零~刺青の聲~ 単語

61件

ゼロシセイノコエ

3.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「もう、見たくない…」

零~刺青の聲~とは、テクモ製作・販売するホラーゲームである。

注意:一部ネタバレを含む記述があります。

概要

テクモ零シリーズ第3作。新たな要素を取り入れつつ過去の2作のストーリーも取り込み、プレイステーション2における零シリーズの総まとめと言える仕上がりになっている。

システム

シリーズ恒例の射機を使用した戦闘、撮によるフラグ回収などをベースストーリーを進めていく。
今作の新要素として現実世界と眠りのの中)を行き来することによるストーリー展開や、現実世界へ戻ることでの回復などがある。
またこれもシリーズ恒例であるパズルによる謎解きは新しいパズルに加え、前二作で登場したパズルもパラメータを変えて再登場している。

演出

主題歌』は前作・零〜紅い蝶〜に引き続き天野月子作詞作曲・歌唱を担当。

ストーリー

黒澤フリーカメラマンである。ある日、彼女は取材の為に朽ちた屋に訪れる。そこでの降りしきる巨大邸宅のを見た。そこにいたのは彼女が起こした交通事故により亡くした人・麻生優雨であった。その日から彼女の眠りは不気味に侵されていく…。

登場人物

主人公たち、主人公たちに関わる人々

眠りの家に関わる人々

眠りの家に囚われた人々

眠りの家

眠りの家とは

かつての久世の事。
現在では、死者に会う事が出来る都市伝説としてられている。
『死者に強い想い』を持っている人がこのに誘われてしまう。
このに誘われた者は体中に刺青が広がる幻覚を見始め、眠りに落ちている時間が増え、最終的には煤だけを残し消えてしまう。
優雨への想い、深紅への想いにより眠りのへと誘われてしまう。
また、『都市伝説「眠りの」』のファイルによれば『眠りに落ちた人が人や友人を見たら、その人を眠りに誘ってしまう』とあるので、眠りに落ちたを見てしまったためにも眠りのに誘われる。

眠りの家の儀式

刺青の巫女

代々刺青巫女は、久世近隣で身寄りを失くした巫女とする。
つまり、も元々は久世とは関係のないに生まれていたことになる。
迎えられた巫女は刻宮で人々のひいらぎ)を刺青という形でその身に刻む。
とは、人々の『死者に対する想い』であろうと推測される。(刺ノ儀)

を刻み終わった巫女は、四肢を鎮女により穿たれ、を沈めるために永遠の眠りにつく。(の儀)

刺青巫女が自らのを残してしまった場合、刺青を刻んだ巫女の皮膚を剥ぎ、その身は涯に捨てられる。
剥いだ皮膚は祭り、そこに刻まれたが涸れるよう、鎮め歌を歌って祈る。(逆身剥ギ) 

破戒

の儀が失敗してしまった際に起こる厄災。
全てのが返され、門が開かれ狭間が漏れだしてしまう。
今回の厄災が起こった原因も、結構切ない。 

黒澤怜に射影機を差し出した手は誰の手なのか?

正確に記されているところはなく、未だに不明。
優雨ではないか、という説もあるが、あの射機の元々の保有者は柏木人である。(の表日記一より)
よって、柏木人の手ではないかとも言われている。
一番の有力説制作スタッフではないかとも言われている。

関連動画

プレイ動画

実況プレイ動画

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
天外魔境II[単語]

提供: は に わ

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/13(土) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/13(土) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP