Black Lotus単語

ブラックロータス

  • 22
  • 0
掲示板をみる(256)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(22)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Black Lotusとは、

  1. トレーディングカードゲームMagic The Gathering』のカード
  2. 小説アニメアクセル・ワールド』の登場人物。 → 「ブラック・ロータス」を参照
  3. 音楽ゲームcrossbeats REV.』収録曲。
  4. wa.氏の楽曲。初出はBMSイベントBOFU2016』。

本項では1.について説明する。

概要

Black Lotus (0)

アーティファクト

(T),Black Lotusを生け贄にげる:あなたのマナプールに、好きな色1色のマナ3点を加える。

MTG明期のカード群・通称パワー9のうちの一つ。
その強さは、一概に最強を決められないMTGにおいてすら、これを最強とするプレイヤーが多数いるほどである。
禁止カードがほぼ設定されていない競技ルールヴィンテージでは実に90以上のデッキで投入されており、採用率は堂々の第1位である。

その他の競技ルールでは禁止カードとなっている。
非公式ルールでもほとんど禁止カードだろう。

カードイラストも評価が高く、20年以上前のカードにも関わらず「一番美しいカード」と言う人が多数いるほど。気になる人は検索してみよう。

MTGよく知らないけど、どう最強なの?

Magic The Gatheringにはマナコストというルールがある。
これは全てのカードは要されたマナエネルギー的な何か)を支払わないと使えない、というルールである。

そして、このゲームは基本的に1ターンごとに使えるマナの量が1点つずつしか増えていかない設計になっている。(色々と例外はあるが)

このカードは、マナコストが0なので、マナを全く支払わずに出せる。
それにもかかわらず、このカードを使えば3点のマナを得られるのである。
つまり、他のカードを1枚だけ、本来より3ターンく使えるようにするカードなのである。

使い方

最強とも言われるこのカードだが、上記のように「他のカードターンで使えるようにする」効果なので、単品では何もしない。これを使っただけでは、カードを引いたり、相手のライフを減らしたりすることはできないのである。
ゆえに、当然ながら、他のカードと一緒に使うことになる。
一緒に使うカードが弱ければBlack Lotusはさっぱりかないが、Black Lotusの特性を最大限に生かすデッキ構成ならば、相手を10回くらい殺す原動になる。
出てきた3マナ活用する他のカードがあってこそ、Black LotusはMTG最強カードとして君臨する。

なお、かつて、マナバーンマナを残したままターンを進行すると残ったマナに等しいライフを失うペナルティ)が存在した時代には、冗談めかして「単体では3点ダメージを食らうだけのクソカード」という表現をされることもあったくらいである。

使用例
  1. MOXなどの0マナアーティファクト>をキャスト
  2. →《Black Lotus》をキャストし、生贄にげ()()()を出す
  3. →《修繕/Tinker》をキャスト。0マナアーティファクトを《荒鋼の巨像/Blightsteel Colossus》に作り替える
  4. →次のターンに攻撃。相手はカウンターを10個得て敗北し、あなたは勝利するだろう

上述の状況で、さらに、

  1. ゲームが始まった、最初のターンである
  2. <()を出せる土地>があるか0マナアーティファクト部分が《Mox Ruby》である
  3. 速さの炸裂/Burst of Speed》等の<1マナで速攻を与えるカード>がある

という条件がそろえば、1ターンにして、勝ててしまう。デッキに1枚制限のカードを2~3枚初手で引く右手が必要にはなるが……。
このパターンは《修繕/Tinker》を《騙し撃ち/Sneek Atack》と<()()を出す何か(《Mox Ruby》と《山》など)>で代用が可

他のパターンでは《Black Lotus》+<Moxのどれか>or<土地1つ>+《Time Vault》+《通電式キー/Voltaic Key》をそろえて、相手プレイヤーターンを回さない、なんというプレイングも存在する。

なお、マナコストしで相手プレイヤーを妨できるカードがあるので、理論上は上記のコンボは止めることも可ではあるが、持っていなければそのままおである。

でも、お高いんでしょう?

高い。
2019年2月末の時点でジェムミント美品)かつアルファ版、鑑定済みの値段が1800万円以上で落札されている。https://gigazine.net/news/20190306-magic-gathering-black-lotus/exitより)

アンリテッドエディション(カードい。発行枚数が較的多い)で状態の悪いものを探しても70万円はくだらない。リミテッドエディション(カードい。発行枚数が少ない)[1]世界中のショップを探しても在庫として置いてあるのは稀で、お値段も時価である。

何故高いのかといえばカードの用途的な価値と美術的な価値の相乗効果である。
前述の通りのな効果を持つため用途的に値が上がる。
MTGには再販禁止制度(全く同じかそのまま強くしたような効果を持つカードを刷らないようにする制度)がありBlack Lotusはその対になっているため美術品的な投機の対として値が上がる。

値段が下がる要因がなく、高騰ばかりが進むのだ

パワー9はいずれも絶版であり「遊べる董品」として1枚1枚が数十万の値段だが、中でもこのカードは実用可カードとしてはTCG界全体でも最強のお値段である。
これより値段のカードといえば、世界に1枚あるいは数枚のプロモーションカードの類、もしくはエラーカードであろう。

美麗イラスト、とてつもないカード効果、そして信じられないほどの値段。

MTGというトレーディングカードゲームの始祖において最強カードと言われるだけの貫は十分に備えたカードだといえるだろう。

そんなBlack Lotusですが…

なんとこの度、MtG分であるデュエル・マスターズプレインズ・ウォーク?しましたexit

Black Lotus

種類:Mono Artifact
文明:
コスト:0

ジョーク・エクスパンションである「ブラック・ボックス・パック」にて登場。
種類もMono Artifactコストも0と、当時のカードに準拠している。

最大の特徴は本家同様のコスト0デュエマでも手札から使うカードとしてはこれが初。最初の手札にあれば最初から使える点も同様。

だが、前回のコラボカードであった神ジェイス同様、当然ながら調整はされており、「「最初から使える」とは言ったが「最初からコスト軽減やマナブーストは出来ない」」この1点に尽きる
コスト0であるためコスト1の他のカードと一緒に使えはするが、コスト軽減するには封印を剥がさなきゃならない。またコスト軽減、それもたった一度だけターン中最初のカードプレイのみなので気軽に使えない。また「封印を剥がす」とは言ったが、やり方を工夫すればターン中に何枚でも剥がせるが、全て剥がすには基本的に3ターン経過しなきゃならない。墓地回収やマナ回収も「カードそのもの」を参照して回収は出来るが、「Artifact」を参照して回収する方法はいので使いまわしがしづらい。

とは言え、最初の手札にあってそれを使えば、4ターンコスト7のカードが使えるのは言うまでもなく強であり、故にデッキを選ばないのも魅だし、何より過去の封印剥がしにあった「墓地に置く」ではなく「デッキトムに置く」なので山札を弄らない点もうれしい。墓地ソースでは流石に使えないが。

後余談だが、イラスト地味アルトアートなのが嬉しい。本家では再録が出来ないからだろう。
このカードの登場によって高騰していた本家Black Lotusがちょっとでも値下がり…すればいいな

関連商品

関連項目

脚注

  1. *リミテッドエディションも第一刷(通称アルファ版、カード現在のものより少し丸い)と第二刷(通称ベータ版、カード現在のものと同じ)に分かれる。アルファは約260万枚ベータは約780万枚印刷され、当然アルファ版のほうが価値が高い。
この記事を編集する

掲示板

  • 254ななしのよっしん

    2021/01/28(木) 20:53:59 ID: 258UmYVNz6

    PSA10のブラックロータス5300万で売れてたな
    10年後には確実に億えそう

  • 255ななしのよっしん

    2021/01/29(金) 16:25:48 ID: EK64AR9Neu

    価値を高める為に手に入れた後破き捨てる海馬みたいなもいるのだろうか

  • 256ななしのよっしん

    2021/01/29(金) 18:52:08 ID: 8jjCuVr92G

    バラバラにするのはジョークカード版のやつで慢してあげて…
    というかあっちも董品レベルじゃないとはいえ別に安くないんだっけ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/01(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/01(月) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP