今注目のニュース
盲導犬のトイレ事情、考えたことあった? JR東日本が「専用トイレ」を初設置した理由
千原ジュニア「いずれ記者会見コントでも」発言に舛添氏「世の中の空気はそんな寛容じゃない」
複数の人を同時に好きに… 男性や高収入層は気が多い傾向も

高機動型ゲルググ単語

コウキドウガタゲルググ

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

高機動型ゲルググ(MS-14B)とは、メカニックデザイン企画MSV』『MSV-R』に登場するMSである。

この記事ではMS-14BR 高機動型ゲルググR型も解説する。

概要

GELGOOG
HIGH MANEUVER MODEL

高機動型ゲルググ
MS-14B
頭頂高 19.2m
重量 53.5t / 76.8t(全備)
1,440kw
79,900kg
搭乗者 ジョニー・ライデン
ヘルベルト・フォン・カスペン
ユーマ・ライトニング
リクブランケ 他
兵装 ビーム・ライフル
ビームナギナタ
ロケットランチャー
ジャイアント・バズ
ラッツリバー3連式ミサイル
シールド

MS-14ゲルググ」の背部に増速ブースターパックを装備し、初期加速性を強化した高機動バリエーション

背部オプション・ラッチに備えたパック(パネル)の取り外し一つで修が済む等、ゲルググユニット構造を活かしている。ジオンバリエーション機の中では最も簡略的かつ単純な修工程である。

増速ブースターパックはMS-06R高機動型ザク」の設計を踏襲し上部にプロペラントタンク、下部にメインバーニアを配置。更に両サイドにスラスター、上部にフィックスド・スラスターを搭載している(パックはスイッチ一つでパージ)。

最初期に作られた12機のゲルググB型YMS-14先行量産型ゲルググ」をベースにした先行量産試作機で、エースを集めた突撃機動特別編成大隊「キマイラ隊」に配備された。
キマイラ隊の稼働データゲルググ量産型に随時フィードバックされ、全に反映される頃には83機のA型67機のB型がロールアウト済みだった。

代表的な搭乗者に挙がるのは≪真紅の稲妻≫ジョニー・ライデンをはじめとするキマイラ隊所属パイロットや、インビジブルナイツのエリクブランケ。また≪赤い彗星シャア・アズナブルB型に乗ってア・バオア・クーから脱出している。

なおヘルベルト・フォン・カスペン機は資料だとMS-14と記載される事がどで、高機動型ゲルググという分類に含まれない可性もある(後述)。

主な専用機

ゲルググR(高機動型ゲルググ改)

GELGOOG BR
高機動型ゲルググR型
MS-14BR
頭頂高 19.2m
重量 53.5t / 76.8t(全備)
1,440kw
79,900kg
搭乗者 ジーメンスウィルヘッド
エメ・ディプロ
デビッド・チェイスマン
ヴィンセント・グライスナー
レッドウェイライン
ユーマ・ライトニング
兵装 ビーム・ライフル
ビームナギナタ
ロケットランチャー
ジャイアント・バズ
ラッツリバー3連式ミサイル
シールド

MSV-R』に登場。式番号:MS-14BR

先行量産型ゲルググの中には本体に改造を施したタイプも存在した。
MS-14BRはキマイラ隊からのオーダーを受け、脚部装甲を一部取り除いて高機動型ザクⅡを想起させる大ラスター付きに変更し、機動性を更に高めたカスタムメイドである。

ゲルググRは正式名称ではなく高機動型ザクⅡとの類似性から付けられた通称。先行量産型ゲルググ自体が高機動型ザクⅡの発展機みたいな物なのでデザイン的に正統進化とも言えるかもしれない。

高機動型ザクⅡで提示された推進容量の不足は相変わらずだったらしく稼働時間は短縮してしまったが、搭乗者は選りすぐりのエースパイロットであるため推進剤を切らせる事例はかったようだ。

ジオニック社で製造された2機とキマイラ隊が受領したB型から良された1機に加え、『ミッシングリンク』に登場するいBRが存在する。
ミッシングリンクいBRは、元々はア・バオア・クー攻防戦に向けてキマイラ隊が追加発注した予備機だったが、ジョニー・ライデンの好意からマルコシアス隊のヴィンセント・グライスナーに譲渡されたという設定である。
キマイラ隊のBRは、ここから個別チューンが施された状態だったようだ。

キマイラ隊にはとある思惑から整備士、各社の技術者、約三数十名が集まり最新設備など万全のバックアップ態勢が敷かれているが、BRのように修のせいでかえって稼働時間が低下した事例もあった。

武装はグレネードランチャービーム・ライフルの複合装備に簡易ミサイルランチャー、腕部ラッツリバー3連装ミサイルポッドといったオプション装備。複合ビーム・ライフル等はゲルググ・キャノンの様に肩に装備出来る。

一年戦争中の搭乗者はジーメンス、エメ、デビッドキマイラ組にマルコシアス隊のヴィンセント

高機動型ゲルググ改(U.C.0090年仕様)

MSV-R』の公式漫画ジョニー・ライデンの帰還』にはU.C.0090年の技術でAE社が新規製造したジョニー・ライデン専用機と、既存機を修したと思われるユーマ・ライトニング専用機が登場する。

ジョニー機はユーマ・ライトニングジョニーレッドウェイライン)の為に用意した機体。外見は旧式だが、コックピット内は全モニターやアームレイカー式の別物となっている。ユーマ機も外見だけ旧式の最新鋭機でジオン系と連邦軍の技術・資材を用いており、マグネットコーティング、フィールドモーターなどを採用している。

ユーマがゲルググにこだわる訳はあくまでも「ジョニーに自分だと気付いて貰うため」で、彼は10年経ってもジョニー・ライデンの帰還を信じていたわけである。

関連動画

高機動型ゲルググの動画を紹介してください。

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2016/09/15(木) 03:01:53 ID: JP3ijuL1om

    MG2.0はいつになったら出るのか

  • 2ななしのよっしん

    2016/11/30(水) 21:14:31 ID: IAWN0Gml6+

    最近のMSV系のMGを見る限り、可性があってもプレバンだろうなぁ
    まあ、ヘビーガンダムジムキャノンプロトタイプグフが発売される時代だから、この波を逃さなければ可性は大きいと思う
    とはいえ、MG2.0からもう10年経とうとしてるのか…

  • 3ななしのよっしん

    2018/09/07(金) 18:15:44 ID: wqQqgN5OvX

    プレバンにてジョニーゲルググ登場記念カキコ

急上昇ワード

最終更新:2019/07/22(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/22(月) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP