわ。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP