今注目のニュース
ワクワク地球外生命体、木星の衛星エウロパで水蒸気噴出を確認、液体の水の存在が明らかに(NASA)
木村昴、山口勝平、山寺宏一ら人気声優が“落語”を披露!「声優落語天狗連祭り2020」開催決定
「単独親権は違憲だ!」「離婚後も子育ての権利がある」国賠提訴

CNo.107 超銀河眼の時空龍単語

カオスナンバーズヒャクナナネオギャラクシーアイズタキオンドラゴン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(175)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

混沌より生まれしバリアンナンバーズに宿りて新たな混沌を生み出さん。
カオスエクシーズチェンジ
逆巻く銀河を貫いて、時の生ずる前よりよみがえれ!永遠をえる
CNo.107 超銀河眼の時空龍!

CNo.107 超銀河眼の時空龍とは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。

概要

バリアン七皇の一人、ミザエルが使用する「No.107 銀河眼の時空竜」がランクアップした姿。

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/属性/ドラゴン族/ATK 4500/DEF 3000
レベル9モンスター×3
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
1ターンに1度、このカードエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
エンドフェイズ時まで、このカード以外のフィールド上に表側表示で存在する
全てのカードの効果を効にする。
またエンドフェイズ時まで、このカード以外のこのターン発動した
全てのカードの効果を効にし、このターン開始時の状態に戻す。
この効果の発動後エンドフェイズ時まで、フィールド上に存在するカードの発動は、
このカードコントローラー許可したもののみになる。
このカードが「No.107 銀河眼の時空竜」をランクアップしてエクシーズ召喚に成功した場合、
以下の効果を得る。
自分フィールド上に存在する攻撃宣言をしていないモンスター2体をリリースする事で、
このターンこのカードは、一度のバトルフェイズ中に3回攻撃する事ができる。

公式サイト「必勝!モンスターアカデミー」第36回による

遊馬デュエルを引き継いだカイトとのデュエルで登場。
No.107 銀河眼の時空竜」を破られたミザエルは、「RUM-バリアンズ・フォース」によってNo.107をランクアップ。このカードエクシーズ召喚したのだが、「超銀河眼の光子龍」と共鳴し、あまりのに使用していたバリアンズ・スフィアフィールドが耐えられず、本来の姿を現すことすらできずにデュエルは中断された。

その後、「異次元の古戦場-サルガッソ」でのカイトとの再戦でも登場。
ランクアップには成功したが、同時に行われていた遊馬VSベクターデュエルの影サルガッソのバランスが崩れデュエルの続行が不可能になったため、またしてもそのを発揮できなかった。

ドン・サウザンドの陰謀によって人間世界危機に陥る中、そこで行われたVS奥平風也神月アンナ戦で登場。
RUM-七皇の剣」によってランクアップされ、経過は不明だがフィニッシャーとなった。

そして、本格的に登場したのがVS&V戦。
2人のランクアップを封じる戦略を前にライフ1まで追いつめられたミザエルであったが、どうにかNo.107を取り返し、「RUM-七皇の剣」でランクアップ、2人の発動した「モノポールチェーン」と「アトラティック・インビテーション」を、時を戻すことで封じ、とVの2体のCNo.の効果も効化、3回攻撃によって2人にとどめを刺した。


で行われた、ヌメロンコードをめぐるカイトとのデュエルで再登場。
RUM-七皇の剣」でランクアップされて効果を使用、カイトセットカードの発動を封じて「銀河眼の光子竜」へ攻撃、カイトは「銀河」で「超銀河眼の光子龍」をエクシーズ召喚して迎え撃つが、ミザエルは「銀河衝撃」でこのカードの攻撃アップさせることで、ついにカイトの「超銀河眼の光子龍」を倒すことに成功した。

しかし、カイトの「銀河眼の光子竜」がアストラル世界を得ることで「No.62 銀河眼の光子竜皇」となってエクシーズ召喚される。そのによってこのカードは倒されてしまったが、ミザエルも「時混沌渦」によってNo.62を除外し、さらにこのカードを復活させた。

ミザエルはこのカードで直接攻撃したが、カイトは「双降臨」で「No.46 神影龍ドラッグルーオン」を特殊召喚。相打ちとなり、それによってジンロンの口からミザエル真実が告げられる。

タキオンドラゴンドン・サウザンドの呪いであり、自分は利用されていたにすぎなかったことを知ったミザエル。それでもタキオンドラゴンを信頼するミザエルは「銀河再誕」でこのカードを復活させてカイトダイレクトアタック、「銀河再誕」で攻撃が下がっていたためライフは残ったが、ぎりぎりまで追いつめた。

次のターン、「時浄化」で一だけこのカードを除外することで「銀河再誕」のデメリットを消し、さらに「時殲滅」を装備することで連続攻撃を可としたが、カイトは「銀河魔鏡師」でライフを回復させつつとして攻撃を防いだため満足ダメージを与えられず、カイトライフ100残してしまった。

とはいえカイトに手はなく、彼自身も度重なる戦のダメージデュエル続行自体が難しいと思われたが、遊馬との交信で元気を取り戻し、ミザエルを救い出そうと立ち上がる。そして、No.62が効果で復活した。

ミザエルは「オーバータキオンユニット」で自らのライフ500と引き換えにこのカードの効果を発動、「時殲滅」の代償による攻撃の低下を効にし、さらにNo.62が存在しないターン開始時の状態に戻そうとしたが、そのターン中に効果を発動していなかったNo.62には効果が及ばず、効果で攻撃8000となったNo.62の攻撃を受けてミザエルライフは尽きた。


銀河決戦の後は、ミザエルからドン・サウザンドの手を経てナッシュに渡り、ナッシュ遊馬とのデュエルで使用。
オーバーハンドレッドコール」で特殊召喚され、「CX 冀望皇バリアン」のオーバーレイユニットとなった。そのあとも、カオスオーバーレイユニットとしてナッシュとともに戦っていた。


カードターン開始時まで戻す効果の効果名は「タイムタイラント」、攻撃名は「アルティメットタキオンスパイラル」。

ミザエルは「ネオタキオン」と縮めて呼んでいる。また、放送終了後の提供画面では「」と書いて「ネオタキオンドラゴン」とルビが振られていた。

「時」ではなく「時」と表記されているため、「『時』と名のついたモンスター」を定する「タキオンドライブ」の効果は受けられないと思われる。

許可しないカードは発動できないとミザエルが発言していたが、具体的にどうすれば許可したことになるのかは不明。また、墓地や手札からならば許可なしで使え、実際にカイトが手札から「銀河」の効果を使用している。
一応OCGルールで考えるならば、「くず鉄のかかし」のように、一度セット状態に戻った・速攻魔法カードをそのターンに再び発動することはできないので発動不可となる(この場合、許可の有は関係なくルール不可能)。ただ、Vが一度セット状態に戻ったカードを再び使おうとしていたので、アニメでは、基本ルールとしては発動可なのかもしれない。

エンドフェイズ時まで、このカード以外のこのターン発動した全てのカードの効果を効にし、このターン開始時の状態に戻す」効果は、公式サイト「必勝!モンスターアカデミー」によると、そのターン効果を発動していないモンスターターン開始時まで戻らずにそのままフィールドに残るとされている。「このカード以外のこのターン発動した全てのカード」を「このターン開始時の状態に戻す」効果であるのだろう。
公式サイトでは「死者蘇生」で墓地モンスターを復活させる事例が紹介されている。また実際に、アニメでもそのターンに効果を発動していない「No.62 銀河眼の光子竜皇」はフィールドから除外状態に戻らなかった。

このカードの存在が明かされたのが第83話(2012年12月16日放送)、効果が判明したのが第128話(2013年11月3日放送)。ほぼ1年かかった。
128話の放送終了後の公式サイト「必勝!モンスターアカデミー」では「CNo.9 天蓋妖星カオス・ダイソン・スフィア」が紹介されていたが、その中でアストラルがいずれこのカードを紹介したいとっている。

記事最上部にあるのはカイトとの初戦での口上。サルガッソ以降は「カオスエクシーズチェンジ」より前の部分が省略されている。また、カード名の前に「顕現せよ!」が追加されている。
カイトとの銀河決戦では「顕現せよ、CNo.107が魂に宿りし粒子!今、えたとなりて時を逆巻け!銀河眼の時!」。

OCG版

PRIMAL ORIGIN」(2014年2月15日発売)で登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/属性/ドラゴン族/ATK 4500/DEF 3000
レベル9モンスター×3
1ターンに1度、このカードエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールド上に表側表示で存在する全てのカードの効果は
ターン終了時まで効になり、このターン、相手はフィールド上のカードの効果を発動できない。
また、このカードが「No.107 銀河眼の時空竜」を
エクシーズ素材としている場合、以下の効果を得る。
自分フィールド上のモンスター2体をリリースして発動できる。
このターンこのカードは1度のバトルフェイズ中に3回までモンスターに攻撃できる。

※「Vジャンプ2014年2月付録冊子「遊☆戯☆王ZEXAL SCOOP」3ページによる

カードターン開始時に戻し、許可のないカードの発動を封じる効果は、相手がフィールド上のカード効果を発動できない効果に変わった。また、3回攻撃は、攻撃できるのがモンスター限定になった。

前半の効果は素材の内容に関係なく使用できる。さまざまなランク8ドラゴンモンスターからランクアップしての活躍が期待できる。
ただし、表側表示のカードだけならば「RUM-ヌメロン・フォース」でも効化可。こちらは効果の発動も封じるので、セットカードにも影できるのが利点だが、発動制限のないフリーチェーンカードの場合、この効果自体にチェーンして発動される可性もあるため、油断はできない。
召喚成功時に発動するについてはRUM追加効果タイミングを逃させることができるので、基本的に回避可追加効果発動の条件がそろっていない場合は回避できないが)。

No.107 銀河眼の時空竜」を素材にした場合は3回攻撃が可
しかし、このカード自体がかなり重いモンスターであるため、リリース2体分を用意するのは面倒。トークンなどを活用したいところ。また、モンスターにしか攻撃できないため相手がモンスターを並べていないとせっかくの3回攻撃も活用できない。


初めてOCGに登場することが明かされたのは「Vジャンプ2014年1月号であり、このときはカード名が文字で書かれていたが、翌2月号では文字に修正されていた。OCG用のカードナンバーが付されていることからアニメ版画像の流用とは考えにくい(また、アニメ版ならばカード名は赤色になると思われる)。

このカードは「No.」、「CNo.」、「ギャラクシー」、「ギャラクシーアイズ」、「ギャラクシーアイズタキオンドラゴン」の5つのカテゴリに属する。

関連動画


関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/23(土) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/23(土) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP